クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 工藤謙治

【即リピート率UP!】会話が苦手でも患者さんから信頼を得る方法

355 Views

こんばんは!

先生が今すぐ活用できる、
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。


今回は、

コミュニケーションが苦手な
先生に耳寄りな情報


をお伝えします。


先生は患者さんとの
コミュニケーション、
会話が得意ですか?

会話が苦手という場合に
デメリットとなるのが、

患者さんのリピートを
取りにくくなる点です。



施術が良ければ会話はいらない、
というタイプの患者さんもいますが、

やはり、自身の身体の
悪いところを施術してもらう
相手ですから、

コミュニケーションが取りやすい
先生を選ぶ患者さんも多いです。


そこで今回は

リピート率がすぐに上がる、
会話が苦手でも患者さんから
信頼を得る方法


を動画で事例を交えながら
解説しました!


10分ほどでリピート率UPの
コツがわかる動画となっていますので、
ぜひご覧ください。

■本日の動画


※設定で「再生速度」を1.5倍速
にするとちょうど良い速度で
話しています。

設定=再生画面の歯車マーク



動画内容の補強とまとめ
↓↓↓

■Googleマップ対策でリピート率が上がる


今回は

Googleマップ対策を行うと、
リピート率が上がる、


という事実について、
2つのポイントを事例を交えながら
お伝えしたいと思います。


まず、事例の紹介になるのですが、

先日、高木がGoogleマップ対策の
サポートをさせていただいた
北海道にある治療院さんから、

「Googleマップ対策をしたことで、
 集患効果が出ましたよ」


という嬉しいお便りが届きました。


Googleマップ対策をする前は
年間の新規集患が35名、
リピート率が71%だったそうです。

そして、私がコンサルに入って、
Googleマップ対策を始めると、

半年間で新規集患42名、
リピート率81%を記録したとのこと。


なぜ、Googleマップの
対策を開始して

半年で昨年の新規集患数を超え、
リピート率が10%あがったか


というと、

Googleマップ対策をしたことで、
患者さんの質が上がったからです。



では、なぜ患者さんの
質が上がったのか。
そこには2つのポイントがあります。


■写真と治療院情報で
 リピートしやすい人を呼び込む


1つ目のポイントは、

写真と治療院の情報をしっかりと
Googleマップに表示させること


です。

見込み患者さんはまず、

地域名と業種で調べて、
Googleマップで気になる
治療院名をクリックして、

HPを見る前、電話をする前に
写真を見ることが多いんです。



やはり患者さん、
というより人間全般に
言えることですが、

基本的に何があるかわからない、
相手が見えない、


という状態が怖いんですね。

だから、どんな治療院なのか、
どんな先生なのか、

内装や先生の顔、
その他諸々の情報を

無意識のうちに
知りたがっているんです。


例えば先生、暗い路地裏にある、
誰がやっているかよくわからない、

看板もメニューも出てない近くの
スナックにフラッと立ち寄れますか?

怖いですよね。僕も無理です。


でもこれ、治療院でも
同じことが言えるんです。

患者さんからしたら、
身体を預ける場所が

誰が何をしているか
よくわからない場所だったら
行き先として選ばないんです。



だからこそ、

しっかりと院内や
先生のことが分かる写真、

どんな症状を改善しているのか、
どんな患者さんが来院しているのか

ぱっと見てわかる情報をしっかりと
Googleマップに入れ込むことで、

先生ができること、
患者さんに求めていることも
伝わりやすくなり、

はじめから信頼度の高い、
長いお付き合いができる患者さんが
来院しやすくなる。


つまりリピート率が
上がる、というワケなんですね。


特に画像は、女性向けなのか、
スポーツマン向けなのか、
一般向けなのか、

ぱっと見て一秒で
判断がつく材料になるので、

なかなかリピート率が
あがらない先生は、

まずGoogleマップの
写真の見直しから
始めてみてください。

以上が1つ目のポイントでした。


■クチコミの返信で
患者さんと心を通わせる


2つ目のポイントは、
クチコミの対応です。

まず、クチコミを
書いていただくことで、

「この治療院で施術を受けたことで、
 私の身体の不調が改善した」


と、患者さんの頭に
良い記憶が残りやすくなります。


これだけでもリピート率は
上がりやすくなるのですが、

クチコミに先生から返信を
してあげることで、

「あ、この先生は私のことを
 しっかりと見てくれているんだな」


と患者さんから
信頼してもらえます。


つまり、

直接、面と向かって会話をしなくても、
Googleマップを媒体に
クチコミのやり取りをすることで、

患者さんとの信頼関係を
築くことができる


というワケです。

以上が2つ目のポイントでした。


■まとめ


これまでをまとめますと、

・Googleマップ対策をすることで、
 質の高い患者さんが集めやすくなり、
 リピート率も上がる。



・会話が苦手でも、
 Googleマップを媒体にして
 患者さんと交流することで、
 よりリピート率を上がる。



という2つのポイントについて
話させていただきました。


つまり、今回お伝えしたい
今すぐ活用できるWEB集患対策とは、

・写真を撮って
 Googleマップに設定する
・クチコミを依頼・返信してみる


の2点になります。

今夜からすぐにできることですので、
是非やってみてください。

これだけでリピート率が上がります。

逆に言えば、話すのが苦手な先生は、
WEBの施策でカバーしないと、
リピート率は上がりにくいです。


一番良くないのが、

「よくわからないから」と
そのまま放置して、ライバル院に
差をつけられてしまう


ことです。


すぐに一歩を踏み出すことで、
半年後、一年後に大きな差になります。


お試しでも良いので、
まずは挑戦してみてください。


ということで、本日も
最後までお読みいただき
有難うございました。


お伝えしたWEB集患情報を
今夜からぜひ、お役立てください!


■追伸


先生の集患に関する
お悩み相談を受付中!

選択肢を選ぶだけで

1,500院以上を救った
治療院集患のプロが


先生のご状況に合わせた
最適なWEB集患プランを回答します。


もちろん相談は無料。
回答は先着順となっていますので、
お早めにご連絡ください。
↓↓↓
集患の悩みを無料相談してみる

※お悩み相談だけの場合は、
 ご希望のサービスの項目で
「その他」を選択ください。

悩みを解決して、
成功を収めた先生の
喜びの声が多数!
↓↓↓
実際に集患数がUPした先生の声を見る

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」