クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 治療院経営のヒント

問題児スタッフを抱える院長の”2つ”の間違い

22 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple社のiTunesポッドキャスト
『クドケン治療院経営のヒント』
第119回をお送りします。

 

第119回目は日本を代表する治療院コンサルタントの
田村剛志先生をお招きしてお届けいたします。

治療院経営のヒント『第119回』

今回の質問は、“スタッフの指導法“についてです。
先生から頂いたご質問は以下の内容になります。

 

院長スタッフ3人の
整骨院を経営しています。

同じ時期に採用した3人のスタッフに
自費メニューの予約率や
個人売上に顕著な差が見られます。

スタッフひとりひとりが
保険診療の患者さんに対し、
抵抗なく自費メニューを
進められるようにするには

どのような指導をすれば
よろしいでしょうか?

 

頂いた質問に対して田村先生はどのような”ヒント”を提示するのか?

音声内容の一部をご紹介すると…

✅問題児スタッフを抱える院長の”2つ”の間違いとは?

✅なぜ、スタッフ同士で差がでるのか?それは能力ではありません。実は… 

✅自費メニューの予約率が決まる”ある”タイミングとは?

✅「データは”結果”をとらないでください。」〇〇のデータをとると優秀なスタッフが育ちます。

 

などなど、経営に役立つヒントを対談音声の形式で回答しております。

 

↓第119回の音声はこちら↓

・通常倍速(5分40秒)


・1.5倍速(3分47秒)


 

※ヘッドフォン側の音量設定によっては音が大きく
 聞こえる場合がありますので、音量にはご注意ください。

『経営のヒントのポッドキャストページ』

podcast※アイポッド・アイフォンにダウンロードして、

 いつでもどこでも好きな時に再生することが出来ます。

音声を通じて先生の経営相談にのります

毎週金曜日配信のクドケン治療院経営のヒントでは、
随時、工藤への質問を受け付けております。

工藤に直接聞いてみたいことや取り上げて欲しいテーマなど
以下のURLの質問受付フォームよりお気軽にご質問下さい。

btn_01_on

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」