クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 コミュニケーション

 早野 隼翔

先生、コミュニケーションは苦手ですか?

317 Views

こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


先日、4月の終わりに
現在の経営塾が終わりを迎えました。


約半年間の塾を通じて
大きく成長した先生が多くて
ホントにびっくりしました。


自宅で治療院を行っていた
女性の先生は、屋号を変え
リニューアルOPENという形で
再スタートを切りました。


コンセプト変更、屋号変更、
料金変更、施術着変更と
やるべきことはたくさんありましたが
それでも1つ、1つこなしていき
初月から月商50万円を達成しました。


塾長として、経営指導を行なった者として
本当にうれしく思いました。


やるべきことは決まっているので
あとは丁寧に階段を上っていくだけ。


人と違うのはスピードだけです。


決して”裏技”があるわけではなく
基礎・基本にのっとった王道を
ただ進むだけなのです。


このことを理解した人は
目先の欲求や短絡的な思考に
振り回されることはありません。


施術も練習が必要であると同時に
経営者もトレーニングが必要なんですよ。


さて、今回のメルマガでは
僕がそんな経営塾で
最も力を入れていることの一つ…

『最優先事項!コミュニケーション』

についてお伝えしていきます。


先生、コミュニケーションは苦手ですか?


ボクの経営塾で、最も
力を入れていることは
実はコミュニケーション。


というのも、治療院のお仕事は
対人のビジネスであり、リピートに
とって重要な要素となっているから。


そして、塾に来られた先生に
『コミュニケーションは得意か、苦手か』
を聞くとですよ…多くの先生方が
苦手だとおっしゃいます。


いやー、これはいかんよ。


でもね、意外というか
コミュニケーションが苦手だという
先生は、実は何が苦手なのかが
分かっていないことが多いです。


コミュニケーションをとっても
相手の話を聞き出すのが苦手もいれば
自分が何を話していいのかが
よく分かっていない先生もいる。


どうしても、無言になってしまう
『間』がいやな先生もいらっしゃいます。


うむむ。


確かに、言いたいことは分かりますが
コミュニケーションとは、会話ができれば
良いということではありません。


実はコミュニケーションとは
相手の意図を理解することであり
共通点、共感を感じさせてあげる
ことだったりします。


※同じ価値観の方どうしだと
会話が弾みますからね。(^^)

こういうのがダメな例ですよ!


コミュニケーションとはどういった
ものなのかを理解してほしいので
過去にボクに起こった出来事から
学んでいただきたいと思います。


あれは、かれこれ4年位前のこと。


訪問コンサルティングで
京都に足を運んだので
夜ごはんはちょっと贅沢をして
祇園に足を運びました。


祇園の中には、昔から老舗と言われる
名店が数多く存在しています。


その中でも、食べログで料理の評価が
高かったお店を探して、行ってきました。


祇園の1本裏通りに入った
こじんまりしたお店での出来事。


そこは、京都名物『おばんざい』を
提供していただけるお店。

※おばんざい=家庭料理・惣菜のこと


メニューを見ると、おでん、豆腐煮、
水菜、シイタケなどの煮物…もちろん
焼き魚なども提供している。


んー、これだけメニューがあると
正直、迷うよなー。予算もあるし!


だいたい、
京都祇園で夜ごはんを食べると
5000円は軽くオーバーしてしまうので
これは品数を決めて、注文しないと
財布が悲鳴を上げてしまう!笑笑笑。


で、迷った挙句…
『すみません!ちょっと迷っているので
このお店のおすすめは何ですか?』


と、聞いてみました。

で、返ってきたセリフが以下。


「うちのお店は好きなものを注文して
 いただくシステムなので、お好きなものを
 選んでいただいて構わないです。」

と。

ん? ん?? ん???

んんんっ????

(初めて来たお店で、分からないから
こちらは聞いているのに…何言ってんだ?)

『初めてなので、良く分からないんです。』

そう答えると…


「うちは全部、おススメですよ!」

と、半ギレされてしまいました。


これって、お店の対応として
どうかなー、って思うわけですよ。

これ、分かります?

このお店には、二度と行かない!


結局、何がいいのかわからずじまいで
せっかくの夜ごはんも気分の悪いものに
なってしまいました。


料理がどれだけ評価されているのか
ボクには知りませんが、同じようなお店は
この界隈には何件も何件もあります。


おそらくこれをお読みの先生も
美味しい料理だと言って食べに行ったが
店員の対応が悪くて、二度と行かない
お店ってあるのではないでしょうか。


このことからも、治療院は
身体を治す仕事だという前に
対人のビジネスである!ということを
再認識して欲しいと思いました。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『最優先事項!コミュニケーション』
というテーマでお伝えしました。


コミュニケーションとは
一方的に話ができる人でもなければ
説明が上手い人でもありません。


相手の話を聞き
「意図」をくみ取れる人であると
この例から言えます。


お金を支払うのは犬や猫ではなく
「心」を持った人間である。


本当にキモに命じて欲しいことです。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!



追伸

【無料プレゼント ※5/20(木)迄】

医療を超えた真の健康法で
「脳」から痛み・不調を消し去り
理想の未来まで現実化する!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トップ0.001%の知的支配者層が
独占してきた「偉大なる秘密」とは?

現代医療の限界を遥かに超えて
結果を出し続けている
「健康の真実」を公開します。

・50年間杖なしでは歩けなかった
 小児麻痺の女性が15分で松葉杖を
 捨ててスタスタ歩き出した!

・脳炎と2回の心停止で植物状態に…
 その他、合計いくつもの難病を合併し
 20歳までは生きられないと宣告された
 2歳の赤ちゃんの難病が全て完治した!

この方法を使えば…
努力不要で脳から健康になり、
自らの願望に合わせて脳を操り、
覚醒させ、全てを叶えることができます。

今だけ【無料】で公開中。
下記のリンクをクリックして
今すぐご視聴ください。

 ↓↓↓
>>無料で今すぐ「健康の真実」を手に入れる
※5/20(木)で公開終了

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」