クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 ホームページ

 最新WEB対策

新規10人orリピーター5人、先生はどっちが良いですか?

362 Views

先生、こんにちは!

今すぐ活用できる
WEB集客情報をお届けする!


クドケンの高木です。

本日もよろしくお願いします!


本日は、

リピート患者さんを
呼ぶHP


について
お話していきます。


「いやいや、
 リピートされるかどうかは
 運でしょ?」



…違うんです。


実は、HPの工夫で
リピート患者さんを
今よりももっと
集めることができるんです。



例えば…

新患さん10名と5名だと
「10名の方がいい」と
思ってしまいますが、

初回割引3000円の新患さん10人と
回数券30000円を買う新患さん5人
と考えると、5名の方がいいですよね。


本日は

・「数」より「質」を重視すべき理由
・リピート患者さんをHPから呼ぶには?


を中心に
運頼みではない
リピート対策について
お伝えしていきます。


■本日の動画



▼クドケン公式LINEの登録はこちら
友だち追加

■「数」より「質」を重視すべき理由


人口の少ない
田舎であればあるほど
「数」より「質」を
重視したほうがいいです。



この優先順位を
間違えてしまうと、
死活問題になる
と言っても過言ではありません。


なぜなら、
人口が少ない中で
新規数頼みになると

もう新規を取り切ってしまった…
という事態もありえるからです。



事実、
クドケンスタッフの地元の
北海道の滝川市は

昔は人口が5万人ほどいたのですが
今調べてみると3万8千人にまで
減少してしまっていました。

人口が減少している地域では特に注意です。


この様に、
地方の田舎の先生は特に
「数より質」を重視しないと
どんどん集患が
できなくなってしまうのです。


実はそれ以外にもまだ
「数」より「質」を重視すべき
理由があります。


数より質を重視すると
どんないいことが
あるかというと…

先生のしんどさを
軽減できるんです。



とてもシンプルだけど
重要な部分ですよね。

できれば気持ちよく、患者さんの対応をしたいですよね。


新患対応って
実は大変じゃないですか?



初対面の人の身体をみて、
痛みの原因を探って
施術して…

だから初診料を
設けている院が多いですよね。


でも、
初診料で回収するよりも

2回目3回目来てもらったり、
回数券を買ってもらう方が
先生の精神的な負担も
減るはずです。



我々はたくさんの治療家さんから
お悩みを聞いてきましたが
やはりみんさん
新患さんを追いかけがちです。


また、他のHP業者や
コンサルタントの方だと
リピート率を重視しておらず、

PPC広告に10万~20万円を
かけ続けて
新規を集め続ける
という方針の方もいます。



元々営業マンやってました!
など、

よほどリピートに
自信がある先生なら

広告費を月20万かけて
新規を大量に集めるのも
アリなのですが…


会話がニガテな方だと、
かなり負担が大きく
費用もかかり続けてしまう
方法になってしまいます。



■では、どうすればいいのか?


単純です。

「HPを読んだだけで
 院のことをしっかり
 分かってもらえる」


ようにするんです。


なぜなら、
よく分かってない状態で来院すると
「なんか違った」と思われ

離脱される確率が
グンと高くなってしまうから。


「なんか違うな」と悪い方向にギャップを感じられてしまうとアウトです。


「なんか違った」は
リピートしない
最大の理由のひとつです。



だから、
読み進めたくなるような
HPにして、

予約ボタンを
押させる作りにすることが
重要なんです。


ただ単純に
強みアピールポイントを
並べるだけじゃ
足りないです。



それは
「ふーん、すごそう。」
…で終わるから。


先生の院の魅力は
しっかりと
伝わり切らないんです。


来院されたとしても、
先生の院を
そこまでよく知らない状態なので
関係値がほぼゼロ。

リピートに繋がりにくい。


最初からしっかりガッツリ
先生の院の施術を
説明しなきゃいけない。


先生にとって
幸せなことはなんですか?


新患を量産することじゃなくて、
いい関係を築ける患者さんに

快適な生活を
送ってもらうこと
ではないですか?



今、HPから来てる患者さん、
どうですしょうか?

量産系患者さんに
なってしまっていませんか。


いい関係を築ける
患者さんを集めたいと
先生が思うのであれば、

ぜひ
「HPリピーターさんを集める」
という対策を
してみてください。


■追伸


クドケンのLINE公式アカウントでも
メルマガを配信中です!

「メールボックスを探すのが大変…」

という先生は、
ぜひLINE友達追加を
お願いいたします!

友だち追加

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」