クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 最新WEB集客

【集患効果MAX】HPに載せるべき写真はコレ!

682 Views

こんにちは!

WEB集患コンサルタントの
川俣(かわまた)です。

先生が心置きなく
治療に専念できる
経営状態をつくるために、


最適なWEB集患情報を
どこよりも分かりやすく
お届けします。

こんにちは!


先日、コロナワクチンの
2回目の摂取を受け
熱を出してお休みをしている間、

スマホで家の近所の治療院の
HPを色々見ていたのですが…


この写真、違うな~…

と思う写真を
載せている治療院さんが
沢山いらっしゃいました。


写真は文章の7倍の
情報量を伝えられる

と言われているほど、
大切なものです。


そのため、
写真を変えるだけで
集患効果を上げられるんです。



そこで本日は

集患数をMAXにするために
HPに載せるべき写真はコレだ!


というテーマを
クイズ形式でお伝えしていきます。


普段特に意識をせずに
HPに載せる写真を選んでいる
という先生は
ぜひ最後まで御覧ください。


■本日の動画

==========
==========

■【問題1】患者さんがHPでよく見ている写真は?


早速ですが問題です。

次の写真のうち
患者さんがよく見ている写真は
どれでしょう?



正解は…

3番の
「施術者の写真」です。


僕が近所の治療院の
HPを見ていて多かったのは
TOPページに外観写真を
載せている治療院さんです。


治療院を選ぶ時に
外観を一番最初に知りたい患者さんは
ほぼゼロです。


治療院の場合は、
「どんな人が施術をするのか」
が1番最初に
分かった方が良いです。



そのため、
TOPページの最初の部分に
先生ご自身の写真を
入れるようにしてください。


■【問題2】2番めによく見られている写真は?


次の写真のうち
施術者の写真の次に
よく見られている写真は
どれでしょう?



正解は…

1番の
「患者様とのツーショット写真」です。


1問目で、
どんな人に施術されるか
気になるというお話を
お伝えしたので


「施術者の経歴や資格が
 気になるのではないか?」


と考えた先生も
いらっしゃるかもしれません。


でも、患者さんは
意外とその辺りは
後回しなんです。


患者さんにとっては

・自分と同じ症状
・自分と同じ年齢層
・自分と同じ性別


の人が来ているか?
という方が重要な情報です。


そのため、
院にどんな患者さんが来ているかが
分かる写真を
載せるようにしてください。



■【問題3】HPに載せる写真で絶対にやってはいけないことは?


絶対にやっていはいけないこと
それは…



「写真が暗い」
ということです。



僕は前職で
広告制作のお仕事をしていて
飲食店さんや企業さんの
広告を作っていたのですが…

使う写真が暗いというだけで
効果が下がっていました。



前職のことなので
あまり詳しくは話せませんが、
お客さんにアンケートをとった結果

写真が暗いと
清潔感が下がる


という結果がでています。




どんなに笑顔の写真や
キレイな院内の写真でも
「暗い」というだけで
印象は大きく変わってしまうのです。



どんなビジネスでも、
「清潔感」はとても重要です。


ただ、
自分で撮った写真だと
暗いのかどうかは
判断しにくいです。


そのため、
業者さんに編集をしてもらうか
周りの方に確認をしてもらうことを
おすすめいたします。


■まとめ


HPに載せるべき写真は

・施術者の写真
・患者様とのツーショット写真
・明るい写真


の3つです。


このポイントをクリアできているか
自分でチェックするだけではなく
周りの第三者にも
確認をお願いしてみてください。



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」