クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 早野 隼翔

【Q】予約枠を一番カンタンに埋める方法はどれ?

511 Views

※お知らせ※

実はこの度、
さらに深〜い売上UPの秘策を解説する
『無料のメール動画講座』をはじめました♪
 ↓




こんにちは。

早野隼翔の55段階式・個別指導塾
塾長の早野です。


今回、
ボクは仕事がはかどらないがために
事務所近くのカフェにやってきました。

『カフェ・ド・クリエ』

チェーン店のカフェであり
スターバックスやドトールと同じ
コーヒーを主力にしたお店です。


ここは天井が高く、開放感があり
閉塞感のある事務所ではないため
いろんな刺激を受けながら作業ができます。


今、やっている仕事は
もちろん、このメルマガの執筆です。


お昼ごはんを頂いた後の
コーヒーブレイク♪(^^)/


大きな窓から日差しが入り
冬でもポカポカ陽気を感じながら
気持ちよく仕事ができます。


クリエイティブな仕事や
経営(事業)計画を考えるときには、

治療院内で作業をするよりも
いつもとは違う環境でやってみたら
意外といい案が浮かぶかもです。


もし、あなたが
経営に行き詰っていると感じるなら

散歩に出たり、カフェに行ったり、
場合によっては旅行に行ったりすると
いいと思います。


いつもと同じでは、
脳への刺激も弱くなりますので、
ドンドン活性させるためにも
居る場所を変えるのは友好的です。


さて、今回のメルマガでは
あなたがいつも悩んでいる集客について
『視点を変えてみよう!』
というテーマでお伝えしていきます。



新規数が増えれば、売上UP


治療院の売上を上げるには
とにかく患者さんの数を増やすことだ!
と、考える先生は多くいらっしゃいます。


これは、特に整骨院の先生に多い
考え方であり、カルテ枚数が増えれば
売上は上がるとの考えの上に
成り立っていることが分かります。


そのため、とにかく新規集客に
意識を向けやすいのですが、そこに
広告費を使って、患者さんを集めるとか
患者さんに来てもらうことをしていません。


まー、なんでしょうか。


昔ながらに、
新規を増やす=口コミの数を増やす
と、考えているからでしょうか。


治療家としての考え方ではOKだけど
経営者としての考え方としては、
【?】と言わざるを得ない考え方です。


まぁ、それはいいとして
今回お伝えしたいことは
売上を上げる施策は集客だけでは
ないということをお伝えしたいです。


その前に、考え方として
治療院のビジネスを
相対的な視点で物事を
分析してみると、ちょっとした事に
気が付くと思います。


特に自費診療や整体院などでは
治療院の売上を上げるということは
『予約票をどれだけ埋めるか?』
であることが分かるからです。


売上を上げる = 予約票を埋める

予約票を埋めれば、売上UP


患者さんをたくさん集客しようと
考えなくてもですよ・・・予約表が
埋まればいいわけですよね?


例えば施術料金が5,000円の治療院では
1枠埋まれば、『売上5,000円』だし、
12枠埋まれば、『売上60,000』です。


では、この12枠を12名で埋めるのか?
と言われたら、いかがでしょうか???


この12枠を12名で埋めるのと
この12枠を6名(×各2回)で
埋めるのと、何が違うのでしょうか?


1) 60,000円 = 5,000円×12名
2) 60,000円 = 5,000円×6名(×2回)


どちらも同じ売上60,000円で
あることには、変わらないと思います。

あなたにとってどちらが簡単?


来院してくれた患者さんに
再度、来院を提案することと
新しい患者さんを集めること


あなたにとって、どちらが
やりやすくて簡単ですか?


まずはこの点を考えてみましょう。


そして、もう1つ追加として考えるなら
2回じゃなくて3回だったらどうなりますか?


1) 60,000円 = 5,000円×12名
2) 60,000円 = 5,000円×6名(×2回)
3) 60,000円 = 5,000円×4名(×3回)


当たり前のことですが
来院していただく人数が減りました。


12名から、必要数4名に変わったのです。


ご理解していただいている方は
多いと思いますが、WEBが主流と
なった時代において、集客を行うには
どうしてもお金がかかります。

※お金をかけないというのであれば
 時間と手間が超絶かかります。
 (ブログ、YOUTUBE、FACEBOOK等)


では、4名集めるための広告費と
12名集めるための広告費では
どちらが多くの出費がかかりますか?


はい、12名の患者さんを集めるための
出費の方が多くかかるのが常です。


こうした場合、より少ない人数で
より多く来院してくれた方が、経営的に
負担が少なくて済むのです。


どれだけ売上が多くても
経費が圧迫していたら、
何の意味もなさないのです。


例)売上と経費

月商100万(経費80万)
月商 50万(経費10万)

これでもあなたは月商100万を
目指してやるのでしょうか???

考え方は、予約の枠を埋める!


そうそう、話を元に戻しましょう。


治療院の売上を考えるときには
営業時間・営業日数・施術時間で
1か月の『予約の枠数』が決まります。

※予約の枠数=予約表の最大数


時間を切り売りするビジネスモデル
なので、施術1回いくらになってます。


これを計算してみると
自分の治療院と、他の治療院では
予約票の枠数が違うことが理解できます。


売上を上げる行為というのは
予約票をどれだけ埋めるかということ。


逆を考えるのであれば、
予約票を埋めると売上が上がるとも言えます。


では、この予約票の枠を

・患者さんの数で埋めるのか?
・施術の回数で埋めるのか?

どちらかを選ぶ必要が出てきます。


では、あなたはどちらの方法が
楽で簡単なのでしょうか?


どちらがより多くの利益を残すことが
できるのでしょうか?


今一度、考えてみたらいいと思います。


ちなみに、回数券の販売を行うと
より早く予約票の枠は埋まりやすいですよ。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『視点を変えてみよう!』
というテーマでお伝えしました。


いつもと同じ状態、条件で考えても
答えが出ないというのであれば、

その前提条件を変えたり、
視点を変えたりしないと
同じ問題を引き起こします。


悩みがあるのであれば
一度、視点を変えてみて下さい。


意外なところから解決方法が
見つかったりしますよ。(^▽^)


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


追伸


\無料で手技セミナー映像をプレゼント!/

この映像を見ることであなたは…

*最短1秒触れる程の圧で
 どんな痛みや難病にも
 対応できるように

*誰が相手でも“1回”で
 感動させられるように

*将来への不安が消え、
 治療が楽しくて仕方なくなる
 
*人生あらゆる出来事が
 好転していくように


実際先に映像を観た方は、

「娘に試したところ
 セミナーと同じような
 結果がだせました!」
 
「こんなに簡単なやり方で
 ここまで体が
 良くなるんですね!」
 
「今までこんなに素晴らしい
 手技を見たことないです!」
 
「世界観が変わってしまうと思います」

「疲れないで済む技術は
 自分の身を削ることなく
 できるので素晴らしい!」
 
と、

・効果の高さ、
・再現性の高さ、
・理論の深さ

に感動されていました。

ぜひあなたも
【無料】でこの映像を観て、
誰もが感動し効果を実感している手技を
お試しください。
 ↓↓↓

※2/4(木)までの期間限定

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」