さいふ空っぽから逆転!ズルい集客法


こんにちは!クドケン
WEB集客コンサルタントの
加藤ユウキです。


いつも真面目に
患者さんを治療して
手技を磨き続けている先生に


今日は、

・財布が空っぽ…
・口座にも数万円しか残ってない…
・いつも今月を乗り切るのでいっぱい…

そんな先生にもできる

売上をアップさせる方法を
お伝えします。

ただし・・・
・財布にお札が入ってる
・貯金もいっばいある
・毎月新規20人、
 売上50万以上で安定してる

という先生には
内緒にしておきたい内容なので、
秘密にしてくださいね。

声のご紹介


今回は東京都で開業している
整体院さまからいただいた
喜びの声をご紹介いたします。

新規12名集客!さらに売上も回復して
今年1番の売上でした!

お世話になります。●●整体院です。

7月のHP集客を報告致します。

PCから4名
スマホから4名
不明4名

計12名です。
CPOが1732円と凄い数字となりました。
何とローコストなのでしょうか(笑)

おかげさまで、当院としては良い数字を
出せました。ありがとうございます。

売上も回復し、今年一番となりました。


油断なく、さらに邁進したいところです。

広告費ももっと使っていいのかと考えてますが
何に、いくら使うのかは考える必要ありますね。

ともあれ、7月はアドバイスを頂いたおかげですから
本当に感謝です!ありがとうございました。


という先生のお話を
紹介させていただきました。

こちらの院は新規が
月2名ほどまで
減ってしまったのですが、

アドバイスの結果
新規12名集客できて、
売上も回復できました。

もし、売上や新規が
減っていて悩んでいる先生は
ぜひクドケンにご相談ください。

※相談へのリンクは追伸に記載します


WEB集客ブログ


本日は第45回

さいふ空っぽでも売上アップ?!

についてお話いたします。


さいふ空っぽでも売上アップ?!

では一体どうやって財布が空っぽだったり
今口座にお金をほとんどない状態で
売上をアップさせることができるのか

ということについてお伝えしていきます。

もしこの方法を見てもやる気がない
「今やっても成功しないなー」
と思っている先生がいるんでしたら

まずはここに書いてある内容を
ご覧の上実際に試してみて下さい。


やる前からできないとか他に例がないから
といった理由でやらないのも、
先生の選択としてはありかもしれません。


ただし今、院の売上が必要だとか
新規をもっと集めたいとか
そんな思いがあるのであれば、

今からお伝えする内容を
ご覧の上、実際に試してみてから、
判断してみてはいかがでしょうか。


ではやり方をお伝えしていきます。
これは大きく2つあります。


まず1つ目
既存の休眠患者さんに電話をする

やることは簡単です。

休眠患者さんに電話をしましょう。

例えばここ1、2ヶ月ほど来院していない
患者さんに電話をしていく。
これがポイントです。

なぜ電話すれば良いのかと言いますと、、、

休眠患者さんはもともと先生の
院に通っていたんですよね。

しかし“ある理由”から通うのを止めてしまった。

この通うのやめてしまった理由として多いのが
「理由があり行きそびれてしまって
 そのまま先生の治療院ことも忘れてしまった」

というものです。

「いやいやそんなまさか忘れないでしょう」
「急に来なくなるとはありえない」
と思ってる先生もいらっしゃるかもしれませんが

実際患者さんは一回、二回ぐらいであれば
何かを理由に通うのを忘れてしまって

これまでの通院していたことも
スケジュールから外れてしまうんですね。


では先生の治療院に

行くのを忘れてしまった患者さんは
どうすればもう一度通ってくれると思いますか?


答えは簡単です。
先生から通うきっかけを
与えてあげれば良いんです。


ただし注意頂きたいのは
闇雲に電話をして、
「早く治療院に来ましょう。」
「なぜ来なくなったんですか。」
など営業するのはやめましょう。

こんな電話は誰も受けたくないですよね。


どういう風に電話すれば良いのか


「もしもしクドケン治療院です。
 ○○さん最近、来院してませんが、
 お体の調子はどうですか。」

相手のことを心配していることを伝えましょう。


患者さんの中には治ったので
通わなくなった方もいます。


その方に向けては、
「治って良かったですね。
 ○○さんの周りで、肩や腰の痛みや
 同じような症状で悩んでる人はいませんか。
 もし居るなら、ぜひ当院を教えてあげてください。」

とお伝えするだけでいいです。


なぜなら患者さんは実際に治療を体験して、
そして体が良くなってるんですね。
これって凄い感動的な事なんですよ。

そんな状態の患者さんは
先生から“きっかけ”を与えれば
周りで同じような症状に悩んでる人に
○○院の先生は、直してくれたよって
口コミをしてくれます。


そして口コミが広まって患者さんが増えていき
地域に貢献できるようになっていきます。



まだ痛みや不調が残ってる患者さんの場合は

「期間が空いたので、また不調があるんですね。
 じゃあせっかくなんで以前のように
 ○○さんの体また診させてください。

 今週、来週で都合のいい日はいつがありますか。」


このように伝えるだけで、次の予約が取りやすくなります。

このように患者さんが来なくなるのは
「一度行くのを忘れてしまってとか」
「別の用事行けなくて治療に通いにくくなってしまった。」
という状態なので、あくまで売り込まず

「また体を診させて下さい」って言うことで
先生が心配してくれていることが伝わります。


しかも患者さんにとっては、
わざわざ先生が電話をしてきてくれて
そして体の心配をしてくれている。

それで嫌な気持ちにはなりませんよね。

是非まず最初にやる事としては

休眠患者さん、来院しなくなった患者さんに
順番に電話でアタックしていくことです。



電話が嫌な先生もいるかもしれません。。。
ただこれをやるかどうかで

もう一度先生のことを知っている
既存患者さんを休眠状態から復活させて
また通ってもらえるようにできるですよ。


これって新規患者さんを集めるよりも
かなり費用対効果方法です。


本当に困ってる先生であれば
この方法は必ず試してください。


もちろん1日で全部電話しろとか言いません。

空き時間があるようであればその時間帯には
まず3人に電話してみようとか
1時間で5人に電話してみよう
1日に10件ずつ電話してみよう。

そういう風に試していけば
電話って慣れてきますので
ぜひ患者さんに連絡をしていきましょう。



2つ目の方法
治療院のチラシを手配りをするというものです。

例えば治療院の空き時間に
治療院前もしくは駅前
人通りの多い所に行って



「こんにちは○○院です、
 肩こりや腰痛の治療やっています」



って言いながら、チラシを手配りしましょう。

よく街頭でポケットティッシュを
配っていたりますよね。
それと一緒です。

ぜひ先生もチラシを配って
地域の人たちに治療院を
アピールしましょう。

といっても、、、
チラシ配りをするのは
かなり勇気がいりますよね。

そしてあまり
やりたくない事だと思います。


チラシを配っても
もちろん受け取ってもらえない
ことも多くあります。

普段、先生も必ず配られているのを
全部受け取ることはありませんよね。

その中でも、もし自分が丁度
求めている内容のチラシを見たら
受け取りますよね。

それと一緒でその地域で住んでいる
肩こり腰痛に悩んでいる人はいないのかな
という風に探してみましょう。


患者さんは治療院の中にいても
見つかりませんよね。


やっぱり先生自身も
実際に店舗のあるなる地域に
飛び出してみる必要があります。

ではなぜ今更これを
やる必要があるのかと言いますと

先生は治療院オープンしてから
何年も経っているかもしれません

最後にチラシを配ったのは、いつでしょうか。

オープン時にしかポスティングをしていない
という先生が7~8割ぐらいいらっしゃいました。



オープン当初にやっていたとしても
なぜか今ではチラシを配るなど宣伝をして
地域の患者さんに院を知ってもらうことを
やらない先生が非常に多いです。


もちろん先生の中でも
繁盛している治療院の先生や
口コミだけで患者さんが
集まってる治療院もあるかと思います。

ただそれはごく一部なんですね。

今では治療院はコンビニの3倍以上、
日本に存在するとも言われています。


その中から患者さんに見つけてもらうのって
とても難しいですね。



加藤も家の近所に
治療院があるのを知らなかった


実際私もそうだったんですが、調べてみると
家の近所に意外と治療院があるなと感じました。

クドケンに入社するまでは、
たくさんの治療院が私の家の近くに
あることは知りませんでした。

最初は2件しか知りませんでした

最初から知っていたのは、
駅前にある2店舗だけでした。

それが実際にクドケンに入社しから
「家の近所にはどれくらい治療院があるのかな」と
インターネットを使って調べたり、
近所を散歩して探したんですよ。

調べると7件ありました

家の裏側に整骨院が2店舗ありました。
家から駅までの道のりに2件、
そして駅前には3店舗ありました。

全く気づいていませんでしたが、
私の家の近くには全部で整骨院・接骨院が5件、
鍼灸院が1件、あんまマッサージが1件ありました。

このように実際に住んでいる場所なのに、
私は今まで一度もチラシを配ってる
治療院を見たことがありません。




それはなぜか。


やっぱり先生方は治療院をオープンしてから
知慮院の前でチラシを配ったり、

駅前とかでチラシを配ってアピールする
っていうことやっていないんですよ。

私今の家に引っ越してから
だいたい5年ぐらい経ってはいるんですが

本当に近所にある
接骨院、整骨院と整体院とか鍼灸院とか

治療院系のチラシは
今まで一度も見たことありません。


ポストに入っていることもありませんでした。

ということはもし先生の地域で

・ポスティングや折り込みでチラシが配られていない
・手配りでチラシを配っている先生を見たことがない

と言う場合は先生の存在を近所に住む
多くの人に知ってもらえるチャンスなんですよ。

だって周りがやっていないから先生がやれば
チラシを配った集客方法では独占できます。


是非試してみて下さい。

チラシの基準はどれくらい?


にチラシはポスティングで配った場合は
1000枚1人来ればいい方だと言われています。

手配りですともうちょっと確率がよくて
100枚配れば1人は来ると言われています。

配る時の不安は、
何枚渡せば、結果につながるのか
この基準が分からないからだと思います。

今、基準をお伝えしましたので、

「100枚配ったから1人来るぞ!」

というモチベーションにも繋げやすくなります。

ぜひ、試してみて下さい。



まとめ

以上、2つ
お金をあまりかけずに真似できて
集客や売上に繋げる方法を
お伝えいたしました。

もう一度復習します。

まず1つ目
休眠患者さんに電話をかける

2つ目
治療院前や駅前など人が集まるところで
チラシを配る宣伝する


これらを試してみてはいかがでしょうか。


注意点としては、治療院の状態によって
どれが一番効果的なのかも
変わってくるというところです。

既存患者さんが少ない場合は
電話するよりも、チラシを配って
新規を集めるほうが効果的だったりします。


是非のこの注意点を踏まえた上で
試してみて下さい。



今回は普段と違いホームページが
中心の内容ではないんですが

最近のお問い合わせや相談の内容から、
多くの先生に必要だと感じましたので

新規集客そして、
患者さんのフォローアップ
情報を絞ってお伝えいたしました。


今週から来週のお盆の方も多いと思いますので
自分の院はちゃんと出来ているのか、
是非そこから集客を見直してみてはいかがでしょうか



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

本日の内容が少しでも
お役に立てば幸いです。


追伸

ホームページや集客について、
もっと知りたい、教えて欲しい
気になることがある先生は、

以下の質問受付フォームより
お気軽にご質問下さい。

 ↓↓↓

http://kudokenn.com/hpradio.html
(HP診断お問い合せフォームが開きます)

あなたに合った内容を
弊社ディレクター陣が
お答えさせていだきます。

今のホームページが
リース契約や作ったばかりで
すぐに変更できないとしても

ホームページ生かすための
WEBコンサルティング
のサービスもありますよ。
↓↓↓
http://kudokenn.com/hpradio.html

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック