クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

「ウチのHP、マネしていいよ!」←危険な理由

587 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
國嶋(くにしま)です。

よろしくお願いします!


「ウチのHP、
毎月〇人集患できてるから
マネしていいよ!」


先日、ある治療家さんが
参加したセミナーの
講師の先生から
こう言われたそうです。

もちろん、ご厚意で
言ってくださっていると思うので
無下にするのも申し訳ないですし
今すぐ飛びつきたくなるんですが…

実はこれ、
キケンが潜んでいるので
気を付けていただきたいんです。


例えば、
鍼灸で言ったら

「見よう見まねで
鍼さしてみました!」


みたいなことが
起こってしまうんです。

最悪、事故です。

この、HPをマネすることが

・なぜダメなのか?

・どうすればいいのか?

をお伝えしていきます。

■本日の動画

■なぜダメなのか?

なぜ
HPをマネするのが
ダメなのか?

それは、エリアも
ターゲットも違う院の
HPをマネしても

患者さんに
刺さるわけがないからです。


例えば、先生
イチロー選手って
知ってますよね。

イチロー選手が
メンタル管理についての
講演をするとしましょう。

その内容を
先生が一言一句マネすれば、
同じ内容の講演を作れますよね。

でも「ぜひその講演を聞きたい!」と
申し込みが殺到することは
ないはずです。

それは、喋るのが
イチロー選手じゃないから。


もう少し身近な例でいうと、
高級フレンチレストランが
集客したいと考えたときに

マクドナルドのような
黄色!赤!というデザインで
宣伝すると思いますか?

しませんよね。

「マネしていいよ!」
と言われて
素直にマネしてしまうのは

これと同じことを
しているんです。

■どうすればいいのか?

では、
良いHPを作りたい場合は
どうすればいいのでしょうか?

3パターン
ご紹介いたします。

<1>ライバル院のHPが激弱なら…

ライバルがとても弱いなら
マネしてテストしてみるのも
ありです。

運がよければ患者さんが
来るかもしれません。

(間違っても
お金かけてまでやらないでくださいね)

<2>患者さんのすべてを徹底的に想像して…

先生が来てほしい
患者さんのことを
徹底的に想像して…


・普段の生活
・家族構成
・移動は車か徒歩か
・仕事
・どんなことにストレスを感じるか
・何を解決したいのか


を考えてみてください。

そして患者さんが
何に一番魅力を感じるのか?

その症状に対して
どんな気持ちで検索してきたのか?

何があれば
「ぜひ来院したい!」と
目を輝かせるのか?

他院になくて
自分の院にあって
患者さんが
求めているものは何か?

知りたいのは
患者さんの声、クチコミなのか、
あなたの経歴なのか、料金なのか?

どんな順番で
伝えていったら魅力的に写るのか?

などなどなど・・・。

それを上手に言語化して、
見やすいデザインにして
来院したくなるHPを
作ってください。


<3>「それは難しそう」と思うなら…

そんなのできっこないよ
という人は、

上記のことを
全部まるっとやってくれる
クドケンのようなHP業者に
制作を依頼してください。

時間を有効活用して
成果のでるHPを手に入れるには
<3>の方法が
一番確実です。

■まとめ

上手くいっている院のHPを
そのままマネするのは
【危険】です。

なぜなら、
院がある地域も
その地域に住んでる人も
違うから。


症状や年代が違ったら
施術のやり方も
変わるのではないでしょうか。

先ほどは
冗談で言いましたが、

本当に

「ターゲットとかエリアとか
どう打ち出せばいいか分からないから
まるっと全部考えてほしい!」


という人は
クドケンにHP作成のご依頼を
してください。

↓ ↓ ↓
<無料でクドケンに相談する>
https://kudokenn.com/contact/

最近、パクったテンプレートで
広告10万も20万もかけてるんだろうな
というHPを見かけるたびに
悲しい気持ちになります…

さらに

「あの縦長のHPって
クドケンさんでしょ?」


と言われるのも
ちょっと悲しいです…

ウチのと全然違うことも
多々あります。


HP制作で失敗して
後悔する人を
少しでも減らしていけるように、

今後も有料級の情報を
お届けしていきます。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」