クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 田村剛志

来年こそ目標売上を達成する”4つのプロセス”とは

1216 Views

こんにちは。
治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する


================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


今週は207ターン目をお届けします。


ビジネスの世界には
PDCAサイクルという言葉があります。

P…PLAN 仮説、計画
D…DO  行動、実行
C…CHECK 確認、検証
A…ACT  改善


の頭文字をとったものです。


サイクルとは上記4つのプロセスを
繰り返す事を言います。


このサイクルを回すことで
物事がブラッシュアップ、
洗練されていくことを示す言葉です。


治療院でもこのPDCAサイクルを
回すことはとても重要です。


しかしながら、、、


これが上手くいっていない
治療院さんが多いことも事実です。



Pの仮設を立てるだけで時間がない、
お金がいなどの理由をつけて
行動せずに終わってしまう先生や

計画を立てる事すら出来ておらず
ただ毎日患者さんが来るのを
待っている先生も存在します。


4つのプロセスの
1つ目や2つ目で躓いてしまっていては
上手くいくわけがありません。


またDの実行、行動が出来ても
やりっぱなしの先生も多いです。



セミナーや懇親会で
これがいいと聞いてみてやってみる。


これ自体は大変すばらしいことです。


どんなに優れたノウハウだったとしても、
実行、行動が伴わなければ宝の持ち腐れです。


しかし、全てのノウハウが
そのまま実行するだけで
自院にフィットするとは限りません。


状況に合わせてアレンジが必要です。


まずはそのままやってみて、
その結果をCの確認、検証を
行う必要があります。


上手くいったこと、上手くいった理由
上手くいかなかったこと、上手くいかなかった理由


これらを必ず事実に基づいて
確認、検証します。


事実に基づくとは
感覚や感情ではなく
数字を用いて管理をすることです。


例えば新規集客だとして、
Aという媒体に掲載すると〇〇人くらいの
集客が取れるという仮説Pを立てます。


それに対して、実際に行動Dをします。


その結果、実際の集客数は何人だったのか?


大事なのは事前に
仮説を立てておくことです。



仮説に対して事実がどうだったか?
を確認、検証するのです。


この確認、検証というプロセスこそが
PDCAサイクルを回していくうえでの要となります。


仮説や検証をいくら行ったところで、
実際にやってみなければわかりません。


しかし、やりっぱなしでは
その仮説が正しかったのか、
間違っていたのかの結論が出ません。


必ず、確認・検証を行う事で
課題を見つけることが必要です。


上手くいったとしても
上手くいかなかったとしても
必ず確認、検証は行うべきです。



上手くいったのには
上手くいったなりの理由がありますから、
これを知っておくことで
今後に活かすことが出来ます。


その上で、
Aの改善に繋げていくことで、
より精度が高く、効率的な行動を
起こすことが出来ます。


そして、またこの改善案を基に
仮設、計画を立て、行動、実行、
さらに確認、検証、改善…
と繰り返していくことが重要です。


まもなく今年も終わりますが、、、


来年は是非、
PDCAサイクルを回していける環境を
作っていただきたいです。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


それでは、また来年お会いしましょう!



追伸


【遂に…今夜12/26(木)23:59提供終了!】

遂に…業界NO.1メガヒットを記録した
触れる、撫でるだけで全身の症状を
消失させられる世界初の治療法ーー
『ZERO-G TOUCH』の提供が完全に終了します。

今まで数多くの手技DVDを発売してきた
弊社の歴史上でも、ここまで型破りで
従来の治療法とは全く異なる神技を
公開できることはそうそうないでしょう…。

来たる新時代2020年、
あなたの治療は180度変わります。
その全貌は、あなたの目でお確かめください。
 ↓↓↓
※本日23:59をもって完全に提供を終了します

Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」