クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 田村剛志

【音声】”1年以上”リピートされる院のココを真似すべし!

1792 Views

こんにちは。
治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する


================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は178ターン目をお届けします。

今回の音声はコチラ


・通常速度

・1.5倍速


音声をダウンロードして、携帯プレーヤーなどで
移動中に聞きたい先生はコチラからどうぞ!
 ↓↓↓
>通常速度の音声をダウンロードする
>1.5倍速の音声をダウンロードする

■■■■■■■■■■■



最近は新規を取るのが
難しくなってきていることもあり、

既存の患者さんに
なるべく継続的に通って欲しいと
考えている先生は多いと思います。


そんななか
よくご相談を頂くのが…

「5~6回はプリカや回数券で
 来院してくれるけど、
 それが切れるタイミングで
 パタリと来なくなってしまう」

というものです。


数回ならいけるけど、
10回や20回の通院となると
獲得できないというものですね。


ですがその一方で、、、


私の店舗や一部のクライアントさんは
継続して1年間から20ヶ月程は
患者さんにお越しいただけています。


途中でパタリと終わってしまう治療院と
ずーっと関係が続く治療院、、、


この違いはいったい
どこから出てくるんでしょう…?


ぜひあなたにも考えて欲しいのですが、
私はこの問題、『初診でのゴール設定』の
影響が大きいと考えています。


・リピートはしてもらえるけど
 数回で途切れてしまう…

・回数券は買ってもらえるけど
 切れたタイミングで離脱される…


こうした患者が多い治療院は
「症状」を改善することを目的として
治療をスタートする傾向があるんです。


ゴール設定が痛みを取ること、
症状を改善することになっているんですね。


この場合、5回~10回も通えば
症状は当然改善してくるでしょうし、

もし症状が改善しなかった場合も
「ここに通っていてもダメそうだな…」
と通院に見切りをつけられてしまうわけです。


では、、、

1年~20ヶ月も継続される治療院は
どんなゴール設定をしているのか?


先生も、ご自身の施術が
どこにゴールを置いているか
考えながらご覧になってくださいね。


私がよく言っているのが、
症状が良くなったからと言って
急にプラスの状況には
ならないということです。


患者さんは。プラスマイナスでいうと
身体の状態が”マイナス10”の状態で
お越しになります。


先ほども申し上げたような
症状の改善を目的にしている治療院は

マイナス10をプラスマイナス0という
普通の状態に持っていくことを
ゴールにしている治療院になります。


それに対して私の院やクライアントは
ゴールを”プラス”に設定しているんです。


マイナス10だったものを
プラスマイナス0に持っていき、

そこからさらに
“プラス10”の状態にするということです。


そして、プラスの調子が良い状態を
ずっと維持していきましょうと
お伝えしているんですね。


こう聞くと、調子が良いなら
治療院に通う必要がなくなるじゃないかと
思われる先生もいらっしゃると思います。


悪くなった症状を改善できたなら
卒業させるべきだという考え方です。


ただ、私の考え方は違います。
調子のよい状態をキープすることが
マイナスをゼロに戻すよりも
施術の価値として高いと考えているんです。


これは、痛くならないよう予防する
“メンテナンス”ともちょっと違います。


マイナスにならないように維持するのは
なんとなくネガティブなイメージですが、

プラスの良い状態を
ずっと維持してもらうのですから
よりポジティブな意味合いになります。


これはご自身の人生に
置き換えていただくと
分かりやすいかもしれませんね。


たとえば、特段痛いところもなく
調子が悪いわけでもない。

でもなんだか朝起きるのが億劫で
なんとなく仕事のやる気が出ない…
普通なんだけど絶好調ではない人生。


それと比べて、
毎朝スッキリ気分よく目が覚めて、
朝からやる気がみなぎっている人生では
どちらが幸せかということです。


調子が良い方が
仕事のパフォーマンスも上がるし、

プライベートでも
人に対して接する言葉や態度が
変わってくると思うんですね。


調子が良いと人に対する気持ちも
優しくなって穏やかな言葉を
使うことができると思いますので、

それだけでも日本の疲れた社会が
良くなるんじゃないかと思っています。


なので、、、
マイナスをゼロにするだけでなく
さらにプラスの状態を維持することを
ゴールにもってきて欲しいのです。


メンテナンスというよりは
コンディショニングの世界です。


痛いから来るのではなく、
調子の良い状態を維持するために
来るような治療院に変わると、

新規集客に必死にならなくても
馴染みの患者さんを長く診れるようになります。


同じ患者さんの身体の変化を
長期で診ていくことができるので
施術としても結構面白みがあります。


こうした楽しみもありながら
院の経営も安定していきますので

ぜひ今回お伝えした治療のゴールを
あなたも意識してみてください。


その治療にあった施術構成や
アイテム、サプリメントも
あるかもしれません。


そういった施術提案ができると
継続月数が長くなっていきますので、
ゴール設定を変えてみるということを
やっていただければと思います。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


また来週!



追伸


【無料でもらえるのは今日まで…】
セミナー映像で感動したのは初めてでした…

公開から6日間、口コミが口コミを呼び
話題沸騰中!奇跡の手技を確認しましたか?

アトピーとアレルギー患者さんの改善実績は
驚愕の”3,000″人以上。

名実ともに世界NO.1の実績を持つ
“命を救う手技”を試せるのは
今日で終わりです。
お急ぎください!

本日23:59まで無料でプレゼント中!
 ↓↓↓
※本日6/6(木)23:59終了

Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」