クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

「新規が来ない…」理由は◯◯がサボっているから

866 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
川俣(かわまた)です。

先生が心置きなく
治療に専念できる
経営状態をつくるために、


最適なWEB集患情報を
どこよりも分かりやすく
お届けします。

本日もよろしくお願いいたします。


本日は、

新規集患数が少ない…と
悩む先生がするべき
たった1つのこと


というテーマで
お話していきます。


「新規患者さんの
 予約が全然入らない」

「既存患者さんの予約で
 なんとかもっているけど
 先のことを考えると不安…」

「患者さんが増えたら
 WEB集患も強化したいな…」


と思っている先生は
ぜひ最後まで御覧ください。


■質問


さて、突然ですが
質問です。


先生の治療院に
営業マンはいますか?


営業マンはいますか?


「営業マン?
 治療院なんだからいないよ」



という先生が
ほとんどだと思います。


でも、普通の企業には
営業マンがいますよね。


なぜかというと
ただ待っているだけでは
お客さんは
増えていかないから。



これは、
普通の企業でも
治療院でも
同じですよね。


■治療院にとっての営業マンとは?


実は、治療院にも
一般企業と同じように
営業マンがいる院があります。


でもただの営業マンでは
ありません。


治療院にとっての
営業マンとは

<広告>

のことです。


宣伝をする人のことを
「営業マン」と呼び、

宣伝をする物のことを
「広告」と呼びますが

役割は同じです。


どちらも
会社や院のために
新規のお客さんをとってくる

という役割があります。


■もし会社の経営が傾いたら…?


想像してみてください。

一般企業が販売不振に
陥ったとき、

営業マンは
何をしますか?


・飛び込み営業
・新規開拓
・テレアポ


など、
営業活動を
たくさんするはずです。


販売不振なのに
もし営業マンが
サボっていたら…

どうなると思いますか?


会社から出ずに
電話もかけない…


「それじゃあ売上は
 悪化するばかりだよ!」

「回復なんてするわけない」


と誰でも分かりますよね。


■治療院の場合は?


では、

販売不振=新規患者が来ない

と、同じ状況を
治療院に置き換えてみましょう。


先生は、

「資金ができたら
 広告を始めよう」

「今はお客さんが少ないから
 まだ広告を始める時期じゃない」


なんて
考えていませんか?


これ、さっきの

「販売不振なのに
 飛び込み営業もテレアポもしない
 サボり営業マン」


と同じことです。


販売不振なのに
営業マンがサボっていたら
売上げが上がる訳ない




新規が来ないのに
広告をしていないなら
売上が上がる訳ない


ということ。


営業マンを働かせるのは
いつなのか

を考えると、

いつ広告をかけた方がいいのか
がよく分かるはずです。


■広告を減らしてもいい


逆に、会社が儲かって
もうこれ以上働けない…!

という時に
どんどん新規開拓をしていたら
社員はヘトヘトになってしまいます。


だから、営業マンは
仕事が少なくなります。


それと同じように、
集患が積み重なって

既存顧客で
枠が埋まるようになったのに
新規をどんどん受け入れていたら

先生がヘトヘトに
なってしまいますよね。


だから、広告はどんどん
減らしていってもいいんです。


患者さんの数が増えてきたら、逆に広告は減らしていくことができます。


空き枠が減るのだから
新規集患を減らすのは当たり前。


先生は

「患者さんが増えたら
 広告を増やしていこう!」


と考えていると思いますが
実はなのです。


患者さんが少ないときに
広告を増やして、

患者さんが増えたら
広告を減らすのが
正しい状態と言えます。


■まとめ


先生が
やるべきことは
状況によって変わってきます。


【新規集患が少ない時】
・PPC広告を配信する
・チラシをたくさんまく

→新規患者さんが少ないときこそ
広告に力をいれる



【予約枠が埋まってきた時】
・PPC広告の広告費を減らす
・チラシの枚数を減らす

→予約がたくさん入るようになったら
広告を減らしていく



新規患者さんは来ないけど
営業活動は何もしていない
という状態であれば、

予約が入らないのは
当たり前です。


まずは広告で
しっかり予約を獲得して、
その後に広告を
減らしていくようにしましょう。


実際にクドケンで
広告を利用している先生からは

「今月はすでに予約が埋まっているので
 PPC広告を少し止めてください!」


とご連絡を
いただくことも多いです。


先生が

「新規患者さんの
 予約が全然入らない」

「既存患者さんの予約で
 なんとかもっているけど
 先のことを考えると不安…」

「患者さんが増えたら
 WEB集患も強化したいな…」


と悩んでいるなら
自分の院が「サボり営業マン」
になっていないか

確認してみてくださいね。


もし、サボり営業マンに
なってしまっているとしたら
しっかり働いてもらえるよう
クドケンまでご相談ください。



↓ ↓ ↓
PPC広告代行サービスの詳細を見る


今回もお読みいただき
ありがとうございました。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」