クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

【患者は言わない】予約しない理由を把握するには



こんばんは!

先生が今すぐ活用できる、
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。

本日もよろしくお願いいたします!


今回は、

患者さんは教えてくれない
予約しにくい治療院


というテーマで
お話をしていきます。


先生は、
「予約しにくい治療院」
と聞くと、どのようなイメージを
持ちますか?


例えば、

・予約が埋まっていて
 枠が空いていない

・先生が強面で
 ちょっと予約がしにくい…

・アクセスが悪く
 行きにくい店舗


などでしょうか?


もちろん、
そのような理由で
「予約しにくい治療院」も
あるのですが

実は他にも、ある部分で
患者さんを
逃してしまっている
可能性があるんです。


■本日の動画



■予約しにくい治療院とは?


予約しにくい
治療院の1つの原因として

HPの予約動線が
整っていない


というものが
挙げられます。


検索して
HPを開いてみたはいいものの、
どこから予約をすればいいの?

となってしまうHPのことを
「予約動線が整っていない」
と言っています。


厄介なのは、
この原因に
先生本人では気づきにくい
という部分にあります。


予約できなかった患者さんに
「なんで予約できなかったのか?」
と聞くことはできないですよね。



だから、どのくらいの
患者さんを逃してしまっているか
知ることができず。

先生ご自身で
気づくことが難しいんです。


■予約しにくいHPになっていないかチェックする


予約しにくい
HPになっていないか?を知る
る1番簡単な方法は

友人や家族に、
確認をしてもらうことです。


HPを開いて、
予約をするまでの流れを
実際に行ってもらうのです。



そこで気になった部分を
言ってもらい、
どんな小さな意見も
しっかり聞くようにしてみましょう。


例えば、

・HPのテーマカラーと
 予約ボタンの色が似ていて
 紛れてしまっていた

・これボダンだって気づかずに
 スルーしちゃった!


など、
意見をもらってみてください。


■Googleマイビジネスでも予約ができる


また、実は
Googleマイビジネスにも
予約ボタンを
設定することができます。


僕が治療院の
マイビジネスを見ていると、
この部分の設定をしていない
治療院さんを
よく見かけます。


せっかくの患者さんの
予約の機会を
逃してしまっている
かもしれません。



Googleマップに
電話しか設定できていない先生は
ぜひ今すぐ設定してみてください。


■まとめ


今回は、
先生が意外と
見落としがちなポイントとして、

予約動線は整っているか?
というお話を
させていただきました。


「予約しよう!」
と思った患者さんでも

実際にその方法が
分かりにくいと、
予約をすることができません。



そんな患者さん達を
逃してしまっているかも…
と思うと
とても勿体ないですよね。


ぜひ、身近な方に、
患者さん目線でのチェックを
お願いしてみてください。


また、プロ目線で
チェックをしてほしい!
という先生は

ぜひお気軽に
僕たちにご連絡ください。

↓ ↓ ↓

<無料で相談する>
https://kudokenn.com/contact/


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

©2022 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」