クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 早野 隼翔

【注意】治療家の成功を遠ざける「損する思い込み」

272 Views




こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


4月になり、東京下では
日常の移動や仕事に対する行動も
随分と活性化してきました。


世間では、コロナに関する報道が
繰り返しされていらっしゃいますが
1年前の緊急事態宣言時の意識とは
まったくの別物になっています。


普通に買い物行くし、ご飯に行くし、
ボクも仕事で『東京‐小田原』間を
何度も往復しているけど、何もない。


終電の時間が、早まったことで
仕事を切り上げるのが早くなっただけ。笑

生活への影響はこんな感じですかね。


まぁ、ボクはもともとですが
昔から病気や怪我はほとんどしないし
入院したことは過去に3度だけ。


1回目 盲腸の手術→3日で退院。
(執刀医が名医のため簡単に終わる)

2回目 交通事故 →1ヶ月で退院。
(病院が入院期間を延ばしてましたw)

3回目 肺炎(?)→1週間で退院。
(昼は洗濯しに自宅に帰り、夜だけ入院w)


そもそも、自分は健康体であり
「病気や怪我はしない」という、
良い思い込みがあるため、大丈夫。


セルフイメージの力を使って
人生を好転させているわけですが
これがマイナスに働いてしまうと
やっかいなことがおこります。


というわけで、今回のメルマガでは
『思い込みが成長を邪魔する!』
についてお伝えしていきます。

思い込みによる弊害は起こる!


個別指導塾で、塾生と
セッションを行っていると
何度も同じ問題、同じ事実に
ぶつかることがあります。


その1つは、行動の前提となる
情報(思い込みによる)の行動制限です。


今現在の課題を解決するための
手法やノウハウをお伝えさせて
いただいたとしても、やらない。

いや、やらないのではなく
やろうとしない。できない。


経営上の問題点として
売上が上がっていないことがあり
集客方法に問題点があった場合

やり方を変えればすんなりと
売上が上がったりします。


しかし、簡単な行動だったとしても
それが出来なかったりします。


例えばポスティング。


チラシを作って配るだけの
簡単作業であり、単純作業です。


でも、思い込みによる価値観があった場合
この簡単作業・単純作業をやらない。


思い込まされている情報は…

「治療家がチラシ配布をするのは論外」

「治療家の仕事は、患者さんを治すこと」

「既存患者さんに見られたら恥ずかしい」

「患者さんが来ていないと思われそう…」


はい、これらの思い込んでいる
事実を違うものに書き換えない限り
行動することはありません。

※行動しないので、現実は変わらない。

何度も言うが、地方価格は存在しない


他にも、思い込まされていることは
たくさんあったりします。


例えば、田舎や地方都市在住の
方々に言われてしまう「地方価格」

これも、治療家あるあるの1つで
地方都市の場合、都会のように高額で
施術料を貰うことができない。


周りの治療院が60分4000円で
やっているので、それよりか高いと
そもそも来てくれません。


→ん?これ、本当ですか?

本当に地方価格ってありますか?
本当に安くしないと来ませんか?


ボクの塾生の中には
ド田舎であったとしても
1回8,000円(約30分)で
行っている先生がいます。

はい、上手くいっています。


地方価格ってありますよね?
→ないです。


地方価格が存在するのは、
輸送にコストがかかるものです。


現地で取れたものは安いし
他から運んできたものは高いです。


で、治療家が行っている施術は、
他から運んでくるものですか?

どんな患者さんが来られていますか?


他にもですね、患者さんに関することで
思い込んでしまっていることがあります。


ボクからの質問↓

『先生の治療院では、どのような患者さんが
 中心となってますか?何歳くらいが多いです?』

こういった質問をすると
とある整骨院の先生からは…

「当院では65歳くらいの女性が
 多いですね。先ほどの方もそうですし。」

→ん?これ、本当ですか?

カルテを集計した結果
65歳が多いとデータで出ていますか?


印象に残っている人が
たまたま65歳の女性と言うだけで
本当かどうかは、実際の数字を集計し
その数字を見ないと分からないですよね。


で、実際に2020年に来院した
患者さんのカルテを集計した結果
35‐39歳の働く女性が多かったです。


自分では、65歳の女性が多いと
思っていたが、実際の数字では
30代後半の女性が多いという事実。


もし、このデータを見ずに
年配者向けサービスを作ろうものなら
機会損失を生んでしまうことになります。

→売れない商品サービスを作り、
 結果、やっぱり売れない。笑。

思い込みがあなたを制限する!


他にも、挙げればキリがないくらい
いくつもの思い込みが出てきますよね。

↓   ↓   ↓   ↓

腕が良ければ立地が
悪くても何とかなる。

保険の患者さんは
自費診療へ移行しない。

整骨院の施術着は
白じゃなきゃいけない。

新聞折込はやっても
無駄だし効率が悪い。

広告にお金をかけて
集客するのは金儲けだ。

長く来てくれている患者さんは
この先もいなくならない。

こうした思い込みが
あなたの行動を制限し、次の行動への
「壁」を無意識に作り出してしまいます。


成長、発展していくためには
それは本当の事なのか?を自問してみると
いいのではないかと思う次第です。

参考までに!(*^^)v

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『事実と思い込みが成長を邪魔する!』
というテーマでお伝えしました。


思い込みは、
誰からその情報を聞いたのか?
誰からその情報を受け取ったのか?
誰からその情報を買ったのか?
によって形成されていきます。


また、日本では”多数”が
正しいという認識があるため
よく間違いが起こります。


もし、あなたがTOP3%の収入と
大きな成功を勝ち取りたいのであれば
誰から情報を得るか?に注目して下さい。


ちなみにボクは、全労働人口の収入比率
TOP3%の中にいますよw


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸


【無料手技セミナー映像|本日から公開!】

\1分100万円でも患者さんが殺到!?/

たった3つの質問をするだけで
ド素人でも手術宣告の重症ほど
回復に導ける“絶対的治癒法則”とは?

業界でも屈指の人気を誇る沖倉先生も
「これは世界に通用する治療法」
~~~~~~~~~~~~~~~
と大絶賛され、

実際に整形外科でも導入した結果、
口コミだけで新患が2,000人も増えた!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と今後医療界を間違いなく変えていく
巷の治療法とは段違いの最新テクを
【無料】で試してみませんか?

 ↓↓↓
>>無料で手技を試してみる
※4/8(木)までの期間限定

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」