クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

新聞折込で失敗した!!!

539 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


あっという間に10月も
終わろうとしていますが
いかがお過ごしでしょうか?


北海道や東北では
1桁を記録する寒い日があると思えば
沖縄では、いまだに20℃越え!!!


場所によっては
まだまだ海水浴ができるような
環境の様です。


東京も寒くなりつつあるのに
バシャバシャと泳ぐ姿をイメージすると
同じ日本だとは思えないですね。笑。


そんな中、
経営不振を脱却しようと
頑張っていた治療家さんに
落とし穴が待っていました。


これまで順調にいっていた
集客活動を拡大させようとしたときに
起こってしまった出来事です。


ボクがあれほど言っておいたのに
やっぱりミスを犯してしまう…
うーーーーーん、残念でなりません。


あなたには
同じミスをしてほしくないので
今回お伝えするネタはこれにします。


果たして、先生の身に
一体何が起こってしまったのか?


というわけで、今回のメルマガでは
『新聞折込で失敗した!!!』
についてお伝えしていきます。




集客は身近な所から始める!


1人先生が集客をする際に
必要なことは、自ら情報発信して
地域の方々に知ってもらうこと。


それも1人でも多くの方に
そしてカラダの困っている方に
理解して来ていただくことです。


そのためには、まずは
あなたの身近にいる方や
あなたの治療院の身近な所から
集客を始めなければなりません。


時間とお金に余裕がある
先生であれば、WEB系の集客から
行けばいいと思いますが…

そうでないなら、基本に忠実で
ポスティングから行くことになります。


ポスティングのメリットは、
自作ができるためコストが少なくて済む。


そして、何より即効性が高い!
配布した即日から集客が可能であり
配布した2時間後には、電話が
なったという事例もあります。


そのポスティングもある程度
こなせるようになってくると
売上が+30万ほどになってくるので、

予約の枠も埋まりながら、
次のステージへ向かうことになります。


地域の拡大を考えて
新聞折込を使うという方法です。

大量投下で、1度にかき集める!


新聞折込の特徴は
一度にたくさんの枚数を
たった1日で完了する点にあり、

オープニングイベントや
売上が足りない時の一手として
使うことが多い媒体です。


この新聞折込も
ポスティングと同様で
即効性がすごく高い!


折り込みを入れた日から
2-3日で患者を集めてくれます。


雨が降っていようが
風が吹いていようが
あなたが外に出る必要もなく

一度に”大量投下”できる
そんな集客方法です。


ちなみに先日の販促活動では
新聞折込から27名の集客に
成功をしました。(^^)v


はい、あっという間の
100万円OVERの売上に
繋がりました。\(^o^)/


いやー、ビックリしますね!


しかし、そんな新聞折込でも
地域によっては、活用ができない
場合もあるのです。


それは、ポスティングにはない
『広告審査』の手続きが必要に
なる場合があるためです。

広告の審査ってどういうこと?


実は新聞折込と言う媒体は
新聞配達所(販売所)によって
広告の基準が曖昧になっており、

場合によっては、折り込みNGに
なる場合もあったりします。


これが意味することは…
ポスティングで反応が良かった
集客チラシでも、折り込みでは
使ってくれないと言うことです。


新聞折込の広告に関しては
いわゆる販売所の所長権限に
なっていることが多いらしく…


所長が『広告は審査部に回します』
と言ってしまえばアウトになったり
『これなら、別にいいよ』と言って
採用になったりします。


・広告の審査部でチェック
・所長権限で折込の決定


過去の塾生に関して言えば
チラシを折り込みに回したところ
OKもあればNGもあったということ。


そう、同じ内容のチラシなのに
NGを食らうこともあるので
注意が必要だと言っているのです。

※全国統一されているようで
 されていなかったりするから
 確認が必要です。(*^^)v

事前確認で、経費を削減する!


塾生がやってしまった
新聞折込でのミスと言うのは
事前確認を取らずに、印刷された
チラシを販売店に持ち込んだことです。


その数、15000部。


ポスティングで
大きな結果につながったので
新聞折込でも行けるだろうと
15000部を印刷しました。


そして、新聞折込の実施から
販売所に持ち込んだのですが
ここでNGを食らってしまったのです。


はい、印刷代金22,000円が
泡となって消えていきました。泣。


本当であれば、折り込みたいチラシを
印刷する前に、販売所へもっていき…

『このチラシ、折り込みできますか?』

と、販売所の責任者(おそらく所長)に
聞いておくことが必要だったのです。


このようなことがないように
あなたは同じミスをしないで下さい。

『事前準備』『事前確認』は
ミスを最小化させるためにできること
ですので、誰でもできます。


早く集客したい気持ちもわかりますが
相手がいることなので、気づかいや
心配りをしておかないと、失敗しますよ。


十分に、気を付けておいて下さい。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『新聞折込で失敗した!!!』
というテーマでお伝えしました。


他の人が上手くやっているからと言って
あなたが同じようになるとは限りません。


特に第三者が意思決定をするような
場面では、結果が大きく変わってきます。


今回は新聞折込でしたが
PPC広告や各種看板などでも
同じことが起こりえますので
気にしておいて下さい。


事前確認、必要ですよ。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸


【無料|本日公開!最新手技セミナー映像】

驚き・感動・笑顔が止まらない…!
~~~~~~~~~~~~~~~~~
側弯症/パーキンソン/五十肩/半身まひ
どんな重症もたった1回で改善に導き、
元の症状を”忘れてしまう”施術法を
完全無料で公開!

この治療法を手に入れると、
症状で苦しむ患者さんやご家族に
感動体験を提供できるようになります↓

✔何十年来の激痛や重症も
 たった1秒で修復に導ける

✔車椅子必須の患者さんが
 スタスタ歩きだす

✔長年改善しない重症にも
 一瞬にして変化を実感できる
 
 
…など

感動が止まらない
想像を遥かに超えた効果を
出せる治療法を今なら
無料でプレゼントします!
~~~~~~~~~~~~

 ↓↓↓
>>無料で今すぐ視聴する
※11/5(木)23:59で公開終了

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」