クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 経営

 早野 隼翔

コロナ禍で最高収益を出した秘訣とは…

267 Views

こんにちは。


早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


先生、休日の日は何をして
お過ごしになられていますか?

手技セミナーにて勉強?  
子育て中にて、公園で遊ぶ?
それとも、家族で買い物?

それぞれがそれぞれに
充実した人生を送っていれば
何も言うことはありませんよね。


ボクはと言うと、ほとんど仕事です。
 
なかなか休みが取れない環境ですし
事業主ともなると、毎日が仕事に
なっていたりしますから。

講座が休みだったとしても
やるべきことは多彩でございまして

訪問コンサルティングを筆頭に
メルマガの執筆、動画撮影をしたり
塾生の個別フォローをしていたり
夜はグループセッションをしたり
まぁ、終わらない終わらない。笑

それでも隙間時間を見つけては
読書に勤しんでおります♪^^


あー、ちなみに読んでいる書籍は
ビジネス書、推理小説、歴史小説。

日本語には、海外にない言い回しとか
言葉があったりするので、歴史小説は
是非オススメします。

表現豊かな言葉で、気持ちや
情緒を伝える言葉が美しいですよ。


さて、今回のメルマガでは
『コロナ禍でも売上を上げる先生の特徴』
についてお伝えしていきます。



コロナ禍で人生が変わっていく・・・



コロナが蔓延して
どれくらいの時間が経ったのでしょうか。

第一波では、街から人が消え
人々の生活は一変してしまった。

第二波の緊急事態宣言では
リモートワークが推奨され
会社へいくこともままならなくなった。

この頃から集客に手こずり
売上を上げるよりも、給付金を
もらうことを考える治療院が増えた。


そして、第三波、第四波と続くと
売上は時間を追うごとに落ちていき
ままならぬところまでいった。

生活していくこと自体が大変で
Wワークを始める人も出たと聞く。

外に出てこないんじゃ
売上なんて上がるわけがない!


理不尽を感じながら嘆くしかない。
~~~~~~~~~~~~~~~~


こうして、言葉にして書いてみると
なかなか状況を変えていくことは
困難であるように思います。


なぬ?最高収益がバンバン出ていた?



しかし、全てがそうだったかというと
もちろん、そんなことはない!

あることをしていた治療院は
生き残るどころか、コロナ禍であっても
最高収益を叩き出していました!

ボクの塾生の中で言うと
1人先生にもかかわらず、月商340万!

お分かりになりますか?
月商340万円です、34万円でもなければ
年間売上でもありません。

他にも最高収益を出した治療院では、
月商281万、262万、216万、192万、
ゆうに150万越えです。

もはや、コロナであろうがなかろうが
全く関係がないとも言える売上です!


そして、彼らは
新規集客が上手くいったからではなく
既存からの信頼を勝ち得ていたことで
安定した経営基盤を築いておりました。

んー、さすがです^^


あなたは○○○○を気にしていますか?



あなたにお聞きしたいことは、
売上比率を意識してやっていますか?
ということです。

「売上比率?」

はい、売上比率です。


売上比率というのは、
毎月の売上を「新規からの売上」と
「既存からの売上」を比率で分けた
数字のことです。

例えば、月商50万円だった場合に
新規からの売上が20万、既存からは30万。

この場合の比率は【4:6】ということになり
やや既存からの売上が高いことが分かります。

しかし、月商50万であったとしても
新規から40万、既存から10万であれば
売上比率は【8:2】であり、大幅に
新規に頼って作られた売上であり
一過性のもので有ることが分かります。


新規集客に頼るビジネスは、脆弱



売上を新規集客頼よりに
なってしまっていた場合
緊急性が高いことが起こると
売上は壊滅的になります。

例えば以下の業種をみて下さい。

・旅行業(ツアー企画)
・ホテル業(宿泊)
・観光業(各種イベント)
・お土産屋(雑貨)

これらの業種は、コロナ禍において
軒並み売上を落としてしまった業種で
廃業してしまったところも多いです。


この理由は、全て
新規(1度キリのお客さん)に頼った
ビジネスを行っているところだからです。

既存のリピーターで成り立っていない
ビジネスは脆弱だと言わざるを得ませんね。


これは治療院も同じで
既存患者さんに対して何もしていない
ところは、やっぱり新規顧客に頼った
経営を行っており売上を落としました。


コロナ禍でも最高売上を出した院は?



ライバル院が軒並み売上を落とす中で
最高売上、最高収益を出した治療院は
一体何に力を入れていたのか?

それは【顧客フォロー】です。

カルテがあると言うことは
患者さんと連絡が取れる情報が
そこにかかれているということ。


住所、電話番号、メールアドレス
~~~~~~~~~~~~~~~


これらを活用して、顧客フォローを
しっかりと行っておりました。

電話をしたり、手紙を書いたり、
メールしたり、LINEをしたり、
ニュースレターを出したりして、
患者さんとのコミュニケーションを
途切らせないようにしていたのです。


信頼を勝ち取るために
何度も何度もコミュニケーションを
重ねていたのです。

その結果が、コロナ禍であっても
最高収益を出す秘訣なのです。
~~~~~~~~~~~~~~


もし、あなたが
何が起こるか分からない状況でも
安定して売上を上げていきたければ
顧客リストに対するコミュニケーションを
しっかりと行ってみて下さい。


既存患者さんを大切にすれば
何が起こってもびくともしない
治療院になります。

ぜひ、頭の中に入れておいて下さい。


まとめ


さて、今回のメルマガでは
『コロナ禍でも売上を上げる先生の特徴』
というテーマでお伝えしました。

どんなビジネスでもそうですが
1回きりの取引だと、信頼関係を築くどころか
いかに目の前の人に高額商品を売るか?
を考えることになります。

そうではなく、地域の方々と
共存共栄を考えていくのであれば
長い関係を築いた方が建設的です。

治療院のビジネスは
人間関係の上にできあがっている!
このことは忘れないようにして
いただきたいと思います。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!



追伸


先週15日(金)からお届けしている
ボクからのプレゼントは
受け取っていただいてますか?

「何からやればいいかわからない」

とお悩みの先生は
明日から何に力を入れるべきか?

ボクが数々の治療院経営を
立て直してきたノウハウが詰まった
『55段階メソッド』があれば、

ハッキリと
分かるようになります。


現状に満足していない、
状況を変えたいと思われる先生は

こちらから無料で手に入れてください。

↓↓↓
>>>『55段階式メソッド』無料映像を手に入れる
※無料期間10月24日(日)まで



追々伸


【歴代最高記録を更新中!!】

今、業界で間違いなく一番人気の手技
~~~~~~~~~~~~~~~~~

「歴代最高峰」「億超え療法になる治療法」
「100年後の医学の礎になる治療法」
と話題沸騰中の手技DVDが公開中!

たった12秒“特定の方向”に触れるだけ

たたそれだけで…

外科的疾患/内科的疾患/精神疾患
難治症/アレルギー症状/スポーツ疾患
自律神経症状/性機能障害/免疫疾患

などに対応するだけでなく、

今後起こり得る未曾有の大病も
根本原因から発症を食い止め、

患者さんの未来を変えてしまう
「奇跡の根治法」

医療先進国ドイツの心臓外科医が
「医師としての“医学観”が変わった」
と絶賛する

『手技道®-100年後の医学-』は、

【10/27(水)23:59迄】で
全貌公開中ですので、
今すぐあなたも手に入れてください。
 ↓↓↓
今すぐ手技の全貌を確認する
※10/27(水)23:59迄



Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」