クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 PPC広告

 最新WEB集客

【注目】最近よく見る”こんな広告”の正体

1512 Views

こんにちは!
クドケンWEBチームの
山本(やまもと)です。

忙しい先生のかわりに
あらゆる媒体をリサーチして、

治療院で活用できる最新の情報を
「どこよりも分かりやすく」

というモットーで解説していきます。


今日もためになる情報をお伝えしていきます!


今回は

【注目】最近よく見る”こんな広告”の正体


というテーマでお送りいたします。


■本日の内容


突然ですが、先生はyoutube
こんな広告見たことありませんか?

youtubeのホーム画面に表示されます


youtubeを利用する先生なら、
一度は目にしているかと思います。

実はこれ、最近一般開放されて、
特に注目されている広告枠なんです。


youtube以外にも

・Gmailを開いたとき
・Googleアプリを開いたとき


に表示される広告で、
「ファインド広告」
と呼ばれています。

(ファインド=見つける、発見する)

▼表示例

gmailを開くとこのように出てきます


Googleのアプリの場合はこのように。


今回はそんなyoutubeを始めとして、
多くの患者さんにアプローチができる
ファインド広告についてご紹介します。


■ファインド広告とは?


ファインド広告というのは
Google広告の一種で、

いわゆるPPC広告と呼ばれるものと
ほぼ同じものと捉えていただいて
問題はありません。

・Googleのホーム画面
・YouTube
・Gmail


などに広告が出るのが特徴です。

これらはGoogleが誇る
特に利用者数の多いサービスで、
その総数は世界中で【毎月28億人以上】
とも言われています。

2020年の世界人口が約75億人ですので、
世界中で3人に1人以上が利用している
と考えると非常に多い事が分かります。

多くの患者さんが利用しています


■活用方法


ファインド広告は

・多くの患者さんにアプローチできる
・関連度の高い記事が表示される
・滞在時間が長い
・比較的新しく、ライバルが少ない


といった特徴があります。

つまり、

安いクリック単価で
質の高い新規患者さんを得る


のに適した広告媒体として
活用が見込まれています。

ただし、配信先が
YouTubeやGoogleアプリなので、
スマホへの配信比率が
高くなる傾向もあります。


患者さんがスマホから見たときに
見づらい・分かりづらいサイトに
なっている場合は注意が必要です。


また、治療院の場合で考えると

来院を促すよりも
認知を広げる方に適しているので


「すぐに集患数を増やしたい!」
という場合には通常の検索広告などが
おすすめです。

ファインド広告は
駅の看板のようなイメージです


■まとめ


ファインド広告は
得意不得意がはっきりしており、

そこを把握して活用できれば、
集患に役立つ広告メニュー


という印象です。

・認知拡大に使えるだけの
 広告資金を用意すること

・スマホからの閲覧に適した
 サイト構成にすること


など条件はありますが、
その中でも

・Google広告をやっているけど
 成果が伸び悩んでいる

・なるべくリスクを少なく
 コンバージョン増加を狙いたい


という場合には特におすすめです。

■追伸


クドケンでは今回のような
WEB集患の最新ノウハウや

HPに関する耳寄りな情報を
無料でお届けしています。


会員様限定の
お得で役に立つ情報を
お届けしていますので、
ぜひ木曜メルマガもご覧ください。

コチラから15秒で
登録できます。


 ↓↓

<15秒でメルマガ登録!>
https://goo.gl/ztSVKd


ぜひお早めにご登録ください。

Writer

山本健太

山本健太 山本健太の記事一覧

クドケンWEBチームのPPCコンサルタントとして活躍する傍ら、
毎日通勤時間に10個以上の媒体をリサーチして日々WEBマーケティングを研究している。

社内では法務対応も兼任し、先生からのご相談や広告規制の調査も対応。調査のためならと厚労省に直接問い合わせもする徹底ぶり。

コンサルタントとしても月80件以上の治療院とやり取りし、現場の情報収集を欠かさない。

塾講師の経験を活かし、治療院で活用できる最新の情報を「どこよりも分かりやすく」というモットーで解説していきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」