【音声解説】ディズニーの”儲け”の裏側と加速成長 


こんにちは、工藤です。



本日は、ディズニーランドの
利益とスタッフの育成力
について
解説していきたいと思います。


ひとり先生には自分の成長に、
スタッフを雇っている先生には
スタッフの育成に
役立つ内容だと思います。



本日の音声はこちら


「ディズニーの”儲け”の裏側と加速成長」

・通常速度(5分17秒)


・1.5倍速度(3分31秒)


※クリックすると音声が流れます。



先日、かなり久しぶりに
ディズニーランドに
行ってきました。


先生はディズニーランドに
行ったことがありますか?


ランド内のスタッフ一人ひとりが
ホスピタリティがあって
笑顔で気持よく仕事しています。


アルバイトのスタッフでも
一流ホテルのスタッフと
遜色ない対応をすると
言われることがあるくらいです。


ここでのポイントは、
この一流の配慮を行う
アルバイトスタッフの
時給が恐ろしく低いことです。


インターネットで
「ディズニー 時給」
などで検索すると
募集ページが出てきます。


だいたい1000円/1時間が
基本のようです。


この時給は、
都内のファミレススタッフより
安い時給です。


いきなりですが、ここで
先生に問題を出したいと思います。



<問題>

なぜこんなに安い時給で
これだけ評判の良い
高いクオリティのスタッフを
ディズニーは量産できるのか?




気になる先生も多いと思うので
早速回答します。



<回答>

強く細かいマニュアルの存在
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




「でたっ!マニュアルかよ!」

と思いませんでしたか?


そうです、ディスニーの利益は



夢を与えるコンテンツ、商品

 +

人件費を安く抑える育成力
(強力なマニュアルと育成法)




にあるのです。


どんな人材でも、安時給でも、
マニュアル通り育成すれば、

一流ホテルのスタッフに
負けず劣らずのスタッフに
短期間で成長します。


短期間がキーワードです。


つまり、


ディズニーの強みは、
時給が安いからといって
キャストにやめられても


すぐに優秀なキャストを
育成できるところにあります。



マニュアルによる短期育成力

 ↓

人件費の削減

 +

高いクオリティの維持




実はディズニーの収益は
ミッキーマウスなどの
コンテンツ以外に、


高く効率化された
強い組織力による人件費の圧縮に
秘密があったのです。


この育成力を治療院に
導入することができれば、



1,人件費を抑えることができる

2,同じ給料でもスタッフの
  クオリティが劇的にあがる

3,人事評価がしやすくなる
  (給料でもめることがなくなる)

4,人材育成のストレスがなくなる
  (手間、時間)
 
5,やめられても困らなくなる




こんなメリットがうまれます。


施術スタッフも
受付スタッフも同じです。


強力なマニュアルと指導力を
持つことで

早い期間でスタッフを
育成、成長させることができ
先生自身も成長することができます。


僕の知り合いにいる
月商200万円弱の先生は
ひとり治療院なので
スタッフはいませんが、


自分のトークマニュアルと
理想の行動マニュアルを作りました。


ひとりしかいないのに
マニュアルを作るのは
めんどくさいし、バカバカしいと
最初は思っていたそうです。


でも、やってみると自分のアラが
次々と見つかり、改善点が
山のように見えてきたそうです。


そして、自分の至らないポイント
悪い時のポイント、悪い癖を見つけ
チェックするマニュアルを作り
それに沿って行動しました。


その結果、
患者さんの満足度は飛躍的に上がり、


50万円前後の売上は1年半後に
150万円を超えるようになりました。

マニュアルは
スタッフのためだけではなく、
先生自身にとっても目指すべき
指針に成りうるのです。


ひとり先生の場合は
自分自身のマニュアルを
見直して頂き、


スタッフを雇っているならば
育成マニュアルを徹底して
見直してみてください。


確かに、マニュアルはめんどくさい。


でも、長期間で見れば
やはりマニュアルは効果的です。


良いマニュアルは最高の師匠です。


世の中の成長する大企業の多くが
成長や育生に多大なる力を
注いでおり、そこにはやはり
強い育成マニュアルがあります。


治療院も同じです。

強いマニュアルを完成させ
改善させていくことができれば
その治療院は勝手に成長します。


逆にマニュアルがなくて、



「見て盗め」

「見ればわかるだろ!」




といった感覚で指導する治療院は
いつまでたっても同じミスをします。


そして育成に疲れ果ててしまいます。


✅問診
✅鑑別、検査
✅施術
✅お会計


全てにマニュアルを作りましょう。


感覚的なものでも、
ベースとなる基本、
基軸となるものは
必ずあります。


マニュアルを作るときに
自分のすべてを棚卸しするので
それだけでも、ものすごく
自分の改善点に気付きます。



「もっともっと成長できる!」

「改善すれば患者さんはもっと
 喜んでくれるはず!」




そんな実感が
湧き上がってくることでしょう。


ということで、ひとり先生も
スタッフをたくさん抱える先生も
マニュアルを再度考えてみるのも
良いと思いますよ。


クドケングループも育成マニュアルを
しっかりと見直し、改善しています。


時間が経てば経つほど
マニュアルを導入している院と
差が開いていきますので、
早めに手を打ちましょう。


マニュアルが全く無い先生は
そういった教材を買ったり、
セミナーに行ってお手本となる
治療院を見つけてください。


そういう意識を持つだけでも
学ぶ姿勢が変わってきたり
自分自身の成長力も向上します。


騙されたと思ってぜひぜひ
マニュアルを作成してみてくださいね。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


今日の格言


20160801_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック