クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

【患者さんを奪われる】HPのページ数が少ないとライバルに負ける?!

534 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
川俣(かわまた)です。

先生が心置きなく
治療に専念できる
経営状態をつくるために、


最適なWEB集患情報を
どこよりも分かりやすく
お届けします。

本日もよろしくお願いいたします。


先週のメルマガでは
18院の先生方から
診断のお申込みを
いただきました。


中には、

「僕も複数HPを
 持っていました…

 業者さんには
 想像効果があるからと
 言われたのですが…」


という先生も。


相乗効果は、
あっても1ミリくらい…
ですね。


そのために
高いお金をかけて
HPを作るのは
僕はおすすめできないです。



残念な気持ちは
大きいかと思いますが
ぜひ勇気を出して
HPを1つに絞ってくださいね。


さて本日は、

10ページ未満のHPは
ライバル院に
患者さんを奪われる


というお話を
していきます。


ここでいう「ページ」とは

・料金ページ
・アクセスページ
・施術内容の紹介ページ

などといった
下層ページのことを
指しています。


このページ数の合計が
10ページ未満のHPは

ライバル院に
患者さんを奪われてしまう
可能性が高いです。



・自分の院のHPのページ数が
 10ページ未満の先生

・なぜHPのページ数を
 増やせばいいか分からないという先生


はぜひ最後まで
ご覧ください。


■本日の動画



<無料HP診断に申し込む>
期限:3月11日(金)23:59

■なぜページ数を増やす必要があるのか?


簡単にお伝えすると

HPのページ数が
多ければ多いほど
Googleからの評価が
上がりやすくなるから


です。


いくらキレイで
魅力的な
TOPページを作っても

ページ数が少ないと
評価してもらいにくいのです。



この話は
集合住宅を
イメージしていただくと
更に分かりやすくなります。



例えば、

・5部屋のアパート
・30部屋のマンション


があったとしたら
マンションの方が
一般的な価値は
高くなりますよね。

同じ立地と築年数であれば、部屋数の多い方が価値は高いはずです。


それと同じで、

・ページ数が5ページのHP
・ページ数が30ページのHP


だと、30ページのHPの方が
評価が上がりやすくなるのです。

合計ページ数が多い方が評価が上がりやすいです。


特に最近は
下層ページの対策を
している治療院が
増えてきているので、

ライバル院に負けない
ページ数を持っているか
チェックが必要です。



■ページ数を増やせば評価はあがるのか?


実は、ページ数を
ただ増やしただけでは
評価はあがりません。



同じ様な情報のページが
いくつも作られると
Googleから

「不正にコピーして
 情報を増やしているな」


と思われてしまいます。

ただただ増やすという方法はNGです。


また、ページ数以外にも
集患できない原因が
あるHPもあります。


では、その違いは
どう判断すれば
いいのでしょうか?


その判断は、
毎月の集患数から
考えていってください。


<1>現在HPから全く予約がない先生

この場合は、
ページを増やしても
意味がありません。


HP自体を全体的に
改修するか
リニューアルを行っていくほうが
早く効果がでます。



予約がきていないHPは
基礎の部分が
ボロボロになっている
可能性が高いです。


建物に例えると、
ボロボロのアパートの
部屋数を増やしている
イメージです。

土台がボロボロになっているかもしれません。


古いまま部屋数を増やしても
入居者は増えないですよね。


その場合、建て替えるか
リノベーションした方が
入居者は集まりやすいです。


HPも同じ様に、
全体的な修正をした方が
効果的です。


<2>今のHPから毎月少しでも予約がある

毎月コンスタントに
予約がある場合は、
ページ数を増やす方法が
効果的です。


ページ数の基準としては、
先生のライバル院と同じページ数か
それ以上にすることです。


ライバル院のページ数によって、必要なページ数は異なります。


どんなページを増やした方がいいか
というお話は
長くなってしまうので
今回は割愛します。

(木曜日に
 詳しくお話していきます)


まずは、ライバル院と
自分の院のHPの
ページ数を
比較してみてください。



■まとめ


HPのページ数は
Googleからの評価に
関わる重要な要素です。


そのため、
ライバル院と同じか
それ以上にしておく
必要があります。



ただ、
ページを増やしたほうがいいのか
HP自体を変えていった方が良いのかは
先生によって異なります。


まずは、本日お伝えした基準で
ご自身のHPの改善方法を
判断してみてください。


■追伸


とは言っても、
先生1人だけで判断するのは
中々難しい部分もあると思います。


そこで、前回に引き続き
無料のHP診断を
実施いたします!



・先生の院のHPでは
 どんな対策をすればいいのか

・自動でHPから
 予約が入るようにするためには?


というアドバイスを
していきます。


<無料HP診断に申し込む>
期限:3月11日(金)23:59


今の状況を変えたい!
と思っている先生は
ぜひこの機会にご相談ください。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」