クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

【ビデオ】来年度の売上目標を立ててみよう

1225 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


年末も近づいてきましたが
あなたはすでに来年の目標は
立てられましたか?


もしかして
まだ治療院が営業しているから
それどころの話ではないですかね?


成功者はとにかく行動が早い!
人よりもスピードを意識しています。


そして、すでに塾生の中には
来年度の目標を立てて、計画に
落とし込みをしている先生もいます。


負けてはいられませんよ。


さて、今回のメルマガでは
『来年度の売上目標を立ててみよう』
についてお伝えしていきます。

 ↓↓↓



あなたの目的地はどこですか?


経営者の仕事はシンプルですが
数字を作り出すこと。


そのための指針となる
売上目標を決めたり
予算の配分を決めたりと
しなければなりません。


目標設定のないものは
何をどれだけやればいいのか?
資金がいくらかかるのか?
が、明確ではありませんよね。


これは、旅行に例えてみれば
分かりやすいかと思います。


・どこに行くのか?    :目的
・どんな乗り物で行くのか?:手段
・いくらかかるのか?   :料金


これらを決めることによって
目的地にたどり着けるのです。


もし、行先を決めなかったら
どうなるのでしょうか?

もし、交通手段を決めなかったら
どうなるのでしょうか?

もし、予算を決めなかったら
どうなるのでしょうか?


これらは、なんとなくで
何とかなるものでしょうか?


思い付きでやっても
上手くいかないことが
ほとんどだと言えます。

治療院の数字、理解してる?


治療院の経営では、
来年度の指針を出すために
今年の集計・分析から行います。


現状が分からないと
基準値が導けないのと同じです。


先程の旅行で言えば
『今、どこにいるのか?』
ということですね。


ということで、
現状の集計分析を行っていきましょう。


1)2018年度の売上
   ※新規&既存の内訳も出す
2)新規獲得で使った広告費
3)新規患者さんの来院人数
4)来院していただくために
  1人にかかったお金(CPA)
5)患者さんが使ったお金の
  1人当たりの平均金額(LTV)


まずは上記5つの数字を
出してみて下さい。


これらの数値を出すことにより
治療院の現状が分かりやすくなり
来年度の見込みを立てることが
できるようになります。

集計と分析を行ってみよう!


例えば、以下の治療院で
分析をやってみましょうか。


<はやの整体院>
年間売上 600万円
広告費   30万円
新規数  100名

※600万円の内訳
新規患者 300万円
既存患者 300万円


この様な場合であれば
30万円の広告費をかけて
100人を集客し、300万円の
売上を作ったことが分かります。


この場合の新規獲得は
1人=3000円で集客が
できたことになります。


30万÷100名 = 3000円


そして、1人当たりの
売上平均値は30,000円です。


300万÷100名 = 3万円


つまり、このことから
3,000円かければ30,000円になり
30万円かければ300万円に
なることが理解できます。


※あくまでも試算です。

で、来年どうするよ?


さて、ここまででたら
来年の目標をどの様にするか?
を考えることになります。


例えば、来年度の目標を
900万円に設定したと
しましょうか。


そうした場合には
年間売上を1.5倍したのだから
このままの基準で考えるとすると
広告費も1.5倍にします。


※既存売上も1.5倍にする必要がある


ということは、目標として
以下のようになりますよね。


<はやの整体院>
年間売上 900万円
広告費   45万円
新規数   150名

※900万円の内訳
新規患者 450万円
既存患者 450万円


多くの先生がミスを犯すのは
広告費はそのままで、集客数を
見積もってしまうことです。


なるべくお金をかけたくない…
こういう想いから必要なところに
必要なお金をかけていないケースです。


※まぁ、その前に
 一年間でどのくらいの広告費を
 使うのかが分かっていないと
 話にならないのですが。笑


こうして考えてみると
売上目標を達成させるために

何をするのか?どのくらいするのか?
どれだけのお金がかかるのか?

事前に理解しているのと
していないのでは、雲泥の差が
でてくるのは当たり前ですよね。


なんとなく思い付きでやっても
上手くいかないことがほとんどなので
経営者であれば、年間目標を
立てておくのがいいと思います。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『来年度の売上目標を立ててみよう』
というテーマでお伝えしました。


去年と同じくらいの売上を
作るのであれば、去年と同じくらいの
予算でやればいいですし

その割合を変えていくのであれば
その内容も変える必要があります。


目標が変われば、手段や経費が
かわることを覚えておきましょう。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」