クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 法律

 最新WEB集客

【急いで!】総額表示の義務化が迫っています

760 Views

こんにちは!

クドケンWEBチームの
秦(しん)です。

毎月80院以上の治療院様と
やり取りしている経験を活かし、

先生の「本当に疑問に思っていること」
にお答えするため、
情報をお届けしていきます。

東京3大どら焼きである黒松の「草月」を最近初めて食べました。


今回は、いよいよ明日に迫った
「総額表示義務」について
お伝えしていきます。


・院内、チラシ、HPで
 価格を表示している先生

・どんな表記なら大丈夫なの?と
 気になっている先生


は絶対にチェックしてください。

■総額表示義務とは?


実は、以前もメルマガで
総額表示義務について
お伝えしたことがあるのですが、

表示変更の期限
迫ってきていますので
今回改めて
ご説明いたします。


総額表示義務とは

価格の表示を
お客さん分かりやすいように
支払い総額で表記しましょう。


という義務です。


つまり、消費税を含んだ
総支払額で価格を表記する必要が
あるのです。


■HPの値段表記だけが対象?


治療院でも、

・院内の掲示物
・チラシ
・HP


など、価格が表示してあるものは
全て税込み価格に
変更する必要があります。


また、「全コース3,000円均一キャンペーン」
などのキャンペーンでも

税込み価格で表記が
義務付けられています。


(100円ショップはも110円ショップになるの?
 と思ったのですが
 屋号は対象外だそうです。)


■表示変更の期限はいつ?


表記変更の期限は

2021年3月31日(水)

までです。

実は、2013年10月1日から
義務化されていたのですが、
度重なる消費増税の影響もあり、

2021年3月末までは
特例の猶予期間として
総額表示しなくても
問題ありませんでした。

しかし、2021年3月31日で
その特例期間が終了してしまうため
変更を急ぐ必要があります。


つい最近も
ユニクロ、GUが

今までの表示価格を
そのまま支払い価格にします!

と発表して
話題になりましたね。


大企業も続々と
対応を進めていますが
治療院でも
変更していく必要があります。


■どんな表記にすればいいのか?


総額表示義務と聞くと
難しそうですが、

実は特別な工夫は
必要ありません。

一目見て、総額いくら払えばいいのか
が分かるように
表記できればOKです。



【OKな例】
「○○円(税込)」
「○○円(税抜き価格●●円)」
「○○円(うち消費税●●円)」


「税込」という表記がない場合も
税込の総額表記でないと
いけなくなるので注意です。

(例)
「肩こりコース 1980円」
のような表記の場合は
患者さんが支払う金額も
税込1980円でないといけません。


■対応しないとどんな罰則があるのか?


3月31日までに
変更できない!どうしよう!

と思うかもしれませんが、

実は総額表示義務には
罰則規定が特に無いので、
守らなくても罰則はありません。


ただ、まわりが義務通りの
税込表示になっている中、

税別なことが分かりにくい
表記をしていると

「他の店と同じ税込だと思ってたから
 お会計が意外と高くてびっくり…」

「このお店、未だに
 税抜き表示なの…?」



なんてマイナスイメージを
抱かれたり、
トラブルになってしまったり
という可能性もあります。


患者さんとの信頼関係や
トラブル防止の為、
義務に従って表記を改めるのが
おすすめです。



■まとめ


・院内の掲示
・チラシ
・HP


など、変更がいつ様な部分は
意外と沢山あります。


時間ができたらやろう…
と後回しにせず、
しっかりと対応を
していってくださいね。


■追伸


・自分でHPを作成しているから
 自分で修正しないといけない…
 
・HP業者に修正を依頼したいけど
 どう連絡すればいいか分からない


という先生は

修正のしかたの目安であったり
業者さんへの修正指示に活用できる

『総額表示確認シート』を
ぜひ、お受け取りください!



↓受け取るにはこちらをクリック


※フォームにお申し込みいただきましたら、
 一営業日以内にシートをお送りします

Writer

秦知花

秦知花 秦知花の記事一覧

クドケンWEBチームのPPCコンサルタントとして毎月80院以上の治療院とやり取りをし、現場の情報収集を行っている。治療家さんの立場に寄り添った提案で数々の治療院の集患向上に尽力。
「先生がより多くの患者さんを元気にするためのお手伝いをしたい!」という想いで日々広告運用・ご提案を行っている。
先生からの「秦さんに相談してよかったです」「今月も売上目標を達成できました」という言葉をいただくことが何よりのモチベーション。
メルマガでは1人1人の先生の「本当に疑問に思っていること」にお答えするため、様々な情報をお届け。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」