クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

【落とし穴】集患が好調な時こそ見直したいこと


こんばんは!

先生が今すぐ活用できる、
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。

本日もよろしくお願いいたします!



3月22日の火曜日のメルマガでは
「決断」と「実行」というテーマで
お話をしました。


先生も、今年の売上目標
これくらいいきたいな
と考えているものが
あると思います。


このままだと
目標達成できなそう!
という先生は
今すぐ行動をしてくださいね。


さて、今日お話をしていきたのは
このままいけば
問題なく目標達成できそう!
という先生です。



・最近HPからのお問い合わせも
 安定して獲得できていている

・売り上げも好調

・この状態でいけば達成できるし、
 特に新しいことはしないでいいな



と思っている先生、
それ実は【危険】な考えです。



先生が今好調なのは
毎日コツコツと
努力をされた成果だと思います。


本当に素晴らしいことです。


ですが今、この瞬間、
先生のライバル院も

HPを強化したり
口コミ数をのばしたり…


と新しい施策を
行っているかもしれません。


そこで今回は、
HP集患が好調な先生に
ありがちな落とし穴について
お話をしていきます。



■本日の動画



<無料チェックに申し込む>
https://forms.gle/cVHopGKVAqwy2kPc6

■好調な時ほど注意したい落とし穴


1つ目は、
ライバル院が
良いHPを作成して、
順位が逆転されてしまうことです。


2つ目は、
Googleのアップデートによって
順位が落ちてしまうこと。


この2つの落とし穴を
避けるために
先生に今すぐやってほしいことが
あります。



それが、
HPを育てることです。


「えっ?好調なんだから
 今やらなくても良いんじゃない?」

「集患できなくなってきたら
 対策するんじゃダメなの?」


と思うかもしれません。


でも、好調な今だからこそ
やるべき理由があるんです。


それは、HPを育てるには
時間がかかるからです。



HPで行った施策が
効果として現われるのは
大体3ヶ月~半年後と
言われています。


もちろん、
すぐに効果が出る場合もありますが、

集患がうまくいかなくなってから
挽回しようとしても
既に手遅れということも多いです。


そのため、資金や時間、
気持ちに余裕があるうちに
HPをしっかり育てていく
という考え方が必要になります。


■具体的な対策は?


では実際、どんな対策を
していければよいのでしょうか?


HPを強化していく方法とは、
Googleに評価される
症状ページを作ることです。



なぜ症状ページを
強化した方がいいかと言うと、
Googleからの評価が
下がりにくくなるからなんです。


分かりやすくするために
HPを家に例えて
お話してみますね。


HPが家だとすると、
TOPページの下層に作られる
症状ページなどは
柱の部分に当たります。



家の柱が強いと、
台風や地震にも耐えられる
強い家を作ることができます。


それと同じことで
症状ページが強いと、

HPの順位に影響を与える
周りの変化があっても
HPの評価が
下がりにくくなるんです。


■対策を行う際の注意点


「それなら頑張って
 書状ページ書きまくります!」

と思った先生。


ぜひどんどん、
書いちゃってください。


・先生独自の
 症状に対する考え方

・先生の院にだけできる
 改善方法


などを盛り込んで、
オリジナルの症状ページを
作ってほしいです。


ただ、
闇雲に症状ページを
増やすだけでは

逆にHPの評価が
下がってしまうこともあります。


症状ページの内容が
患者さんに喜ばれない、
あまり読まれないページに
なってしまうと、

Googleから
低品質なページを量産しているサイトだ
と判断されてしまうからです。


重要なのは
Googleに評価される
症状ページを作ることです。



患者様読者側の目線に立って

・役に立つ内容になっているか?

・見た目も読みやすくなっているか?

という部分をチェックしながら
症状ページを
作ってみてほしいです。


「自分で作ったページがあるけど
 これがHPの評価を下げていないか
 心配になってきた…」



という先生は
ぜひ僕たちに相談してください。


先生は、施術のプロですが
WEB集患のプロではありません。


だから、自分でそこを判断するのは
難しいと思います。


そんなときは、
ぜひ僕たちを頼ってほしいです。


WEB集患の勝ち方を知っている僕たちが
先生の作った症状ページが
HPの評価を下げてしまっていないか
チェックさせていただきます。


チェックしてほしい!
という先生は
こちらのフォームから
お問合せください。

↓ ↓ ↓
<無料チェックに申し込む>
https://forms.gle/cVHopGKVAqwy2kPc6


ただし、
先生一人一人の症状ページを
丁寧に見させていただくため、

今回の症状ページチェックの
ご相談受け付けは3月25日(金)
までとさせていただきます。


忘れないよう、
このメルマガを見終わったらすぐに
フォームからお問合せください。


■まとめ


HPの強化は、
ライバル院が強くなってきてからでは
手遅れになってしまう
可能性が高いです。



HPの施策は
効果がでるまでに3ヶ月~半年
かかることもあるため
状況が悪化してからでは遅いのです。


だから、好調な今だからこそ、
自分のHPをチェックして
改善できる点がないか
振り返ってみてほしいです。


「自分で作ったページがあるから
 評価に悪い影響がないか不安!」

「業者さんに言われて作ってみたけど、
 これって合ってますか…?」


という先生は、
無料のページチェックに
お申し込みください。


↓ ↓ ↓
<無料チェックに申し込む>
https://forms.gle/cVHopGKVAqwy2kPc6


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」