あのRIZ●Pも使ってる『初回来院率アップの秘策』


こんにちは、
クドケンの治療院WEB集客
チーフコンサルタント加藤祐規です。

本日も治療院集客に
役立つ情報をお届けします。



まずはクライアントからの
声をご覧ください


「少ない時で20名、
 多い時で30名くらい
 新規獲得できるように
 なりました」


お世話になってます。

先日は、更新ありがとうございました。

最後の文で、WEB集客についての
ご連絡頂いたのに、返信もしてなくて
すみませんでした。

ここ半年の新規さんの傾向としては、
●●が半数くらい来ていただいてます。

来院数ですが、
少ない時で、20名
多い時で、30名くらいです


クドケン様のおかげで、
普通の生活を送ることができています。
有難うございます。

引き続き、宜しくお願いします。



ホームページから
毎月20~30人の新規を獲得して
集客の不安がなくなり、
安心して生活できている。


という先生のお話を
紹介させていただきました。


WEB集客ブログ


本日は、

かんたんに初回来院の
“不安”を取り除く方法

についてお話します。

初めてのところは不安だらけ


いきなりですが
想像してみて下さい。


先生は歯が痛くなってしまい、
近くにある歯医者さんに
初めていくことになりました。

その時、何の不安もなく
歯医者さんに行けますか?


多くの方は、大なり小なり
不安を抱えていると思います。


一般的に、初めていく時は、

「どんな先生がいるのか」
「ちゃんと歯が治るのか」
「何を質問されるのか」など

色々なことが分からないので、
恐怖や不安を感じると言われています。


私も未だに、初めての
歯医者さんや美容院に行くときは

「ちゃんと良くなるのか」
「お店の場所はココで合ってるか」
「どんな人がいるんだろうか」
「私は場違いじゃないか」
「予約した日・時間はあっているか」
「支払う価格以上の価値はあるか」

など不安がいっぱいです。


これらは見込み患者さんが
先生の治療院に
初めて行く時も感じることです。

「実際、受けてみて
 痛みがとれなかったらどうしよう…」

「高額な治療だから絶対に
 失敗したくない…」

「ここで自分の症状が
 本当に良くなるかな…」



新規患者さんは、
常にこのような心理状態で
治療院を比較して選びます。


既存患者さんの場合は
一度、施術を受けていて、
スタッフのことも知っているので

2回目の来院に対する
ハードルはかなり下がっています。


しかし、新規患者さんにとっては、
初めていくところなので

潜在的な不安を
拭いきれない状態です。

そんな時に不安を解消して
来院の後押しする方法が
リスクリバーサルです。



リスクリバーサル


リスクリバーサルって言葉を
先生は聞いたことありますか。


マーケティングで
使われている用語ですが、

日本語になおすと、、、

・リスク(危険)
・リバーサル(逆転)


そのままつなげると、
危険を逆転させる。

つまり、

顧客が追うべき
リスク(危険)を

リバーサル(逆転)して
販売側が負うというものです。


代表的な手法として
「返金保証」
イメージすると
わかりやすいと思います。


リスクリバーサルで、
商品・サービスを
購入する際の顧客の不安を

販売側が「保証」として
引き受けるのです。


巷でよく見る例


実際にどんなものがあるか、
見てみましょう。


▼RIZAP
「30日間全額返金保証制度」

RIZAPより引用



▼ミシュランタイヤ
「実際に使ってみて、
 満足頂けなければ全額返金」

ミシュランタイヤより引用



▼TVショッピング
「安心の39日間返品保証」

▼美容院
「ヘアスタイルが気になる場合
14日間以内なら無料でお直しします。」

ダイエットや美容系では
よく目にすると思います。



これらを取り入れることで、


「実際に使ってみて
 効果なかったらどうしよう・・・」

という不安を取り除くことが出来ます。



治療院での取り入れ方


数年前までは、「返金保証」などを
行っている治療院などは
かなり少なかったですが、

現在では、クドケン店舗も含め、
実際にこの手法を取り入れている院も
数多くあります。


新規患者さんの中には


「治療院に行くのが初めて」

「他院で効果がなかったので、
 また効果がなかったらどうしよう」

という不安を抱えている方のために、
このリスクリバーサルを
治療院に取り入れることで、

見込み患者さんからの
成約率が飛躍的にアップします。


実際にクドケンの店舗や
クライアントさんの店舗でも
リスクリバーサルを取り入れています。


具体的には、


「初めての方に安心サポート
 安心の全額返金保証制度つき」

「施術結果にご満足頂けなければ、
 全額返金いたします」

「もし、当院の施術を受けて
 痛みが改善されなければ、
 施術費を全額返金いたします」


といった具合に効果や品質を
保証するものです。


患者さんの不安を取り除く


「最悪失敗しても
 返金してもらえるから…」

と、迷いが薄れるので、
新規患者さんも施術を
受けやすくなります。

こうすると、
初回の壁をぐーーーっと
下げることが出来ますよ。


先生の施術や手技に関しては、
正直。受けてみないことには、
善し悪しがわかりません。

実際に受けてみて
初めて効果が実感できます。


効果があるようであれば、
患者さんは繰り返し、
リピートしてくれます。


「一度体験してもらえば良さが分かる」

といつも言ってる、
腕に自信のある先生には
特に相性がいい方法ですね。

保証は買わない理由を
取り除くために付けるものなので、
患者さんが「一度体験」しに
来てもらいやすくなります。


保証を付けるのは
施術に対する自信を
みせてることにもなるので、
やってみる価値は高いですよ!


返金が殺到しないのか?


実際にクライアントさんに
返金保証などの
リスクリバーサルを提案すると、

「制度を取り入れて
 返金ばっかりされたら困る」

ということを不安に思う先生も
いらっしゃいました。

正直申し上げると、

また日本人の性格的に
使用する人は少ないです。


よっぽど患者さんの症状や悩みと
先生の施術内容にズレがなければ
使う人はいないと思います。


有名な治療院コンサルタントも
今まで1件も使用されたところはない
と、話していました。



もし仮に1日10人が来院して、
その内の1人が使用したとしても
9人は普通に施術したことになります。


ここで返金保証をしないことで
1日3人しか来院しないという
状況ならならば、絶対に
取り入れるべきです。

注意

何でもかんでも
返金保証をつければ
良いわけではありません。


毎回毎回返金保証があると、
どんだけ不安なんだろう?
自信が無いんだろう?と
患者さんも不安になってしまいます。


過剰な保証はしないようにしましょう。



先生の施術で、患者さんに
一定の施術効果を出せるのは大前提です。



景品表示法の注意

 返金に応じる条件の明確な表示が必要です。

【景品表示法より一部抜粋】
景品表示法第5条第2号は、事業者が、自己の供給する商品・サービスの取引において、価格その他の取引条件について、一般消費者に対し、

(1)実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの
(2)競争事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの
であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示を禁止しています(有利誤認表示の禁止)。



ここで大切なのは、
「全額返金保証」などの文言が
有利誤認とならないように、

実際に返金に応じるときの条件
(具体的内容・範囲)を

正確に分かりやすく
表示しておく必要があります。


法律で細かく、条件の書き方を
指示されているわけではないですが、

無茶苦茶な条件を設定してしまえば、
患者さんからクレームが入ったり、
消費者庁に連絡される事態になりかねません。



もし景品表示法に違反していると、
消費者庁などから注意や指導が入りますので、
取り入れる際は注意してください。


実際に治療院に取り入れる際の説明例

「もし、当院の施術を受けて
 痛みが改善されなければ、
 施術費を全額返金いたします」



※注意事項※
返金保証制度は初回施術のみ適応です。

返金制度を不満によりご利用された方は
過去数名ですがいらっしゃいます。

当院の施術は自信をもって多くの方に
ご満足いく結果を提供しておりますが、
その日の体調や、症状の状態によっては
効果を感じされない患者様も
実際にいらっしゃいます。

もし、当院の施術にご満足、
ご納得いただけなかった場合は

施術終了後、二日以内に
以下のアドレスに遠慮なくご連絡ください。
xxxxxx@mail-address.test.com

銀行振込にて5営業日以内に
すべてお振込させていただきます。

なお振込名義は
「クドケンチリョウイン」
と刻字されます。

振込完了通知は配信しておりませんので
ご自身でご確認のほどよろしくお願いします。




まとめ


本日は、

かんたんに初回来院の
“不安”を取り除く方法


について、お話しました。


新規患者さんが
治療院に来院しやすいように
リスクリバーサルという方法で

治療に関する不安を解消し
来院しやすくしていきましょう。



また基本的に、
よほど気になる接客や施術でない限り、
返金はあまりないようです。


仮に返金希望があったとしても、
返金される患者さんと接触できれば、

具体的にどんな点が
良くなかったのか
聞くこともできますので、

今後のサービスにも活用できます。



またその際、誠実な対応を
することで関係を再構築して、
また来院してもらうことも可能です。

患者さんにも治療院にも
Win-Winの関係が築けますよ。



初めて訪れる患者さんが
来院しやすくなるだけでなく、

施術やサービス向上の
きっかけも見つけられる
リスクリバーサル。


もし、新規患者さんの集客で
お悩みでしたら、

一度この制度を活用してみるのも
お勧めです。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


追伸

※参考情報元※

景品表示法
 ┗ 有利誤認とは
http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuri.html


追々伸


クドケンでは、
ホームページ集客についての
相談を受け付けております。

「営業を受けて契約するか迷ってるけど、
 本当に依頼していいのかな・・・」

「今、お願いしている業者さんは
 集客に繋がるのかな」

「ホームページはあるけど、
 いっこうに成果を感じられない」


など、気になることがある先生は、

以下の質問受付フォームより

お気軽にご質問下さい。

 ↓↓↓

http://kudokenn.com/hpradio.html
(HP診断お問い合せフォームが開きます)

あなたに合った内容を
弊社ディレクター陣が
お答えさせていだきます。

今あるホームページ生かす
WEBコンサルティング
のサービスもありますよ。
↓↓↓
http://kudokenn.com/hpradio.html
(HP診断お問い合せフォームが開きます)

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック