クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 工藤謙治

患者さんに媚びる治療家の『裏心理』

77 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、工藤です。


ただいま屋久島のサンクラホテルの
プール沿いでメルマガを書いてます。


昨日、縄文杉コースをガイド付きで
トレッキングしてきたのですが


やはり

未知の分野で大事なのは
『ガイド』

だなと実感しました。


自分が知らない土地、知らない分野は
熟練者、経験者、詳しい人に
答え、距離を聞くことが大事です。


自分の経験値がない場合は、
目的地までの距離が掴めません。


どこが辛いのか


どれくらい時間がかかるのか


どこに落とし穴があるのか



実際に行くと地図やコンパスだけでは
読めないものがたくさんあります。


そこで優秀な『ガイド』が一緒だと
すでに経験豊富なので


どう克服するのか


どれくらい時間がかかるのか


どこに落とし穴があるかなど


詳しく教えてくれます。


また時には励ましてくれたり
ガイドマップにはない楽しみを
教えてくれたりします。


これは山岳ガイドだけではありません。


治療院経営も同じです。


自分が目的とする理想の経営状態まで
優秀な『ガイド』があると
目的達成まで短縮&楽しく辿り着けます。


このメルマガがそのガイドの
役割を果たせるようにいろいろな
ヒントをお届けしてまいります。


はい、では


患者さんに媚びる『裏心理』



の話をします。


治療院として患者教育や
治療計画を提案するうえで


治療家としての立場は
とてもとても重要です。


新規の患者さんに対して
媚びがすこしでもあると、
それが患者さんに見透かされ


リラクゼーションと
同じに見られてしまいます。


先生の患者さんへの深層心理は
患者さんは敏感に感じ取っています。


患者教育、強い求心力のある治療家は


先生の立場 > 患者さんの立場


と先生が医療人としての誇りと
強く健全なリーダーシップのものと
患者さんを導いています。


逆に、、、


2度目来ない、言うことを聞かない場合は


先生の立場 ≦ 患者さんの立場


と無意識になってしまいます。


なぜ、先生の立場が弱くなるのか?
ここに『裏心理』があります。


もちろん院のコンセプトによりますが
先生の立場≦患者さんの立場、
これが媚びを生む原因なのです。


ずばり患者さんへの媚びは
新規集客力のなさが生んでいる。



患者さんの数が少ない



患者さんが減るとぶっちゃけ困る



患者さんを逃したくない



患者さんへの媚びがでる




この裏心理が働きます。


患者さんが少ないとどうしても
逃したくないという思いがでます。



患者さんを逃したくない



患者さんへの媚びがでる



患者さんに2回目以降選ばれない
言うことを聞いてくれない
リラクゼーションと一緒に思われる



リピートが取れない



総患者数がいつも少ない

新規も少ない



取りこぼせない



患者さんを逃したくない



患者さんへの媚びがでる




という悪循環が起きています。


だから解決策として


技術をあげる+
治療を含む患者さんへの価値の増加


と同時に新規を増やす必要があります。


ちょっとイメージしてください。


月に100人以上の新規患者さんが
毎月毎月、電話予約してくる風景。


毎日毎日新規が途絶えません。


先生は患者さんに強気にでられます。


「自分に合わない患者はいらない」


「少しくらい落としても困らない」


と患者さんを治療院側が
選ぶことができます。


だから、その強気な姿勢が
患者さんに対して正しい姿勢を作り
先生としての立場を強化します。


結果、患者さんから見ると


「人気治療院だから言うこと聞こう」


「風格のある先生だな」


「頼りがいがある先生だな」


と映り、結果治療計画通り
来院するようになります。


新規患者数を増やして
それを安定させると
治療家の心に余裕がでるのです。



それがさらに自信につながり、
よい循環が生まれます。



新規患者さんが安定して多い



強気に出る



患者さんを引き付ける



高いリピート率



広告費増、新規増



より多い新規患者数




と、よい循環が起こります。


実は新規患者数を増やして
それを安定させると先生側の
心理が大きく変わってくるのです。


ここが裏心理です。


新規の安定が実は患者さんへの
先生の立場を作っている
1つの大きな原因だったのです。


是非、自分の院の新規数の増加
そして安定を見直してみてください。


心理的な部分が全然違うことに
気が付いていただけるでしょう。



今日の格言

150914_kudo_kakugen

Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」