クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 根本隆広

仕事ができない先生の”残念ポイント”

131 Views

根本チャンネルの
動画が更新されました
 ↓↓↓



おはようございます!


ひとり治療家の

【月収100万超え】
【プライベートの時間】
【施術のやりがい】

すべてを同時に叶える!


しあわせ追求型コンサルタントの
根本隆広です。


さて、
あなたは返信が遅い人って好きでしょうか?


当たり前ですが
受け取る側としては、

返信は早ければ
早い方がいいですよね?


遅くて価値が高いものって
この世では圧倒的に少ないと思います。


時間の価値として大事なことは、
”失ったら取り戻せない”からです。


もちろん、
なんでも早ければいい!
って訳ではありませんが、

返信だけでなく、

仕事も施術も【スピードが命】

と言っても過言ではないケースに
溢れています。


私も数々の成功している
ビジネスマンや起業家、
治療家に触れてきましたが、

共通するのは
”行動のスピードの早さ”です。


一流の治療家ほど
施術の時間も短いのです。


「そんなことはわかっているよ、
 根本さん!」

という声が聞こえてきそうですが…。


私の経験として、
クライアントの先生が

「施術時間を短くして失敗した…」

って方は一人もいません。


むしろ、
短くすれば売り上げも上がり、

先生も楽になり、
患者さんも喜んでいるのです。


とは言っても、
あなたには不安があると思います。


・時間を短くしたら、
 満足してもらえないのでは…

・まだ準備ができていない…

・これではまだ完璧ではない…


こんな言い訳をしながら、

私たちはスピードを
遅らせてしまうことが多いです。


ですが実は
これを乗り越えていくと、

あなたは大きな壁を
ぶち破ったかのように成長していくのです。


そして、
行動力が上がり勢いがつきます。


全てがうまく回り始めるのです。


施術の時短はもちろん、
全てのスピードを上げるには、
どうすればいいか?


すべてがうまくいくようになる
スピードアップの方法とは…。


本日も情熱を持って
しっかり話してますので、

今すぐに動画をチェックして
ヒントを手に入れてくださいね!



追伸


【無料で今だけ手技プレゼント中!】
※明日8/19(木)23:59で公開終了

視聴者に選ばれる、No.1の治療法
『UnWind Motion ver. ∞』は、

脳性麻痺/脳梗塞後遺症/手術宣告…etc.
絶望している患者を救う
驚異の治療効果に加えて、

なんと”超一流アスリート”の
パフォーマンスUPまで実現させています!
~~~~~~~~~~~~~~

その証拠に、
一流アスリートへの施術実績や
スポーツ界の権威からの推薦多数!

その一部をご紹介すると…

*あの”ドラフト1位”の
 プロ野球選手 佐々木千隼選手を
 引退の危機から救った奇跡の治療法

*サッカー界のレジェンド
 ゴン中山元選手を6年間もサポートした
 野田重信先生も大絶賛!
 「目からウロコの技術です!」」

*元WBC日本代表チームドクターW先生、
 アスリート、医学博士…etc.
 各界の一流や重鎮からも
 絶大な推薦と賞賛を受けています。

…そんな、
世界で戦うアスリート達が
「こんな施術、初めて!」
と驚く、今話題の治療法!

やり方はなんと…
たった8秒、∞を描くだけ!?

ケガで激痛の選手も
この治療法を受ければ
その後の試合で大活躍する、

日本のスポーツ界の常識を
ガラリと変えるほどの威力なので

今まで治せなかった患者さんも
一瞬で改善できること間違いなし!

【明日23:59迄】でこの手技の
公開を完全に終了しますので、

無料で今のうちに手に入れてください。

 ↓↓↓
今すぐ無料で手に入れる
※明日8/19(木)で完全に終了

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」