クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 根本隆広

『患者争奪戦』に隠された真実

91 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


最近、百田尚樹さんの
『海賊と呼ばれた男』
という小説を読んでいます。


『永遠の0』に続き、
百田さんの作品は現代人が忘れかけた
大和魂を思い出させてくれるので、
楽しく読めそうです。


映画化されて、
気になっていたので、
まず小説から
読んでみようと思いました。


普段、あまり小説は
読まないのですが…


今週末に訪れる
台湾に持っていき、
読み進めていこうと思います。


それでは、
本題に入りますね。


本日は、

【私達は本当に患者さんを
 取り合っているのだろうか?】

にという問題についてです。


よく、こんなことを
言う先生がいます。


「いやぁ…、
 最近、大手のグループが
 近くに進出してきて、患者さんが
 取られているような気がして…」


どうでしょうか?

あなたもどこかで
今のような台詞を耳にしたことが
あるんじゃないでしょうか…?


もしかしたら、あなたも

「近々、大手治療院グループが、
 近所にオープンするのではないか??」

と内心、ビクビク
されているかもしれません。


しかし、実際のところ
どうなのでしょうか…?


餌に群がるピラニアの如く、
私達は患者さんを
取り合っているのでしょうか?


私は、そうは思いません。


ある調査では、整骨院や接骨院、
また保険のきかない整体院を含めた
治療院に通った経験がない人たちは、


【70%以上】


にもなると言われています。


あくまで私が
実際に行った統計ではないので、
鵜呑みにしてはいないのですが、

“ある程度目安になる数値”

といっていいでしょう。


本来、治療院に通っても
不思議ではない年代の方達でさえ
まだ70%以上も治療院に
行ったことがないのです。


実は、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほとんどの方は、整骨院、接骨院、
整体院、病院の区別すらついていない
~~~~~~~~~~~~~~~~~

のが現状なのです。。。


本当の現実を知るには、簡単です。


あなたの院に訪れる、
はじめての患者さん全員に
問診で聞けばいいのです。


『このような病院以外の治療院に
 来院するのは、はじめてですか?』


病院に行ったことが
ある人はかなりいても、

整(接)骨院、整体院のような
治療院に行ったことがある人は、
あなたが思うより少ないはずです。


ぜひ、今日から
あなたの院の統計をとって、

【あなたの院の真実】

を確かめてみてください。


私は、
巷の統計はウソをつくことも
あると考えていますので、

先ほども言ったように
調査機関が出した統計を鵜呑みにせず、


「これ、ほんとかな??」
「ちょっとおかしいな??」


という直感がしたら、

【自分で調べる】

ということも
非常に大切にしています。


治療院にはじめて
来院される方が多ければ、

あなたの院に来られる患者さんが
もっと潜在的に多いのだと
実感できるでしょう。


私は、

『患者さんはいくらでもいて、
 院を知ってもらい、患者さんに
 通う理由を気づかせられれば、
 集客は簡単である』

とマインドセットしたほうが、
良い結果を生むと確信しています。


少ないパイを取り合う恐怖と
不安の中で行う集客から
ぜひ、卒業してくださいね!


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広


Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨木県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」