クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 PPC広告

 最新WEB集客

本当は教えたくない!効果がある広告とない広告の違い

627 Views

こんにちは!

クドケンWEBチームの
秦です。

毎月80院以上の治療院様と
やり取りしている経験を活かし、

先生の「本当に疑問に思っていること」
にお答えするため、

情報をお届けしていきます。

本日もよろしくお願いします!


今日は、

本当は教えたくない
効果がある広告とない広告の違い


をお話していきます。
 

以前、効果のでるキャッチコピーと
出ないキャッチコピーの違いを
ご紹介した際、
沢山のお問合せをいただきました。


「なんとなく良さそうと思って
 このキャッチコピーを使ってたけど
 ダメだったんですね」

「意外と違いがあってびっくり!」


というご意見をいただき
違いを知らない先生が
多いのだなと実感しました。


実はPPC広告にも
効果がある設定とない設定の
違いがあるのですが、
ご存知ですか?


これは素人と
プロの違いということではなく、
業者さんでも

「効果のない設定」を
してしまっているところも
あります。


今業者さんに頼んでいて
成果がでていないという先生は
この「効果のない設定」に
なってしまっているかもしれません。



もしそうだとしたら、
このままだと損を
し続けてしまいます。


損をしたくない先生は
ぜひ最後までご覧ください。


■本日の動画



↓ ↓ ↓
<無料>クドケンにPPC広告の相談をしてみる
https://forms.gle/ZLyRxcU8x4D8DL4UA


■違いその1 地域の設定


治療院は
「地域ビジネス」と呼ばれる
形態なので

周りの地域の患者さんに
アピールをする必要があります。


例えば、大阪に治療院がある先生
が沖縄でチラシをまいても、
患者さんって増えないですよね。



それと同じように、
PPC広告でも
地域の設定をしっかり
考える必要があります。


他の業者さんを
利用していた先生の話だと

「整体」というキーワードで
日本全国に配信されるようになっていた
という事例がありました。

全国の「整体を探している人」に配信されていました。


キーワード自体は
効果のあるものなのですが
配信範囲が広すぎて、

広告費を
無駄遣いしてしまっていました。



ただ、全てのキーワードを
先生の院の近くに配信すれば
いいわけではありません。


あまりに狭くしすぎると、
そもそも検索している人が
少なすぎるなんてこともあります。


だから、集めたい症状や
キーワードに合わせて
配信する地域を
調整する必要があるんです。



他業種も
担当しているような業者さんだと、

治療院の「地域ビジネス」
という形態の理解が浅く、 
こういった効果のない設定を
してしまうことがあります。


■違いその2 広告内容がHPとずれている


これも実際にあった話なのですが
どの治療院にも
同じテンプレを使って
広告文をつくっている
業者さんがいました。


どんな問題が
起こっていたかというと…

広告では「肩こり専門院」と
謳っているけれど、
実際にHPを開くと

「肩こり、腰痛、首痛などの
 慢性症状に対応します!」


という表示がありました。

「あれ?思っていた内容と違うな」と思われてしまいます。


これだと、
肩こり専門だと思って
広告をクリックした患者さんは

「なんだ、専門院じゃないのか」
と思って離脱してしまいます。



確かに「専門院」は
魅力的な表現なので、
クリックを増やすことはできますが、

結局予約につながらないと
意味がないですよね。


もちろん、
予約に繋げるためには
HPのつくりも重要なのですが、

広告とHPの内容のズレでも、
予約率が落ちることがああります。



成功事例の
少ない業者さんだと
成功ノウハウが1つしかなく

このように同じテンプレに
頼ることになってしまいます。


いろいろなパターンでの
成功事例がある業者さんを選ぶと
先生にあった広告文を
つくってくれるはずです。


■本日のまとめ


まだまだ違いは
沢山あるのですが、
今日はその中から
2つだけご紹介させていただきました。


業者さんの中にも
この違いを分かっていなくて
効果のない設定を
していまうことがあります。



今の成果に
満足していない先生は

・治療院専門
・成功事例が多い


という業者さんを
選んでみるのがおすすめです。


■追伸


「いま成果が悪い…」と
悩んでいても
改善策があるのであれば
問題ありません。


ライバル状況や
世の中の変化があるので

正直、ずっと良い成果を
維持していくのは
誰であっても難しいです。


ただ、そこから
回復していけるかどうかが
重要なポイントです。



クドケンではPPC広告だけでも、
700院以上の運用実績があり
改善のノウハウも沢山あります。


だから成果が悪くなったとしても
改善方法をいくつも知っています。


実際に最近も
神奈川県の先生から

「7月前半の集患結果が
 4名で普段より落ち込んでいる」

とご相談いただきました。


そこで改善を
行ったところ…

後半でプラス9名のご予約をいただき
合計13名に回復しました。



やったことは

・キーワードの調整
・広告文の調整


です。

(詳しい改善方法や
 分析のポイントは企業ヒミツです)


もし

・今の業者さんで成果に満足しておらず、
 改善も行ってくれない

・自分の院も
 この先生のように集患数を回復させたい

 
という状態なのであれば
ぜひこの機会にクドケンまでご相談ください。

↓ ↓ ↓
<無料>クドケンにPPC広告の相談をしてみる
https://forms.gle/ZLyRxcU8x4D8DL4UA

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」