クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 スタッフ教育・採用

 田村剛志

「受付に何をさせたらいいですか?」

770 Views

おはようございます。


治療院コンサルタントの
田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する

================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================

260ターン目をお届けします。


「受付に何をさせたらいいですか?」


先日、こんな相談をいただきました。


私は1人治療院の先生が
忙しくなって1人では
対応できなくなってきた時に、

最初に雇用するなら
施術スタッフでなく
受付を雇用することをお勧めしています。


しかし、多くの方が受付は
売上を生まないから勿体ないと
考えがちです。


本当にそうでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今週は受付の役割について
お伝えしていきたいと思います。


まず、誰もが考えつくのが
文字通り受付業務。


電話対応や会計業務です。


この業務を人に任せられるだけで
施術者は施術に
集中することが出来ますから、
稼働率を高めることが出来ます。


稼働率とは、
営業時間中にどのくらいの
割合で施術を行っているか?
という考え方です。


1人治療院だと50%くらいでも
暇ではない位です。


電話対応や会計業務以外にも
ベッドメイクや次回予約を
取るのにも時間を取られます。


これが無くなるだけで、
10%〜20%程度は
稼働率を上げることが出来ます。


稼働率が10%上がると
売上はどうなるか…?


仮に、分単価が200円、
営業時間が8時間(480分)、
稼働率が50%だったとしましょう。

※分単価とは施術1分あたりに頂ける料金のこと


この場合
営業時間480分×稼働率50%×分単価200円
=1日あたりの売上は48,000円


では稼働率が10%上がったとしましょう。


この場合、
営業時間480分×稼働率60%×分単価200円
=1日あたりの売上は57,600円


約1万円の差となります。


月20日営業だとすると、
20万円も売上が変わってきます。


しかし、月20万円の差だと
受付に払う給料の分で消えてしまうし、
下手すると赤字だよ。
という意見が出てきそうです。


はい、その通りです。
なので、1人治療院が受付業務のためだけに
受付さんを雇用したんでは勿体ないです。


※施術者か複数いた場合は話が変わってきます。

施術者2人なら稼働率10%アップで40万円
施術者3人なら稼働率10%アップで60万円
と売上が変わってきますからね。


話を戻しましょう。


では、1人治療院の受付さんに
何をしてもらうといいのか?


わかりやすく売上に直結するのは
物販・物療です。


最近は治療院でも
健康食品や健康器具を
取り扱う所が増えていますね。


また、EMSを筆頭に
実費をいただける
物療の導入も増えています。


コレらを受付さんに担当いただくことで、
売上を作ってもらうことが出来ます。


弊社でもまだバラつきはありますが、
物販・物療合わせて50万〜100万円以上
売り上げる店舗が増えてきました。


中には月に200万円以上
売り上げてくれる店舗も存在しています。


物販には仕入れ代がかかるものの、
受付さんの活躍の場として
十分な結果が出ています。


他にも離患対策や
口コミの獲得といった業務も
受付さんに期待したい業務ではありますが、

長くなってしまったので、
また来週に致しましょう。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


また来週!!



追伸


【無料|手技セミナー映像プレゼント中】

あなたはもう確認しましたか?

現在無料で公開中の手技を
試した方からは

「あまりにも凄すぎて
 言葉が見つかりません」

「手技療法での神の領域への到達は
 『らせん零』これだと思いました」

「パーキンソンで固くなった全身が
 緩むようです。
 これを続けてパーキンソンを
 治したいです」

など、
感動の声が届き続けています!

まだ確認していなかったという方は
期間限定の公開となっておりますので
ぜひ今すぐ以下のURLから
最新手技をお試しください。
 ↓↓↓

※2/4(木)までの期間限定
 
 
 

Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」