クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

「悪いクチコミが怖い…」人は損をする!なぜなら…↓↓



こんばんは!

先生が今すぐ活用できる、
WEB集患情報をお届けする!


クドケンの高木です。

本日もよろしくお願いいたします!


今回は、

治療院の訪問コンサル数”日本一”を誇り、
一院一院に合った経営改善を指南!



約700院以上の治療院を
ドン底の状態から月商50以上、
100万超えへと回復させてきた


『55段階式 個別指導塾』の塾長
早野隼翔(はやのはやと)先生
お招きして

「悪いクチコミが怖い…」
という人は損をする!


というテーマで
お話をしていきます。


僕が普段からお伝えしている
“クチコミ集め”に関して

重要だとはわかっていても

「悪いクチコミをかかれたらどうしよう」

とネガティブに考えている先生ほど
みてください。

■動画

==========
==========

■クチコミはどのように集まるのか


「クチコミをお願いするのではなく
 良いと思った人が
 自然に書いてくれたらいい」


と考えている先生も
いらっしゃいますが、
それでは一向に
クチコミは集まっていきません。

自然に集まる…は理想ですが、現実はそうはいきません。


クチコミが100件もある
治療院もありますが、
クチコミは自然に
集まっている訳ではありません。



例えば、治療院の開業歴が
20年以上なのに

WEB上でほぼクチコミがない
治療院など、
普通に見かけますよね。


その治療院には
施術に満足している人が
全くいないのでしょうか?



そうではなく、
良いクチコミが
たくさん集まっている
治療院は

患者さんにきちんと
クチコミへの協力を
お願いできているのです。


実は、
サービスに満足したからといって
わざわざクチコミを
自主的に書いてくれる人は
ほぼいません。



先生も、レストランに
行ったときなどを
想像してみてください。


とても美味しくて
満足したからといって
わざわざ店員さんを呼んで
感想を伝えることはないと思います。


逆に、態度が悪かったり
頼んだ料理に虫が入っていたりしたら
店員さんを呼んで
不満を伝えますよね。


満足した人はとくに発言をせず
不満をもった人は発言をする


というのは
どのサービスでも
同じ現象が起きます。


そのため、
クチコミへの協力を
お願いしていない治療院だと、

良いクチコミは集まらず
悪いクチコミだけが
目立ってしまう
ことになるのです。



■悪いクチコミは◯◯◯を教えてくれる


悪いクチコミは
先生の院の「改善点」を
教えてくれるものです。


色々な治療院のクチコミを
見ていくと分かることなのですが、

悪いクチコミに書いてある不満は
施術への不満ではなく
対応への不満がほとんどです。


実は施術ではなく、先生の態度や言葉遣いがクチコミの内容を左右します。


例えば、

・案内されていた料金と
 実際の料金が違う

・喋り方が無愛想で
 偉そうだった


などです。


施術自体ではなく、
目に見えない「対応」が
患者さんの不満の原因に
なっています。


治療院の先生の中には
この目に見えない「対応」を
軽視してしまっている人が
多くいらっしゃいます。



職人肌の方は特に、
技術が良ければ
満足してもらえるはずと思って

対応の部分を
軽視してしまっているのです。


でも、実際に
患者さんの満足度を
左右しているのは

・料金の説明
・言葉遣い
・態度


などの対応の部分だということが
実際のクチコミから分かります。


自分の対応は
患者さんに満足してもらえるように
丁寧にできているかな?と
一度見直してみてください。


■悪いクチコミが入ったらどうすればいいのか?


悪いクチコミは
どんな治療院にも
ついてしまうものです。


そのため、
悪いクチコミが来ても
「仕方がない」と受け止めることも
必要です。


また、悪いクチコミに対して
誠意をもって返信をすることも
大切ですが、

良いクチコミを集めて
悪いクチコミを目立たなくする
という対応も効果的です。


悪いクチコミの件数よりも、割合が重要です。


例えば、

・10件中3件悪いクチコミがある
・100件中3件悪いクチコミがある


という2つの治療院があったとしたら
100件のクチコミがある院では
悪いクチコミはほとんど
気にならないものです。


普段から良いクチコミを
コツコツ集めていれば
悪いクチコミ1件に
振り回されることはなくなります。



患者さんとのコミュニケーションを
大切にして、
良いクチコミをお願いできるように
していってください。


■まとめ


悪いクチコミが怖い!
という気持ちはよく分かります。



でも、悪いクチコミというのは
どうしてもついてしまうもの。


また、先生の院の改善点を
教えてくれる
貴重な意見です。


対応を見直すきっかけになる
と捉えて割り切りながら、

良いクチコミを集めることで
悪いクチコミが目立たないように
対策をしていきましょう。



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

■追伸


悪いクチコミ=
あなたの院の改善点。


では、その改善点が
自分でどうしたらいいか

わからないものだったら
困りませんか?

\やるべきことがわからない先生/
に今すぐみていただきたい

治療院繁盛のための成功ロードマップを
無料映像+書籍でプレゼント中です。


↓ ↓ ↓

【無料】二大プレゼントを今すぐ手に入れる
※10/24(日)までの期間限定

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」