1ヶ月先まで予約で埋まる●●の活用法


こんにちは、
クドケンの治療院WEB集客
チーフコンサルタント加藤祐規です。

3月になり新卒採用の
シーズンが始まりました。

今年も各地で
黒いリクルートスーツに
身を包んだ学生達が

電車やバスで
いっぱいになる
時期になりましたね。

クドケンでも
積極的に新卒採用
をしていきます。


新卒採用を考えている
先生も一緒に頑張りましょうね。

声のご紹介


まずはこちらの声を
ご覧ください


●●を始めてからずーっと
1ヶ月先まで予約がいっぱいで大変です。

これまでは
新規患者は集まっても、

ほぼ1回で治ってしまうので
リピートが続かずに、
売上などが不安定な状態でした。


そこでクドケンさんが
リピートに効果的と言っていた
●●を10月に導入したところ


すぐに患者さんから電話がきて
予約でいっぱいになりました。



今月も1ヶ月先まで
予約がいっぱいなので、
休みもなくて大変ですが、
頑張ります。


これからも
よろしくお願いします。


リピートに悩んでいたが
●●を初めてから

リピートが安定して
患者さんがいっぱいになった。

という先生のお話を
紹介させていただきました。


では、この先生は

いったい何を導入したことで
悩みの種だったリピート率を
劇的に改善できたのでしょうか…?


本日は特別にその秘密
ご紹介していきたいと思います。


WEB集客ブログ

本日は、

たった1つのことで
1ヶ月先まで
予約が一杯になった
治療院が行ったこと

についてお話します。
DSC_0063-1024x683

その前に・・・

あなたは、

一度治療を受けた患者さんが
治療院にリピートしない原因を
ご存知でしょうか。

WEB集客セミナー
ほとんどの場合、
リピートしない理由は
以下の4つに当てはまります。


1、治療が合わなかった。
  効果を感じられなかった。

残念ながら患者さんの症状と
合わなかったようです。


2、治ってしまったので
  行く必要がなくなった。

おめでとうございます。
患者さんの症状が治り、
無事に卒業できましたね。



3、やむを得ない理由で
  通えなくなった。

通う気は合ったが、
経済的理由や引っ越しなどで
通えなくなった。

患者さんが入院をしてしまった、
亡くなってしまった。



4、治療院の存在を
  忘れてしまった。

効果は感じてたけど、
治療院の存在を忘れた。


以上が患者さんが
リピートをしない理由です。


この中で4が重要です。


なぜ患者さんは忘れるのか

患者さんが
忘れてしまうのにも
理由はあるのですが、

「通うつもりはあったが、
次回以降の予約が合わなくて、
今度決めようと思って忘れてしまった。」

「もしくは、予約をしていたけど
行けなくてしまって、
そのまま気まずくなって・・・。」


というようなパターンです。

忘れられないようにするには

そこでオススメしたいのが
患者さんに連絡をすることです。

その方法として、
ニュースレターという方法があります。

クチコミ ではなぜ、ニュースレターで
患者さんに忘れられなくなり、
リピートにつながるのでしょうか。

治療院のことを思い出してもらう
最適なツール


たとえ一度来た患者さんでも、

必要な時に思い出して貰えなければ
知られていないのと同じです。


そのため
毎月定期的に連絡し
既存の患者さんに
ニュースレターを送ることで

治療院と患者さんとの
コミュニケーションツールとなり

治療院のことを定期的に
思い出していただけるようになります。


思い出してもらえる

=(イコール)

忘れられない。


と、いうことなので、
必要になった時には
思い出してもらえて

再び来院してくれる
ようになりますよ。

ニュースレターの効果

graph_up 今回紹介した
クライアントの先生も、

既存の患者さんに対して
ニュースレターを初めたことで

リピート患者さんも安定し
1ヶ月先まで予約が
いっぱいになりました。



1ヶ月先まで予約が
埋まっているということは
集客の心配がなくなり、

安定した売上の見通しが
立てられるということです。


売上の見通しが立てば
無理して長時間働く必要もなく

家族との時間も増やすことが
できるようになりますよ。

summer_kisei

ニュースレターはどう書けばいいの?

pixta_21764893_S
基本的には
既存の患者さんへ送る
コミュニケーションツールなので、


・健康のための情報
・先生のプロフィール
・季節の事柄
・治療院のこだわり
・新サービス情報
・患者さんの声など


以上のような内容を
A4用紙に印刷して、
お送りするといいですよ。


たとえ治療院のホームページに
先生のプロフィールなどを
書いていたとしても

患者さんは治療が目的なので、
先生のプロフィールや想い、
施術の流れなどは
覚えていないかもしれません。

そこで、
改めてニュースレターで
フォローすることで、
より患者さんの身近な人として
認識してもらいやすくなります。
看護婦

定期的に送り続けることで、
患者さんの健康意識も高まり、
口コミなどにも繋がったりする

だけでなくリピート率も
上がったりしますよ。


ニュースレターに
載せる内容のポイント


患者さんは治療院に
ついているのではなく

先生のことが気に入ってたり
人として信頼できるから
安心できるからといった理由で
施術を受けに来ています。

だからこそ、
先生のプライベートなことや
趣味のこなども載せましょう。

ニュースレターは
患者さんが読みやすいように、

文章だけでなく写真やイラストを
入れることを忘れないでください。
family_big

まとめ


本日は、

1ヶ月先まで
予約で一杯の治療院が
行っている

リピート対策
ニュースレター


について、
お話しました。

WEB集客セミナー

先生もニュースレターを導入して
安定したリピーターの獲得を
行っていきましょう。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

追伸


3/22(水)に
本日ご紹介したニュースレター
の活用方法に関するセミナーを
東京都内で開催します。

参加したい、ご興味のある方は、


「ニュースレターに興味がある」という旨とともに、
以下のHPフォームより、ご連絡ください
http://kudokenn.com/hpradio.html
(↑クリックで開きます)



追々伸


『WEB集客ブログ』では、
随時『WEB集客』の質問を
受け付けております。


クドケンWEBディレクター陣
に直接聞いてみたいことや
取り上げて欲しいテーマなど
ございましたら、


以下の質問受付フォームより
お気軽にご質問下さい。

 ↓↓↓
http://kudokenn.com/hpradio.html
(↑質問受付フォームが開きます)

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック