クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 特集

 やってみたブログ

【徹底解説】ライバル院に差をつける”LTV”の使い方とは…

99 Views



こんにちは!

いかなるときも
行動と学びだけは決して止めない
「やってみたブログ」の斉藤です。


さて、治療院に限らず
経営の勉強をしていますと

必ず使われているのが
“横文字”ですよね。


例えば
タスク、バッファ、クロージング
エビデンスなどなど…。


横文字ってだけで
アレルギーが出てしまう先生も
いらっしゃるのではないでしょうか?


ですが
これらの横文字も、

単語と意味を理解して使えば
とても使い勝手の良い
言葉なんですが、

しっかりと意味を
理解せずに使ってしまうと

本当に”伝えたいこと”が
相手に”伝えられない”んですよね。


実際に先日、
ある治療家の先生から
経営のご相談を受けたんですが、

そのご相談内容には『LTV』
と言う言葉が使われていました。


ですが、
いくら読み返しても

僕には相談内容の意味が
全く分からなかったんですよね。


何故ならその先生は
『LTV』の意味を理解せずに
使っていたからなんです。


このように、

意味が曖昧のまま使っていると
相手に話が伝わらないだけでなく、

正しい情報が掴めないので
治療院経営に悪影響を
及ぼすことにもなりかねません…。


そこで今回は
治療院経営でも良く使われる

『LTV』

の意味と重要性について、
改めて徹底解説致します。


いまさら聞けない
“LTV”の使い方ですが、

実は治療院の先生が
“LTV”の使い方で

良く間違えるポイントが
“2つ”あるんですよ。


1つは
“○○と○○”のLTVの違い

そしてもう1つが
“LTVの計算方法”です。


ちょっとした
間違いかもしれませんが、

その間違いに気付かないで
使ってしまうと…。


せっかくの経営の武器が
全く役に立たない”ゴミクズ”に
なってしまうんですよね。


では、
治療院の先生が良く間違える
“LTV”の使い方とは…。


また、治療院経営に必要な
“LTV”の考え方とは…。


今回の内容を知れば
治療院経営で役立つ
“LTV”の本当の使い方や、

ライバル院に負けない
経営戦略の考え方まで
手に入れることができます。


是非、動画をご覧になって
経営の武器を手に入れて下い!


斉藤隆太

Writer

斉藤隆太

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」