クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

患者さんが先生のHPを選ぶ3つの理由

580 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
川俣(かわまた)です。

先生が心置きなく
治療に専念できる
経営状態をつくるために、


最適なWEB集患情報を
どこよりも分かりやすく
お届けします。

本日もよろしくお願いいたします。


本日は

患者さんが先生のHPを選ぶ
3つの理由


について
お話していきます。


よく、
勘違いしている
先生が多いのですが、

HPを公開すれば
色んな人が見てくれる


という考えは
間違っています。


HPはネットに後悔しても
選ばれたHPしか
見られていない


という考えが
正しいです。


僕が最近ご相談にのった
先生のHPも
年間で12名にしか
見られていなかったんです…


その先生は、3年間
そのHPを使っていたので、
3年間で36名にしか
見られていないということになります。


今は、簡単にHPを
見てもらえる時代では
ないのです。



HPを持っているけど
患者さんから予約が入らない…


という先生は
これからお話する
3つの理由を
最後まで聞いてください。


■本日の動画




■理由その1 検索したらすぐ出てきたから


実際に集患のご報告を
いただいても、
かなり多い理由です。



「すぐ出てきた」というのは

・PPC広告
・Googleマップ
・SEO


などで、上位に
表示されている状態のことです。


患者さんは
基本的に
迷いたくないです。


そのため、
一般的な患者さんは
検索結果の1ページ目しか
見ていないと思ってください。


どんなに悩んでいる人でも、基本的には1ページ目の中から治療院を選びます。


このメルマガを見たあと、
「地域名+業態」で
検索をしてみてください。


例えば、新宿の鍼灸院の先生であれば
「新宿 鍼灸」と検索をします。


その時、
検索結果の1ページ目に
出てくるかどうか
チェックしてみてください。



■理由その2 タイトルが刺さった


タイトルというのは、
検索結果のこの部分のことです。

検索結果に表示される文章のことです。


ここの文章を見て、

・あっ!これって
 私のことだ

・そうそう、
 コレに悩んでいたんだよ

・ここなら安心して通えそう!


と思ってもらえる
タイトル文にしてください。


悪い例としては、

<悪い例1>「どんな症状でもお任せ!」

<悪い例2>「かわまた治療院」


というような文章。


「どんな症状でも」と書くと
逆にどの症状の人にも
「これ私のことだ!」と
思ってもらうことができません。


また、院名だけ見ても
「安心して通えそう」とは
思ってもらえませんよね。


例えば、
「腰痛でお困りなら当院へ」のように
最低でも症状名は
いれておいた方がいいでしょう。


■理由その3 クチコミ評価が良かったから


これも最近、
特に多い理由です。


クチコミというのは、
Googleマイビジネスに
記載されるクチコミの
ことを指します。

このクチコミ部分もよく見られています。



実は最近、
「Googleビジネスプロフィール」
という名前に変更されたのですが、

もうしばらくは、
先生方にも馴染みがある
「Googleマイビジネス」
という名前を使っていきますね。


先生に
気にしていただきたいのは

・件数
・最新のクチコミの投稿日


の2つです。

星の数だけではなく、この2つもチェックしてください。


件数は、
周りの治療院に比べて
多いのか少ないのかを
チェックしてください。


また、意外に
見落としがちな
投稿日も注意が必要です。


例えば、
1番新しいクチコミが
1年以上前のものだと
患者さんは
不安になってしまいます。



もし最新のクチコミが
1年以上前の先生は、
患者さんにクチコミを
お願いしてみてください。


■まとめ


患者さんが、
HPを選ぶ理由は

・検索したらすぐ出てきたから
・タイトルに共感、安心したから
・口コミ評価が良かったから


の3つです。


また、
3つのポイントの中でも
特に重要なのは

1ページ目に
表示されているかどうか


です。


この部分が
クリアできていないと、

いくら2つ目、3つ目の
部分を頑張っても
意味がありません。


どんなに良いタイトルでも、
どんなにクチコミが多くても
目に入ることができなければ
選んでもらうことができないからです。



この部分が
クリアできていない先生は
早急に、

・PPC広告
・MEO対策
・SEO対策


のどれかを
始める必要があります。


・ずっと悩んでいるけど
 どうすればいいか分からない…

・自分にはどんな対策が
 必要なんだろう?


という先生は
僕が相談に乗らせていただきますので
ぜひお問合せください。


<無料で相談する>
https://kudokenn.com/contact/


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」