クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 SNS

 最新WEB集客

【実例あり】元美容師に聞く!SNS集客のリアル

306 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
國嶋(くにしま)です。


本日は

元美容師に聞く!
SNS集客のリアル


というテーマで
お話をしていきます。


先生は「そろそろ髪切ろうかな」
と思ったとき
どんな方法で
美容院を探しますか?


・GoogleやYahooで検索をする
・ポータルサイトで検索をする


という方法が
一般的だと思います。


ただ、最近は

Instagramで検索をして
美容院を探す


という人も
増えてきているんです。


実際、私の周りでも
「インスタで良いなと思って
 予約してみたんだ~」
という話をよく聞きます。


そこで今回は
元美容師の弊社スタッフYに

「Instagramって
 ぶっちゃけ集客できるの?」

「実際投稿してみて
 どうだった?」


という質問をしてみました。


さらに、
実際に治療院で
試してみた結果も
公開しちゃいます。



「SNS集客ちょっと気になるな…」

「もしかしたら
 ラクに新規獲得できるかも…?」


と思っている先生は
ぜひ最後までご覧ください。


■Instagramって集客できるの?


実際、Instagramで
集客ってできるのでしょうか?


答えは…

スタッフY
「できている人もいました!」


ただし、

・朝の通勤時間
・お昼休憩
・営業後
・トイレにいくとき
・休日


という全ての
スキマ時間を
SNS投稿に
費やしていたそうです。

自由時間は全てSNSの更新に使う必要があります。


そうして初めて
集客ができるようになる。


スタッフY
「その話を聞いて、
 僕にはできないな…
 と思って諦めました(笑)」


しかも、
効果が出てくるには
数万人のフォロワーを
獲得しないといけません。


日々の施術や
リピート対策をしながら
スキマ時間は
全てSNSに費やす。



そんな生活を続けるとなると
かなりの体力と
忍耐力が必要です。


■実際に治療院で試してみた


では、
実際に治療院で
試してみると

どんな結果に
なるのでしょうか?

実際にテストをしてみました。


クドケンでは
あるグループ院の
協力の元、

3ヶ月間のテストを
してみました。


その結果は…

<店舗アカウントのフォロワー数>
開始時:149人
3ヶ月後:623人

<スタッフアカウントの投稿数>
A先生:6件
K先生:0件
M先生:18件
R先生:28件

<スタッフアカウントのフォロワー数>
A先生:68人増
K先生:71人増
M先生:228人増
R先生:10人増


投稿をして
フォロワーは増えたものの
Instagram経由の
予約は0名でした。



有料のサービスを使って
アドバイスも受けたのに
この結果です。


今回見えた
問題点は2点あります。


<1>投稿が大変すぎる

そもそも、
投稿する手間が
かかりすぎて

継続的に
投稿をすることが
できませんでした。



グループ院の
先生でさえ
大変だったのに

1人治療家の先生が
やるとしたら
どうでしょうか?


施術の時間以外は全てSNSの投稿…と考えてみてください。


家族との時間や
自分の時間を犠牲にして
投稿を続ける!

という決意ができる人
以外には
かなり難しいのでは
ないでしょうか。


<2>フォロワーの質がよくない

フォロワーは増えたものの
住んでいる地域が
治療院とは異なり

ご来院につながるとは
思えない人ばかりでした。


たとえ日本中にフォロワーがいたとしても、先生の院に来るのは周りの地域の方だけです。



この結果から
治療院の先生には
SNS集客はおすすめできないと
結論がでました。


■そもそもSNSが必要ない理由


そもそも、
SNSは

「今すぐ
 痛みをなんとかしたい!」


という患者さんが
利用する
検索ツールではないです。


美容院のように

「この髪型かわいいな~
 今度行くならここにしてみようかな」

「ここいつか行ってみたいな」


と思っている人と、
治療院に行きたい
患者さんの緊急度は
違いますよね。

すぐに痛みを治したい!と思った患者さんはどうするでしょうか?


患者さんが
治療院に行きたい時は

「どの治療院なら
 自分の痛みを治してくれるのか」

「仕事帰りや
 家から通いやすいところはどこかな」


と、比較検討して
予約をするという前提で
探す人が多いです。



そんな患者さんが
とる行動は

GoogleやYahooで検索して
自分の痛みを解決できる
治療院を探す


という行動ですよね。


では、先生が
やるべきことは
なんでしょうか?


SNSの更新ではなく
患者さんが検索する画面で
選択肢に入ること
ではないでしょうか。



もちろん、
SNSの更新が好きで
楽しいからしている
という先生は
続けていていいと思います。


ただ、

「集客に繋げたいから
 一生懸命更新する」

「なんとか新規予約を増やしたい…」


という思いで
SNSの更新をするなら
今すぐやめた方がいいです。


先生は、努力する方向を
間違ってしまっています。



本気で痛みをなんとかしたい
と思っている患者さんに
先生の治療院を知ってもらうためには

検索結果で
選択肢に入るように
対策をしていくべきなのです。



■まとめ


SNS集客は
目新しさがあり
「自分にもできそう!」
と飛びついてしまいがちですが、

実は予約に繋げるには
かなりの努力と我慢が必要です。



しかも、
今すぐ痛みを治したい
と思う患者さんは

悠長にSNSで投稿を
眺めたりしません。


そんな患者さんは
すぐにネットで検索して
自分にあう治療院を
探していきます。



そう考えると、
先生のするべき対策は

「検索結果で
 患者さんの候補に入ること」


になります。


SNSの更新が
好きで続けるのは
良いのですが、

集客のため!と努力を
している先生がいたら
他の対策に時間をかける方が
おすすめです。



■追伸


検索結果で
患者さんに選んでもらうためには
HPの対策が
かかせません。


・上位表示されて
 患者さんの選択肢に入る

・患者さんの
 悩みを解決できることを
 アピールする

・他院との違いを
 分かりやすく伝える


など
様々な点を考えて
対策を進める必要がありますが、

先生1人では
なかなか難しいです。


まずはプロに相談して
先生の院に必要な対策を
一緒に考えてみましょう。



<無料でHP対策のプロに相談する>
https://forms.gle/cpGHfFBp7oaejJv89


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」