37,800円で学んだ『掃除』と『治療院』の不思議な関係


こんにちは、工藤です。

先日とある中小企業経営者向け

セミナーに参加した時のことを

本日はシェアしたいと思います。

37,800円のセミナーでしたが

治療院にもかなり当てはまりました。

以前から思っていた繁盛治療院と

うまくいかない治療院の共通点を

環境設備という視点で解説します。

まず、環境設備って

何かわかりますか?

環境を設備?整備?なに?

僕もそんな感じでした。

===========================

端的にいうと働く環境を

整理整頓。掃除を徹底し現場の

意識を変えていくこと。

===========================

やはりうまくいっている治療院は

気が付くと掃除がきれいであり

院内が整理整頓されていて

明るく整ったイメージがあります。

うまくいっていない治療院は

院内空間の細部まで気が回らないのか

表面的にはきれいなんですが、

統一感がなく雑然としたイメージです。

このセミナーでは掃除を徹底する大事さ

整理 = いらないもの区別し捨てる

整頓 = 秩序だてて配置 並べる

がなぜ中小企業に大切なのかを

語っていただきました。

今回の講師、小山昇さんの会社では

社員に毎朝掃除、整理整頓を

徹底的にするそうです。

そうすることで日々の業務や

お客様とのやり取りの中で

『気付き』が起こるようになり

率先して改善できるようになるそうです。

多くの治療院さんでも

当然毎日掃除はしています。

正確には”しているつもり”です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

掃除をしていない治療院はないです。

けど、掃除の程度には差があります。

当然、繁盛治療院はきれいで

掃除が行き届き、

物は整理整頓されています。

逆にうまくいかない治療院は

掃除が雑で隅々をよく見ると

埃がたまっていたり、

汚れや手垢が目立ちます。

例えば、壁の汚れ、施術ベッド

カーテン、玄関の端っこの綿埃

施術着(白衣)ガラスの隅、

などなどやはり荒いのです。

でも、ここからが大事。

この汚れや埃に気が付かないのです。

そう気が付けないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚れやゴミ、雑然としていることに

本人やスタッフさんが気付かない。

でも、患者さんが気が付いています。

または感性で感じ取っています。

空間だけじゃありませんよ。

先生、スタッフさんのの

髪型、服装、スリッパなども

自然と伝わっています。

特に女性の患者さんは

感性が男性より鋭いので

ちょっとした変化や乱れを

敏感に感じ取っています。

「なんかこの治療院は

 雑然としていて清潔感がない」

「なんとなく不快な空間に感じる」

なと肌で感じ取っています。

もっともわかりやすい場所は

トイレです。

僕も治療院や飲食店などに

リサーチをかねていくときは

なるべくトイレを借ります。

トイレ掃除は特に差がでます。

繁盛している治療院も

飲食業界も同じです。

やはり、気が行き届いている所は

トイレが隅々まできれいです。

掃除する用具まできれいであり

整理整頓されています。

逆にいまいちだなと思うところは

トイレがきれいではありません。

当然表面的にはきれいですよ。

ただ、裏側とか隅っことか

掃除用具まで気が回っていません。

こういう院やお店はスタッフの

対応も雑なことがほとんど。

掃除や整理整頓に配慮ができないと

やはり対人コミュニケーションにも

きちんと現れます。

以前、コンサル先の先生に

「トイレが汚い」

と注意したことがあります。

でも先生は毎日掃除していると

言い切ります。

建物が古いから見栄えは

多少きれいじゃないけど

掃除はきちんとしていると言います。

その先生から見るとキレイ

でも僕から見るとキレイじゃない

当然、この治療院は経営に困っています。

ディズニーランドに行けばわかります。

シーじゃなくてランドです。

もうかなり建物は古いですし

毎日多くのお客さんが

汚しているはずです。

建物も老朽化している場所もあります。

でも、いつどこのトイレを使っても

キレイで整理整頓されています。

ディズニーは繁盛していますし

キャストさんもとても気がききますし、

細かなことに気が付いてくれます。

トイレ、掃除、整理整頓

治療院経営

関係ないように見えますが

入ってくる患者さんは感じています。

また、働いているスタッフも

掃除への気構えが変わると

小さなことに気が付けるように

徐々になってきます。

働く側も自分たちがキレイにして

整理整頓している空間で働けば

意識が変わってきます。

身支度をしっかり整え、

キレイな施術着、

整えた髪、

キレイなマスク、

キレイな手、

キレイなスリッパ、

キレイなズボン、

キレイなベッド、

キレイなタオル、

で施術すれば気分も変わります。

患者さんへの接し方も

自然と変わっていきます。

だから掃除と環境整備は治療院にも

とても大事なのです。

このセミナーは小山昇という

中小企業向けの経営塾をやっている

方のセミナーでした。

書籍も出ているので

もし興味があれば読んでみるといいです。

「朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる」

⇒ http://goo.gl/ETmdLq

自分が徹底的に配慮して

気を使うことで自分の感性の

レベルが上がります。

この感性のレベルは

施術だけではいけないのです。

患者さんの体の微妙な変化や

不調を見極めるのが治療家です。

さらによい治療院経営者として

空間や自分の姿、患者さんの意識へ

配慮し、気付けるようになってください。

治療院経営における

すべての感性において

患者さんの上を目指してください。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック