クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 ホームページ

 最新WEB対策

【最後に無料プレゼント有!】「たった1回で改善!」って集患できるの?

524 Views

先生、こんにちは!

今すぐ活用できる
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。


本日もよろしくお願いいたします!



「一回で改善!」
「医師が推薦!」

なんてキャッチコピー、

先生も業者さんから
提案されたり
ライバル院のマネをして
使ってみたことありませんか?


私達も
HP制作の際に
使用することがある
効果の高いキャッチコピーなのですが、、

使い方を間違えると
集患が全くできない
キャッチコピーにも
なってしまうんです。



使い方次第で、
毒にもなるし、
薬にもなります。


でも、使い方さえ間違えなければ
薬になります。


では、毒を薬にして
患者さんの心を動かすには
どうしたらいいのか?


実際に調査をしていて
気になったHPを一緒に見ながら、
お伝えしていきます。




本当にネットから探してきた
他社さんが作ったHPのため、
再現画像で
お見せしていきますね。


30院様限定の
無料プレゼントも
ご用意いたしましたので


ぜひ最後まで読んで
ゲットしてくださ。


■本日の動画



↓ ↓ ↓

<無料でチェックリストを受け取る>
https://forms.gle/bLExqopERueCuD6r5


■「たった1回で改善」


ある整体院さんのHPの再現画像です。


こちらは、
ある整体院さんの
TOPページを
再現した画像です


正直言って、
あまり良くありません。


理由は

「インパクトがあるから、
 なんか反応してもらえそう」


としか
考えてなさそうだからです。


なんとな
く「行ってみよう」とは思う
可能性もあありますが、
心は動かないですね。


しかし
実際にクドケンでは、

「たった1回」という
キャッチコピーを
使っている治療院様で

月に30名の集患を
達成している治療院様も
いらっしゃいます。


この差は
どこにあるのでしょうか?


ポイントは2つです。

<1>
「HPを見ている人が何を求めているのか」
を分かっていること

<2>
「たった1回で」というのが
信じられるように、
HP上で証明していること



先ほど例に挙げた
クドケンの治療院様は
忙しく働いている人が
ターゲットです。


忙しい人たちは
「短い時間で」というのを
重視しています。


だから、
「たった1回で」が
求められていて、

そのキャッチコピーで
患者さんの心が動きます。


ただ単に、

「ウチは1回で治せるから
 アピールしとこ」

という考えで
キャッチコピーに使用しても
効果はありません。


クドケンでは、
先述したような理由を伝えて
キャッチコピーにしていますが、

他社さんでHP作られた方、
その辺りの提案は
ありましたか?


業者さんも
「何も考えずに作りました!」
とは言わないと思うので、

もし納得のいく
答えが得られなかったら
クドケンにご相談くださいね。


■「医師が推薦」


こちらも、とある整体院さんのHPの再現画像です。


こちらも、
とある整体院さんの
TOPページの再現画像です。


「医師推薦」という
キャッチコピーも
何も考えずに使ってしまうと
逆効果になってしまいます。



特に、何件も
治療院巡りしているような
患者様だと、

推薦文の使いまわし感、
やらせ感などに敏感です。


実績や推薦の声は
いかに信じてもらえるか?
が大事になってきます。


業者さんによっては
とりあえず医師推薦ごり押し、
というところもあって、

しかも
同じ地域のライバル院同士で
医師推薦の内容がかぶっている
なんてことも…。



HPを見ている患者さんも
「あれ?同じ様なの見たな」
と思ってしまいますよね。


そういった業者さんは、
あなたの院の特徴や
ライバルとの差別化を
考えられてないんですね。



逆に、近所のライバルが
若い先生の多い
グループ院だったりすると、

「医師推薦!」という
威厳ある感じが
患者さんの心を動かしたりします。


若いスタッフさんよりも、
ベテランに任せたい、
という患者さんに刺さるのです。


これに加えて、やはり
キャッチコピーを
信じてもらえるように、

HP上の他のコンテンツで
証明していくことが重要です。


長くなってしまうので
今回は解説をしませんが、
クドケンではこの部分も重視して
HPを作っています。


■本日のまとめ


一見良さそうに見える
キャッチコピーでも
何も考えずにただ使うだけでは
意味がありません。


患者さんの求めているものや
先生の院の強みを生かして、

患者さんの心が動く
キャッチコピーを
作ってみてください。


■追伸


「心を動かすキャッチコピー」
といっても
自分ひとりで考えるのは
なかなか大変ですよね。


でも、先生にはぜひ
身体の悩みを我慢して
つらい思いをしている患者さんの
背中を押してあげてほしいです。


そこで、
クドケンができる
お手伝いとして

「患者さんの心を動かす!」
キャッチコピーのチェックリスト


を無料で
プレゼントいたします!

↓ ↓ ↓

<無料でチェックリストを受け取る>
https://forms.gle/bLExqopERueCuD6r5


ただ、外部に漏らしたくない
企業秘密的な部分もあるので
【先着30院様限定】
とさせていただきます。


今のキャッチコピーを改善して
患者さんにご来院いただける
HPにしていきたい先生は

今すぐチェックリストを
受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓

<無料でチェックリストを受け取る>
https://forms.gle/bLExqopERueCuD6r5

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」