クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

知らないと損!”患者さんに選ばれる”強みの見つけ方

480 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
國嶋(くにしま)です。

よろしくお願いします!


WEB集患に力を入れている先生は、
色々と情報収集をされている方が
多いと思いますが、

『他院との差別化が大事』
という話を

メルマガやコンサルタントさんの
授業で良く見たり聞いたりしませんか?


WEB集患においても、
他院との差別化は
とても大切です。


他の治療院と、
自院はどこが違って、
何が優れているか。

はっきりとわかりやすく
提示できる先生は
やっぱり集患に強いです。


先生も買い物に行った時は、

「あ、これ他より安い」
「機能面で一番充実してるな!」
「この商品、
 目立ってるから気になるな」


というように、
『他の商品との違い』

購入するかどうか
決めた経験があると思います。


でも、

「他院との違いの大切さは
 わかっているけど…
 自分にはそんな強みないし…」


と悩む先生…
そんなことはありません!


『強みの見つけ方』さえ
覚えてしまえば、

誰でも自分の強みを
打ち出せるようになり、

『患者さんに選ばれる治療院』
になれます。


そこで今回は、
先生の強みを見つける

「9つのニーズ」について
お話していきます!


■選ばれる治療院になるための
『USP』を考えよう!


9つのニーズの話をする前に
覚えておきたい言葉があります。

先生は、『USP』という
言葉を知っていますか?


『Unique Selling Proposition』
(ユニーク・セリング・プロポジジョン)
の略で、独自性、
他にはない強みという意味です。

先生だけの強みを見つけましょう



つまり、

先生の独自の強みを考える
=先生のUSPを考える


という表現になります。


マーケティング関係の本やメルマガ、 
コンサルタントの話で
時々出てくる言葉なので、
覚えておくと良いでしょう。


このUSPをはっきりと決めて、 
打ち出している院ほど

『患者さんに選ばれる治療院』
になれます。

■『9つのニーズ』から
 USPを作る


先生のUSPを
見つけるためには、

下記の9つのニーズ
(顧客が求めること)

に自院の情報を
当てはめてると良いです。


▼9つのニーズ
(治療院に当てはめた時の例)


・価格
例:施術料金が他より
  高いか安いか。

・品質の高さ
例;施術で身体の悩みを
  しっかり解決できるか。
  施術実績、クチコミはあるか。

・スピードの速さ
例:無駄な時間なく
  施術が終わるか。

・サービスの充実
例;施術だけでなく、
  日常生活のアドバイス
  までくれるか。

・カスタマイゼーションの可能性
例:身体の悩みによって
  柔軟な対応をしてくれるか。


・保証の充実度
例:施術効果が出なかった時、
  返金保証などはあるか。

・ラインアップの広さ
例:肩こりや腰痛の改善だけでなく、
  小顔矯正もやってくれるか。

・利便性
例:駅から通いやすいか。
  駐車場があって車でも行けるか。

・専門性
例:腰痛専門で施術しているか
  女性の患者さん相手だけか。

この9つのニーズの中から、

「ウチは腰痛専門だから
 近場の治療院やマッサージ店より
 専門的なことやっているな」


というように
他院との違いを
具体的にしていけば

明確な先生の強みを
作ることができます!


明確な強みが集患につながります!


有名なお店の例も紹介すると、

驚安の殿堂ド◯キホーテは
その名の通り、『価格の安さ』
USPにしていますよね。

また、ドミ◯ピザは
『商品提供の速さと保証』
をUSPにしていた時期があり、

「ホットでフレッシュなピザを
 30分以内にお届けします。
 もし、30分以上かかったら、
 ピザの料金はいただきません」


というキャッチコピーを
使っていました。


私たちクドケンだと、

HP制作、PPC広告、MEO対策など
色々なサービスを提供していますが、

HP制作サービスの場合は

▼専門性
治療院専門

▼品質の高さ
HPをただ作るだけの業者ではなく、
『集患できるHP』を作るのがコンセプト。
制作実績1,500院以上。

▼サービスの充実
HPを作って終わりではなく、
将来的にどう集患していくか
の提案コンサルも行う。

などがUSPになります
 

■実際に集患効果が出た
具体的な治療院USP


クドケンでは先生たちの強みを
一緒に考えながらHP制作を行います。

なぜなら、
ただHPを作るだけでは

近場のライバル院と
比較された時に勝てず、

結局集患できないHP
になってしまう

可能性が高いからです…。

作っただけでは集患できないのがHP…


例えば、

先生と一緒に考えて、
実際に集患に成功した
USPの例を3つあげると…

①症状特化
→なんでも治せるではなく◯◯専門院にする。

例:「自律神経専門の施術で、
   他院で改善できなった症状をラクに!」

②改善の手段 
→◯◯するだけで、など、
 患者さんの負担が少ないことをアピール。

例:「背骨を揺らすだけで」
  「ボキボキしない痛くない整体で」

③もたらす結果
→患者さんへの利益をアピールする。

例:「根本原因を取り除いて
   症状を繰り返さない身体に」
  「たった一回の施術で
   症状の改善を実感」

などがあります。


自分の強みを打ち出す上で
大切なのは、

近隣のライバル院が
どんなUSPをうたっているか
しっかり分析すること。


近場に、自分と同じような
USPをうたっている治療院があると、
集患効果が出にくくなりますからね…。



新宿の整体院だったら、
「新宿 整体」「新宿 肩こり」
などのキーワードでGoogle検索してみて

1~2ページ目に表示された
HPをかたっぱしから見て、

自分のUSPと被っている
治療院がいないか
確認してみてください。



『先生だから』来院したくなるHPを作りましょう


■まとめ


「ウチには強みがないから…」
と悩む先生。

強みがなければ
作ればいいのです!



今回お伝えした9つのニーズに
自分の情報を当てはめていけば、

先生にしかない強み、
『USP』がきっと見つかります。



ただ、近隣に同じような
USPを打ち出している治療院がいたら
集患しにくくなるので、

しっかりとライバル分析も
行いましょう。



先生だからこそ、
患者さんが来てくれる理由、

ライバルと比べた上で
患者さんが選んでくれる理由を

ぜひ見つけてください。

■追伸


施術で忙しい先生だと、
今回お伝えした9つのニーズに
治療院の情報を当てはめても、

なかなかUSPが作れない
こともあると思います・・・。

「いくつか考えられたけど、
 どれが1番患者さんにささるのかな?」


「なかなか客観視できなくて自分の院の強みを
 見つけるのが難しい…」


と悩む先生、
私達にすぐご相談ください。


1人で悩む時間があるなら、

施術に専念してほしい…。
手技の勉強時間に当ててほしい…。



クドケンには
他のHP業者にはない、

「先生の強みを一緒に考えて、
 集患につなげていく」


という強みがあります!

無料相談も
受け付けていますので、

私たちクドケンまで
気軽にご相談ください。

↓ ↓ ↓
【無料】1分でクドケンに相談する
https://kudokenn.com/contact/

それでは今回は以上となります。

最後までご覧いただき
ありがとうございました!

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」