クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB対策

新規15名、月100万円を達成するHPの『型』とは?

535 Views

先生、こんにちは、こんばんは!


今すぐ活用できる
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。


本日もよろしくお願いいたします!



クドケンメルマガを
読んでいらっしゃる先生は、

「HPからたくさん新規を取りたい!」
と考えている方が多いと思います。


では、ここで質問です。

先生はHPを作る時、
何か意識していることはありますか?


適当に施術をしても
改善効果が出ないように、

HPも行き当たりばったりで
作っては集患効果が出にくいです。



実は、集患を成功させる
HPの『型』があり、

その『型』を知らないまま
HPを作ってしまうと、

集患できないHPになる
可能性が高いです…!


ちなみに、
クドケンで作成しているHPも

その『型』に則った
形になっています。

実際に、岩手県にある
たくや整体院の藤嶋先生も、

クドケン作成HPで毎月安定した
新規集患ができている先生の1人。



先月、2022年6月は
Googleのアップデートなどで

HPの順位が大幅変動して
集患が落ち込んだ先生が多い中、


藤嶋先生は新規獲得15名、
月100万円の売上を達成しました!

 

喜びの声をいただきました!


今回は、見込み患者さんの
心をがっちり掴むことができ、

新規10名以上
集患している治療院は
意識しているHPの『型』・・・


その名も
『セールスレター型』のHP

について、

3つの要素にわけて解説します!

■動画





■一目でグッと興味を引く
『キャッチコピー』


まずはHPの一番上、

見込み患者さんが
一番最初にみる場所
(ファーストビュー)には

患者さんを惹き付ける
『キャッチコピー』を掲載しましょう。


恋愛に例えると、

好きな相手に
見つめられる顔、
与える第一印象


の部分にあたります。

そう、とても重要です!

ここでどれだけ
興味を引けるかで

集患の勝負が決まる!

といっても
過言ではありません。


キャッチコピーには

・施術を行うことで患者さんに
 与えられる明確な利益


・これまでの先生の施術実績

などをいれて、

「もっとここの治療院のこと、
先生のことを知りたい!」


と患者様に思って
もらえるようにしましょう。

見込み患者さんの関心を掴みましょう


キャッチコピーの記載例としては、

「病院や他の治療院で良くならない
 症状が痛みのない施術で楽に!」


「施術実績述べ〇〇人!」

などが良いです。

逆に、

キャッチコピーを書く上で
やってはいけないのが、
嘘を書くこと。

キャッチコピーと
その以外の文章で

ズレがあるHPになるのは
避けましょう。


真っ赤な嘘やHPの内容と
ズレのあるコピーがあると、

来院前の印象や認識が
患者さんと先生で異なってしまう
ので、

来院してもリピートしない、
施術に入る前に詳細な
説明が必要になるなど、

ただ疲れるだけの
患者さんが増えてしまいます・・・。


 

■患者さんに徐々に信頼してもらう
『ボディコピー』


HPの中盤、
もっとも長い内容になり、

キャッチコピーで
興味を惹いた患者さんに
信頼してもらう場所が
『ボディコピー』です。


恋愛で例えると、

私の性格はこうで、
こんな人間関係を
築いていますよ!


と好きな相手に
伝えるイメージです。

ここが相容れなかったり、
嘘くさいと、なかなか
仲良くなれないですよね。


ボディコピーには

・来院することで得られる身体の変化
・先生の実績の裏付け
・実際に来院している患者さんの声
・治療家仲間の推薦文


などをいれていきましょう。


特にお客様の声は大切です!

信頼獲得に一番効果的なので、
必ずいれましょう。

信頼度UPにつながります


具体的には、

・『慢性的な肩こりが数回の施術で
すっかり良くなった患者さん』
とのツーショットや
直筆のメッセージの写真


・治療家仲間からもらった
先生の人柄や能力が
はっきりわかる推薦文


などを掲載することをおすすめします。
 

あとは、できるだけ
人の顔写真を載せましょう。

時折、写真なしのお客様の声や
治療家仲間からの推薦文を
載せているHPがありますが、

信憑性がガクッと落ちますし、

「これ、本当に実際に来た
患者さんが言ったのかな・・・」


と疑われて、

HPからの離脱が
増える可能性があります。


一番良いのは、

患者さんや治療家仲間との
笑顔のツーショットを掲載すること。


初めての場所に行く
見込み患者さんに
安心してもらうためにも、

先生や治療院に関係する人の顔が
見えるHPにしたいですね。

顔がわからないとちょっと不安です


■来院を決断してもらう
『クロージング』


HPの後半、患者さんに
来院を決断してもらうための場所が
『クロージング』です。


恋愛で例えると、

これだけあなたのことが好きです!
将来のことを考えて、大切にします!
だから付き合ってください!


と告白する部分に
当たります。


相手に刺さる表現、言葉がないと、
関係は発展しませんよね。



初回施術料金の割引や
HP限定料金など、
魅力的な特典を置いて、

ここまでHPを読んでなお
予約するかどうか悩む患者さんに、

「信頼できそうだし、お得そうだし、
試しに行ってみよう!」


と思ってもらえるようにしましょう。


クロージング部分では、

予約ボタンや電話などの
予約導線を整える


ことも大切です。

今、自分のHPは来院予約が
簡単に行えるか確認しましょう。


また、『追伸』という形で、
患者さんへのメッセージを
入れるのもおすすめです。

これまでHPに掲載してきた要素、

・来院することで得られる患者さんの利益
・先生の実績
・料金割引などの特典、
・先生から患者さんへの問いかけ


などを簡潔にまとめ、


HPを読み飛ばす人にも
治療院や先生の魅力が
伝わりやすくしましょう。


ダメなクロージングの例は、

患者さんが気軽に
問い合わせできない
作りになっていること。



例えば、

・電話だけで
WEB予約への導線がない

・追伸文に専門用語が
多くて理解しにくい

 
という状態だと

患者さんが最後の最後で
「ウッ」となってしまって、

来院してくれない
可能性が高くなってしまいます・・・。


予約直前で患者さんを止めてしまうのはもったいない!



■まとめ


先生のHPは

・キャッチコピー
・ボディコピー
・クロージング

  
この3つの要素からなる

『セールスレター型』に
則った作りになっていますか?



クドケン制作のHPも
この『セールスレター型』で
作られており、

プロのセールスライターが
各種のコピーを書いているので、

実際にHPから
月10人以上の新規集患を
達成している先生が
多くいらっしゃいます。



「HPへのアクセスあるのに
なかなか集患数が伸びない・・・」


という先生は、自分のHPを見直し、

「セールスレター型」になるよう、
改善してみてください。


ただなんとなく作ったHPより
格段に集患効果が上ります。



もし、

「自分で作るのが難しい・・・」
「施術に専念したい・・・」
「HPを作ってみたけど集患効果でない・・・」


という先生は、


無料相談も
受け付けていますので、

僕たちクドケンまで
気軽にご相談ください!

↓ ↓ ↓

【無料】1分でクドケンに相談する
https://kudokenn.com/contact/


それでは今回は以上となります。

最後までご覧いただき
ありがとうございました!


Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」