クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 田村剛志

【問】新規は何人必要?←即答できない人は必読。

1592 Views

こんにちは。
治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する


================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は、
214ターン目をお届けします。


私は新規よりも
既存患者を重視する
経営戦略をとっています。


しかしながら、

「新規を増やしたい」

というご相談はとても多いです。


その度に私は、

「では、あと何人新規が
 増えれば満足ですか?」


とお聞きしています。


残念ながら、ほとんどの方は
この問いに答えられません。

「多ければ多い方がいい!」

とか、
稀に具体的な人数が出てきても

「なぜその人数が必要なのですか?」

と質問を加えると答えられません。


この段階から脱出して
経営者としてレベルアップするには、

そもそも新規集客の目的がなんなのか?

から考える事です。


「そんなの売上を作るために決まってる」

という声が聞こえてきそうですが、

売上=カルテ枚数×カルテ単価(来院頻度×単価)

です。


カルテ単価とは
顧客(カルテ)1人あたりが
月に利用してくださる金額のことです。


そして、このカルテ単価には
ある程度限界が決まっています。


なので、売上を
安定的に伸ばしていくためには
売上の母数であるカルテ枚数、

つまり”顧客の数”を
増やす必要があるのです。


残念ながら、顧客は
毎月様々な理由で離脱していきます。



なので、新規顧客を獲得していかないと
カルテ枚数を増やす、
または維持できないのです。


冒頭の

「新規は何人必要か?」

という質問の答えは、

「離脱患者数と同等かそれ以上」

となります。


新規集客にかかる手間とコストが
大きくなってきている昨今、

新規を増やすことだけでなく、
離脱を防ぐことで
目標に対して必要な新規数を
減らす事も考えてみてください。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


また来週!



追伸


【無料|史上初公開の治療法をプレゼント】
ハワイ大学での解剖実習7回、
18,000時間以上の研究の結果発見された
世界的な大発明

たった0.5秒手のひらに触れるだけで、
あらゆる症状を消失する神技が遂に登場…

以下より、今すぐ無料映像をご覧ください。
 ↓↓↓

Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」