クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 開業

 田村剛志

【開業】失敗しない立地選びの鉄則とは?

1427 Views

こんにちは、
治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


117ターン目となる本日は、
【開業】失敗しない立地選びの鉄則とは?』というテーマでお伝え致します。


今回の音声はコチラ


・通常速度

・1.5倍速


音声をダウンロードして、携帯プレーヤーなどで
移動中に聞きたい先生はコチラからどうぞ!
 ↓↓↓
>通常速度の音声をダウンロードする
>1.5倍速の音声をダウンロードする


117ターン目



本日は春ということもありまして、開業するご相談。


春は新規も取りやすい時期なので
開業に向いているシーズンといえると思いますが、

今回、このタイミングで
開業に対する質問をいくつか頂いたので、
まとめて回答していきたいと思います。


ご質問者様
この春にひとり治療院として開業したいと考えているんですけど、何から手をつけたらいいかがわかりません。ご教授ください。



ということでご相談を頂いております。


この質問は非常に多いですね。

開業したいんだけど、
どういう順番で、何をしたらいいのかわからない
という方が非常に多かったりします。


その順番についてお答えしていきたいなと思います。


まず、どういう治療院にしたいのか

ということが大前提になってくるかなと思うんですね。


今の時代、非常に治療院が多くなっています。


やっぱり、患者さんの数に対して
治療院が過剰なぐらい治療院が誕生しています。


過剰な数の治療院の中でも
実績のある治療院がたくさんあるわけです。


その中で何も実績のない人が開業するわけですから、

その治療院を選んでもらうということは
非常に難しいことになるわけですね。


ですから、既存の治療院よりも
もっと頭を使ってよく考えて開業しないと
埋もれてしまうんですよね。


これからは、選ばれない時代。


今までの時代は、
治療院があることを知ってもらえさえすれば
患者さんがくる時代でした。


いい立地にオープンしたりとか、HPを作ったり、
綺麗なHPにしたり、写真を変えてみたり、
スマホ対応にしてみたり…ということで

ここに存在がありますよということをわかってもらえたら
来客、来院していただける時代だったんですが、

今は選ばれないといけない時代になっているんですね。


治療院は数多くあるので、
患者さんに選択肢が多くあるのです。


なので、患者さんに存在を知ってもらわなければ
選んでもらえない時代になっています。


さらに、選んでもらえないと
患者さんがこない時代になっています。


だから、わざわざ患者さんが選んでくれるような
コンセプトづくりということが一番大事ですね。


非常に重要な部分になってきます。


だから、考えないといけないのは
自分の院に誰にきてもらいたいのか。


その人が誰なのかによって
その人が喜んでくれるような、

この治療院に行ってみたいと思ってもらえるような
訴求の仕方をしていかないといけないんです。


だから、まずコンセプト。


誰に向けて治療院をやっていくんですかということですね。

これは一番大事なところですね。


そこが決まると、自分の見せ方だったり
商品の決め方とか料金だったり立地だったりが
すべて決まっていきますので、

まず誰を相手に治療院をやるんだ
ということをまず第一に考えてください。


その治療院のコンセプトが固まったら
そのコンセプトを達成するためには
どれぐらいの費用がかかるのか。

そもそも経営計画として
初月にいくら売り上げないといけないのか。

家賃とか出てきますよね。


ターゲットが決まったら
その人たちがたくさんいる場所に行けばいいわけですよね。


町によって属性があったりとかすると思いますし、
立地条件とかもあると思います。


若いお仕事の方を選ぶなら、
駅の近くがいいかもしれないし。


年配の方々を狙うなら
住宅街の方がいいかもしれないし。

それによって立地条件が決まってくるわけですね。


そうするとその物件に対して
どれぐらいのお金がかかってくるのか、
ここもわかってきます。


====================
・月々家賃がどれぐらいかかるのか。

・その家賃をペイしていくためには、
どれぐらいの売上が必要なのか。

・その売上を作るためには
どれぐらいの患者さんを
集客しなければいけないのか。

・その集客には大体
どれぐらいのコストがかかるのか
====================


ということを、少なくとも半年分ぐらいの
資金計画を立てていただいて。


あと、みんながみんな十分な資金を
持っているわけではないと思いますので、

その資金計画を立てたら
今度は銀行なり親戚なり家族なり
というところからお金を借りてくる、

資金を調達するということを
していかないといけません。


その資金調達をしたら集客活動。
集客活動は早ければ早い方がいいです。


少なくとも1か月前ぐらいからは
集客活動に入っていかないといけないんですね。

カツカツでやらないように。


「オープン前日に内装が終わりました。」


これでは絶対無理なので、

改装して引き渡ししてから
その3週間から1ヶ月後にオープンだ
というつもりでいていただいて

3週間前、1ヶ月前には
もうチラシが入っているという状態にしていかないと
なかなか初動集客が難しかったりします。


チラシを打って集客がくればいいですけど、
もし集客の反応がなかったら
オープンまで間に合わなくなってしまうわけですね。


オープンの日は予約でいっぱいになっている
という状態でオープンを迎えていただくのがいいんじゃないかなと思います。


まとめますと、

====================
まずは相手が誰なのか。
その人がどんな商品を求めているのか。
それに対して自分のブランディングをどういう風にすればいいのか。
料金はいくらにするんだ。
====================

こういうコンセプトということをまず決めてください。


コンセプトの簡単なヒントを言っておくと、
誰が、誰に、何をして、それがいくらかかって、
商品の値段がいくらで、そしてその商品を買うとどうなるんですか。

ここまで決めてください。


この5つのコンセプトを決めておくこと。


そのコンセプトが決まったら
今度は物件選びです。


====================
物件選びをしていただいて
それに対して費用がかかってくる。

物件の借入のお金がかかる。
集客するのにお金がかかってくる。

費用を出して資金計画を立てていただいて、
資金の調達をする。

資金の調達ができたら物件を借りて、
広告を打っていく。
====================


こういう順番で
開業準備をしていただければいいかなと思います。


くれぐれもしっかり準備をして
開業を迎えていただきたいと思います。


ここで私から1個お知らせがあります。


ちょうどこの時期なので開業に向けた
もう少し詳しい内容をお話した無料映像を
ご用意させていただいていますので、

こちらを是非登録していただいて、
この音声よりさらに詳しい開業に向けての情報を
手に入れていただければと思いますので、是非ご覧下さいませ。

↓↓↓
無料映像はコチラから

※3月8日(木)までの無料プレゼント



現在、繁盛システム経営講座では、

あなたが今解決したいお悩みや経営に関するご質問を集めていますので、
どしどしご応募ください。

 ↓↓↓
>無料で聞いてみる
※採用された質問には、
 こちらのメルマガで私が直接回答します


それでは

最後までお読みいただき
ありがとうございました。



追伸



「先生、それ開業前に知りたかったです…」

これは、私がコンサルをしていると、
本当によく言われるセリフのひとつです。


立地選びや料金設定など…
オープン前にどれだけ準備できるかで
開業の成功率って
本当に大きく変わるんですね。


もし先生がいま開業を考えていて、

・開業してから立地選びに後悔したくない…
・本当に集客してやっていけるのか不安…
・何から手を付けていいかわからない…

と思われているなら、
本日から無料でプレゼントしている
コチラの映像をご覧になってみてください。


私がこれまで
100院以上の開業コンサルをして分かった
「失敗しない開業の鉄則」をお話ししています。

他では聞けない話が満載ですので、
開業を考えている先生は
必ずチェックしておいてくださいね。

↓↓↓
詳細はコチラから

※3月8日(木)までの無料プレゼント




Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」