クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 根本隆広

なぜ、分かっていても行動できないのか?

345 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ追求型コンサルタントの根本隆広です。

先日、小3の娘と2人でディズニーランドに行ってきました。
最も空いている時期の、平日朝5時に出発して、日帰りです。。。

思いっ切り遊ばせようと、21時にディズニーランドを出て帰る予定を組みました。

子供も体力、もつかなぁ…と思いましたが、子供は”夢の国”の高揚感で疲れ知らずで、私もなんとかそんなに休まずに乗り越えられました。

トランプ大統領が娘のイヴァンカさんを溺愛するが如く、小3の娘の

『これ食べたい!あれが欲しい!!あれに乗りたい!!!』

にすべて応えていきました。というか、その覚悟で望んでいました。

私自身は、ディズニーランドは行き飽きていますので、
『子供がどんな表情をして、思いっ切り楽しんでくれるか』
ここだけが楽しみで、その感情がディズニーランドに連れて行くという行動を駆り立てました。

このように、行動の裏には必ず”感情”がともなってきます。

そんなわけで、【感情と行動の関係】が本日のテーマです。

あなたには、分かっているけど行動できない…なんて経験はありませんか?

あなたが思い描く理想の行動ができるかどうかは実は”感情”と密接な関係があるんです。

感情について学んでおかないと、月商100万達成どころか、あなたの人生を台無しにしてしまうことも十分にあり得ます。

詳しくは、以下の音声をお聞きください。

↓↓↓



・通常速度(7分58秒)


・1.5倍速度(4分41秒)

※クリックすると音声が流れます。


なぜ、あなたは行動できないのか?


日々、治療院経営をされているあなたのことです。

経営を良くするためにいろんなことを考え、行動をしていると思うのですが、実際のところ先生にはこんな経験はありませんか?

「頭では分かっているのになかなか行動ができない…」

これって、どんな方にもあることだと思うんですね。

今日は、なぜ行動ができなくなってしまうのかを心理的なメカニズムも含めてお話していこうかなと思います。

まず、人が行動する前には基本的に3つの要素が絡んでいます。

・感情
・思考
・行動


といったように、
まずいろんなことを感じて(感情)、
頭の中で簡単に考えてから(思考)、行動に移る。

これが人間が行動するときの基本パターンだと言われています。

“情動”という言葉もある通り、特に感情と行動というのは切っても切り離せないんですね。

たとえば、一見すると感情とは関係のない経済学、物を買う心理。これも全て感情で動いているとまで言われています。なので、行動を考えるにあたって感情というのは無視できません。

そして事実、行動ができない方の多くは行動に伴う感情にフタをしてしまったり無視している方が多いです。

特にどういう感情が行動を制限してしまうかというと、それは“恐怖心”なんですね。

恐怖心があなたの行動を制限する


行動するには恐怖を克服するということがすごく大事です。

恐怖が大きければ大きいほど正常な判断も行動もできなくなってしまいます。なので、自分が何に恐れているのか気づき、克服することが大事になります。

例えば、1つの例を挙げると、小さな子どもが自転車の補助輪を外して走る練習をするとします。

子どもだったら転ぶのが怖いと感じると思いますよね。また、教える方も転ばないように気をつけて練習していこうねと言っていると、段々転ぶことに対する恐怖心が大きくなって練習が嫌になっていきます。

でも、一緒に教えているお父さんとかお母さんが

「今日は10回転ぼう。10回転んだら練習を終わりにしよう。転ばないと上手くなれないからね。転ばないで自転車に乗れるようになる人は1人もいないんだよ」

と教えてあげると、子どもの恐怖心って結構取れてくるんですね。

そうして怖いという感情がなくなることで行動ができる、つまり練習できるようになるということです。

まずは、自分の”恐怖心”に気づことから


だから、できればこれをご自身で恐怖心に気づいて克服できるようになってくると一番良いんですね。

なので、もし思ったように行動できないときは「なぜできないのか?」「何か自分は恐れているんじゃないか?」ということをぜひ問いかけてほしいのです。

そして、紙に書き出してほしいんですね。

実は人間が生まれながらに持っている恐怖というのは2つしかないと言われているんです。

・大きな音に対する恐怖、
・高いところから落ちる恐怖。

これは誰もが持っている恐怖心で、そのほかの恐怖心というのは全部思い込み、妄想と言われています。

また知らなかったりよく考えていないことで勝手に恐れてしまっていることも多々あります。

たとえば、値上げに対する恐怖心です。

値上げをするとより多くのお金を患者さんから頂くことになるわけです。すると、お金を自分が頂く、受け取る感情が生まれます。

ここを無視していると価格への恐怖心は絶対に乗り越えられません。

まとめると…


このように、自分が嫌だ、行動しづらいと思っているところで、自分がどんな感情を抱いているのかということをご自身に問いかけてみてください。

そうすることで今までできなかった行動ができるようになるケースが本当にたくさんあります。

私もコンサルティングをしていてなかなか行動に移せない先生に対しては、こういった質問答を繰り返して行動できるよう導いています。

あなたも行動できないことがあれば一度腰を落ち着けて、紙に書いて考えてみて、自分がどんな感情で行動できていないのかぜひ振り返ってみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

本日も顔晴ってください!

ひとり治療家しあわせ追求型コンサルタント
根本 隆広


追伸


もし今あなたが売上アップに悩んでいるけど
何から手を付けるべきか分からず
なかなか行動に移せない不満の日々を過ごしているなら――

金曜日のメルマガを担当している早野塾長が
“無料で“公開してくれた「売上診断チェックシート」
あなたの院がやるべき課題を明らかにしてみてはいかがでしょうか?

今なら解説映像と合わせて無料で手に入れられますので、
行動に移し未来を変えるためにもぜひチェックしてみてください。

↓↓↓
>無料プレゼントはコチラから受け取れます

※11月21日(火)までの無料プレゼントです
 

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨木県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」