クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 経営

 田村剛志

コロナ禍で「伸びた院」と「伸びなかった院」の違いとは…

566 Views

おはようございます。


治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する


================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は、
295ターン目をお届けします。


ようやく緊急事態宣言が解除され、
街に活気が戻りつつありますね。


施術業界は
新型コロナウィルス感染拡大の影響が
飲食店などに比べると軽微でした。


それどころか、
コロナバブルとも言えるような
新規顧客が急増した院も
少なくありませんでしたし、

コロナ禍においても
過去最高売上、過去最高利益を
更新した会社さんもありました。


もちろん、
新規数減少に苦しめられた院が
あったことも事実です。


一旦は収束の気配を見せている
新型コロナウィルス感染拡大の波。


まだまだ油断は出来ませんが、
施術業界に与えた影響を
振り返ってみましょう。


まず、
新規数が減少した院の特徴です。


立地条件としては
繁華街やオフィス街に存在する院は
新規数が減少した傾向がありました。


これはテレワークで
オフィスに出勤する機会が減ったこと、

会社から繁華街への出入りを
禁じられたオフィスワーカーが増えて
繁華街から人が消えた事が要因です。

また、
産後など子育て世代を
メインターゲットにした院でも
若干新規数が減少する事がありました。


これは、
休校やオンライン授業により
お子さんが通学しないため
出掛けられなくなった方々が多かったり、

子供への感染リスクを恐れた
お母さんが多かった事が要因です。


反対に住宅地から近いエリアでは
集客数を伸ばしました。


今までは通勤で
住宅地に居なかった勤労層が、

テレワークによって
自宅にいる時間が増えた事で、

自宅近くで施術を受ける機会が
増えた事が要因です。


施術内容としては、
テレワークによって増えた腰痛、

リモート会議で自分の顔を
マジマジと見る機会が増えたことによって
小顔矯正のニーズが増えました。


少し毛色が違うのと
コロナとは関係ないかも知れませんが、

ホットペッパーなどでは
ドライヘッドスパ、足ツボ施術が
とても人気になりました。


最近はホットペッパーに
接骨院・鍼灸院の屋号のまま
掲載できるようになった事で、

掲載する院さんも増えているので
ホットペッパー需要にも
注目が集まりそうです。


※鍼灸や療養費が絡む施術は
 掲載できません。


コロナで人と会う機会が減ったことで、
ダイエットの需要は冷え込みました。


また、
人と会わない期間を利用しての
美容整形が活発化したことも、

施術院での美容施術の在り方に
影響を与えてきています。


車が主要な交通機関のエリアでは、
移動による感染リスクが少ないことから
あまり大きな変動は見られませんでしたが、

意外と感染者数が少ない地方ほど
院内での感染を恐れて
来院を控えるケースが見られました。


こういった事を踏まえると、

人が沢山住んでいる街の駅前が
出店立地としては有利なのかな?

と感じました。


コロナに限らず、
これからも様々な変化が訪れると思いますが、
しっかり適応していきたいですね。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


また来週!


追伸


【※無料公開は本日23:59まで※】

\1秒でスキャン、3秒で解除/
施術素人でも現代医療から
取り残された重症でも1回で
改善に導く治療法
~~~~~~~~~~~~~~
無料公開は本日23:59で終了します。
~~~~~~~~~~~~~~

無料映像をご覧いただいた方々からの
嬉しいお声が止まりません!!

よし様
「すごいです映像だけで
感動しています」

晴の助様
「鈴木先生の独創性
探求心にただただ脱帽」

タマ様
「新しい奇跡を手に入れることが
できる!ワクワク!」

などなど…

などなど…熱狂のコメントが
連日連夜止まりません!

間違いなく現在業界で
最も支持を受けている治療法です。

病院や治療院がなくなり、
業界全体をひっくり返すような
治療の新発想。

全国の素人さんや治療家さんを
熱狂させているこの手技を
“無料で”試せるのは【残り17時間】です。

少しでも興味のある方はお早めに
詳細をご確認ください。

 ↓↓↓
▼無料で手技セミナー映像を視聴する
※本日23:59で無料公開終了




Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」