クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 古山正太

繁盛院作りの秘伝は『一○○○』

956 Views



こんにちは。

クドケン取締役の古山です。


本日は、
『繁盛院作りの秘伝は『一○○○』』
というテーマでお送りします。


『』の中には
ある四文字熟語が入ります。


どちらも漢数字の『一』から
始まる四文字熟語です。


そして、繁盛院作りの秘伝となる
四文字熟語は一つではありません。


私が考えるに、二つあります…


—————————————–


数か月前から
ビジネス読書会を
開催しています。


講師は私。


さらに、某監査法人でお勤めの
スーパーサラリーマンであり、

なぜか100本くらい
とっても長いLPや
セールスレターを書いている
45歳の紳士。


2人で講師をしています。


そんな二人が開催する
ビジネス読書会は手前味噌ですが
今夜も大いに盛り上がりました。


本日のビジネス読書会で
使用した本はあのクドケン代表工藤が
穴が開くほど読んだ本。(だったと思います)


というわけで、
ビジネスに携わっていない
人が書いたような…


大した実績も無いのに
出版されちゃった
なんちゃって本のような…


机上の空論ではない、
極めて実践的な
ビジネス書でした。


その本の一節に
大量行動の原則というものが
登場します。


それを見た共同講師である紳士は


「昔、H名人の講演会を主宰したとき、
 集客のアイディアが39個沸いたんです。」

「私はそれを39個全部一気にやりました。」

「あれがないと上手く行かなかったと思います。」


このように、
考え付いた集客のアイディアを
順番に一つずつやったのではなく、
39個一気に全部やったのです。


その昔、私が伸び悩んでいた時のことです。


どうしたらビジネスが軌道に乗るのかと
師であるI氏に尋ねたところ


「やれることをやるだけだよ」

「優先順位を付けて順番に
 やるのではなく、一気に全部やるの」


という答えが返ってきたのです。


ここからが重要です。


四文字熟語の答えは
『一気呵成(いっきかせい)』です。


もし、繁盛院をお作りになりたいのなら…


あるいは、キビシイ状況を
今すぐなんとかしたいのなら…


先生の頭の中にある
集客や売上アップの
アイディアを一気呵成に
やっちゃいませんか?


一気呵成にやるとどれかがダメでも
どれかが当たる確率が高まります。


施策を1つずつしていって
1つ目から当たれば良いですが、
当たらなければ
精神衛生的にも良くないです。


ビジネスの基本は
『一喜一憂しないこと』。


そのためにも、
一気呵成に施策を打って
望む成果を得る確率を高めましょう。


ただし、注意点があります。


どの施策で患者さんが
来院したのかなどを
必ず確認してください。


例えば、


・電話予約の際に聴く

・ネット予約のフォームに
 「どちらをご覧になりましたか?」
 という項目を用意する


こうしなければ、
何が効果があったのか
分からないからです。


効果があったものが分かれば
効果があったものへの投資を増やす。


効果がないことが判明したら
止める又はプロに頼んででも
強化する…


こんな風に、打ち手を
強化していくことができますよ!


繁盛院作りのポイントは

1:施策は『一気呵成』に!
2;結果に『一喜一憂』しない!

ということでした。


最後までご覧いただき
ありがとうございました。


古山正太



追伸


もし先生が、
短時間の施術でより多くの価値を
患者さんにお渡ししたいと思われるなら…


たった5分の施術で
五十肩、腰痛、頚椎症を改善して
さらには痩身まで一気呵成に実現してしまう

この手技テクニックを
無料で試してみてはいかがでしょうか?


痛みを取りながら美容効果まで…
女性患者さんが喜ぶこと
間違いなしのゴッドハンドの技術です。

 ↓↓↓
※5月22日(火)までの無料プレゼント

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」