クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 根本隆広

“紀州のドンファン”から学ぶ問診術

798 Views

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


“紀州のドンファン事件”

その真相が、あなたも気になって
しまっていると思いますが、、、


彼の生き方の是非はさておき。


おそらく彼のすごいところは、
お金、権力などを使って、女性に対し、

【その気にさせる技術】

なのではないでしょうか。


これは、あなたが日々、
治療院で行っている初診においても

“とても大切なスキル”

なのです。


あなたが長年かけて磨いてきた
治療技術を最大限、活かすために

『患者さんを◯◯した気にさせる技術』

をすぐに身につければ、鬼に金棒です。


もし、あなたが回数券、
プリペイドカードを使っていたら、

私のクライアントさんのように
21名の新規に対し、17名購入という
素晴らしい結果を出すことも可能なのです。


本日は、その真相を
お話ししていますので、
ぜひチェックしてみて下さい。

 ↓↓↓

『”紀州のドンファン”から学ぶ問診術』

・通常速度(5分50秒)


・1.5倍速度(3分53秒)


※クリックすると音声が流れます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



よくこのメルマガでも
お伝えしていることですが、、、

“繁盛院は初診がすべて”

といっても過言ではないと
私は考えています。


その初診、あなたは
どのくらい時間をかけて
やっていますか?


おそらく、一時間ほどかけて
やっていらっしゃる先生が
多いと思うんですね。


問診、検査と説明して、
施術を行い、
最後に予約を取って…

という流れで組み立ている
先生が多いことでしょう。


ここで一度しっかりと
意識して欲しいことがあります。


それは、施術前の
問診や検査、説明の目的を
ハッキリとさせることです。


患者さんによっては、

問診とかそういうのはいいから
施術をしてくれと

思っている方もちらほら
いらっしゃいますよね。


しかし、大切なことは
施術前にどれだけ先生と
その院の魅力をお伝えできるかです。


施術前にいかに
治った気にさせるか、ですね。


施術前に先生側の
自信が伝わることによって、

「ここに通おう」

とある程度
決めてもらえるからです。


なので、それを目的にして
問診や検査、説明を
組み立ててほしいんですね。


やってしまいがちなのが、
決まりきった流れで
みんなと同じような問診と説明で
一方的にやってしまうことです。


これ、
すごくもったいないなと
思うんですね。


今、患者さんというのは
すごく忙しいですし、

少しでも良くなれば
院の存在を忘れてなかなか
院に通えない状況を
作り出してしまいます。


もし先生が、回数券や
プリペイドカードを導入しているなら、

いかにそれを初診で
手に取ってもらえるかという意識で
施術前に勝負をかけていく。


そこから施術で変化を出し、
クロージングに繋げることで
折角来た患者さんの
取りこぼしがなくなっていきます。


そして治療院が
繁栄していくという
流れになっていきます。


ぜひ、先生の初診を
もう一度振り返ってみて、

「ここに通う」

と決めてもらえる内容に
なっているか確認してみてください。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広



追伸



「すごい…!」

と、施術で患者さんに
思わせたい先生は、

本日まで公開されている
コチラのゴッドハンド先生の
手技をご覧になってみてください。


先生の手技の常識が
ひっくり返されるかもしれません。

 ↓↓↓
※本日23:59までの限定公開

 
 
 
 
 

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」