クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

【注意】女性患者が来ない治療院”4つの原因”

257 Views

こんにちは。


早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


先生には心地が良くなる
お気に入りの場所ってありますか?


もちろん、ボクにはあります。


環境に関して言えば、
自然が溢れる山、川、海、
そして温泉。

(キャンプ場の近くに温泉があれば最高!)


パワースポット的に心地よいのは
城、神社などですかね。


あと仕事においては、
作業がはかどる場所として
【コメダ珈琲】がお気に入り♪


なんでしょうね、
あの木の内装であることの落ち着き
それでいて、おいしい珈琲。(^-^)


いつも長居?するときには
ミニシロノアールと珈琲のセット
920円が特に良い感じです。


黒っぽいディニッシュに
上に乗る白のソフトクリーム
そしてたっぷりかけるはちみつ♪


甘いのが大好きなボクには
もう、たまらないのですよ。笑

(この気持ち、理解してくれるかなぁ)

ちなみにではありますが
このメルマガもコメダ珈琲にて
執筆しているのであります。


さて、今回のメルマガでは
『女性患者さんが不安に思うこと』
についてお伝えしていきます。


患者さんの心理を理解していますか?


集客をしたい!
新規患者さんに来て欲しい!

そう願う先生は、本当に多い。

しかし、
上手くいっていない多くの先生方は、
集客する際に新規患者さんの
“”抱えている不安””を
払拭しきれていないことがあります。


どういうことかというと…

何事も初めてのことには
不安が伴うように、

新規患者さんも先生の院に
伺うことは初めてなので

不安を持って来院します。
~~~~~~~~~~~~


治療院業界に限らず、
入りにくいお店はありますよね。

なぜ、入りにくいのか…

それは、
何かしらの「不安要素」があるから
入れない(入りにくい)のです。

初めての人が不安に思うことは?


新規患者さんの来院への不安は
大きく4つの要素に分類できます。

1、人に対する不安
→どんな先生がいるのか?


2、場所に対する不安
→どんな場所、空間で行うのか?

3、内容に対する不安
→施術はどの様なことをされるのか?

4、料金に対する不安
→支払う金額はいくらなのか?


どれも来院を躊躇させてしまう
要素なのは間違いありません。


特に女性は「人」への不安が大きい


この中でも、
一番大きな不安要素といえるのは
“”人(先生)に対する不安””です。


よく考えてみて下さい。

新規患者さんは、先生の院のことを
詳しくは知りません。

予約の際に少し調べるくらいです。

当然、先生がどんな人なのか
まったく理解できていないのです。


もし、チラシやホームページなどに
“先生の情報”がなければ初めての人は
どのような気持ちになるでしょう?


ここの治療院の先生は…

・男性かな?それとも女性かな?
・恐い人だったらどうしようかな?
・気難しい先生だったらどうしようかな?
・清潔感のある先生なのかな?
・若い先生?それとも年配の先生かな?

初めての人の心の中でこれらの懸念が
“”勝手に起こってしまう””のです。

人に対する不安を払拭する!


新規集客をする際には、
患者さんの不安を取り除くために、
先生の情報を公開する必要があります。


人に対する不安を払拭する方法では
“先生の写真”を使う方法が
最も簡単で効果があります。

ホームページやチラシなどには
笑顔の写真や施術時の写真を
使った方が効果的なのですが…


・顔写真がまったくない
・イラストを使っている
・写真はあるが笑顔ではない
・施術写真などは表情が見えない
(特に下を向いている写真が多い)

このような写真を使っていては
不安は払拭しきれません。


どこに問題があるのか?と
おっしゃられる先生もいます。


治療院ビジネスは密閉空間ですので、
先生に会ったことがない人は、
先生の顔を見る機会がないという点に
大きな問題があるのです。

密室した空間に2人きり?


駅前の立地で、通りがかりの方から
先生が見えるのであれば
問題はないのかもしれません。


ですが1人先生の場合、
そのほとんどが、

・自宅
・マンションの一室
・裏通りの店舗
・空中店舗(2階以上)

これらの立地条件で院を構えています。


密閉空間と分かると、
見込患者さんは

「こんな先生と密閉空間で
 2人きりは嫌だなぁ…」

という、
“”心の問題(不安)””が生じてきます。


特に治療院のビジネスの場合
女性の患者さんが多いです。

先生が男性でしたら、
密室空間において男女2人に
なってしまうのです。


先生からすれば、いつものことで
仕事上、意識しないかもしれませんが、

初めて来院した女性ともなると
その様には考えてくれないものです。

この点は、よーーーーーく、
理解しておく必要があります。

安心できる情報を提供しよう!


新規患者さんに安心した状態で
来院していただくためには、
『表情が見える』写真が効果的です。


特に”笑顔”の写真であれば
人柄も伝わりやすく、
心の不安は解消されます。


今一度、ご自身が使われている
広告媒体を見直してみて下さい。


ホームページに笑顔の写真がありますか?

パンフレットに笑顔の写真がありますか?

チラシに笑顔の写真がありますか?

立て看板に笑顔の写真がありますか?


もし、笑顔の写真が無ければ、
意識的に掲載してみて下さい。

これだけでも十分な効果を発揮する
新規集客が実践できるはずです。


まとめ


さて、今回のメルマガでは
『女性患者さんが不安に思うこと』
というテーマでお伝えしました。

ボクは今でも各種広告媒体である
ホームページやチラシ、パンフレットを
リサーチする機会が多いのですが、

上手くいっていない人ほど
ご自身の顔出しをしていません。


商売やビジネスは相手(お客さん)が
あってはじめて成り立つものです。

これは治療院であっても同じこと。

患者さんが何に対して不安を感じるのか?

ぜひ、今回を機に見直してみて下さいね。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野





Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」