クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 スタッフ教育・採用

 やってみたブログ

入りたての新人さえ月商80万!クドケン直営店の売上の秘密

1215 Views

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。

治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!

私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。


【今回の研究テーマ】


こんにちは!クドケンラボの斉藤です!

花粉との戦いは継続中ですが、やっと温かい日が続くようになりましたね。

まさに、春眠暁を覚えず。眠気を誘われる季節で、ついウトウトしてしまいます…。

ええもう、完全に季節のせいです(←おい)。

が!ウトウトばかりもしていられません。眠気を吹き飛ばす勢いで、今回の「やってみたブログ」を書きました。

素敵なネタを見つけてきましたので、どうぞご覧くださいませ。


【なぜ?新人スタッフの売上げが急に上がった】


これは、ある新人スタッフのお話です。

クドケンへの採用が決まり、めでたく入社!研修期間などを経て、それぞれ各店舗に配属されました。

溢れ出るヤル気。渋滞するポジティブ。

そんな姿を見ると、迎えるこちらも応援したくなるものです!

だけどいざ店舗に出てみると、思うようにいかなかったり、売上目標があっても達成できず落ち込んでしまったり…。

現実はそう甘くはありません。

実際、その新人スタッフも同じ悩みにぶつかりました。

でもなぜか、しばらくするとそのスタッフの売上がだんだん上がって来たんですよね。

そしてあれよあれよという間に目標を達成し、今では目標数値である80万円の売上をコンスタントに上げられる存在に。

自信にも満ち溢れ、なんだか別人のようです。

思わぬ素敵スタッフの誕生に浮かれるサイトウでしたが、小躍りしているだけでは意味がありません。

新人スタッフが化けたのは何故か?突然成長した理由は何なのか?

そのワケが気になりますよね。


そこでサイトウ、「気になることはさっさと本人に聞け」をモットーに、今回もインタビューを敢行してまいりました。

皆さんの治療院でも是非再現して頂いて、新人スタッフをどんどん素敵スタッフに変えていって頂きたいのです!!


【目標達成のためにしたことは・・・?】



と言いつつ、インタビューの前にまずは皆さんに質問です。

いきなりですが、みなさんの院では売上が落ち込んだとき何をしますか?

・自分の反省点、改善点を探る?
・ひたすら集客をして数をこなす?
・瞑想する?(←は?)


などなど、「うちの院ではコレ…!」と、たくさんのご意見があるでしょう。

実際のところ、確かにこの『反省&改善』というのは有効です。

なにより最も定番であり、誰でもどこでも出来る!

ただし注意しなくてはいけないのは、反省だけならサルでも出来るわけでして、効果を上げたければ必ず『実践』が不可欠だということ。

考えるだけじゃなくて動きましょうよ…ってことなんです。

僕は日ごろから、スタッフに対して「いいからやれ」「とにかくやれ」を合言葉にしていますが、じゃあ「反省…からの実践」を「とにかくやる」には具体的にどうすればいいのか?

サイトウのおすすめの方法はですね。

ズバリ!『録音』です!!

一日が終わってから今日の患者さんを振り返る…。

ここまでならやっている人は多いと思うんですよ。

でも、いかんせん人間ってほら、「忘れる生き物」だから。

まぁ〜忘れる。ほんとに時間とともに綺麗さっぱり忘れます(笑)

だからこその録音。

一度反省しても、録音が残っていれば何度でも反省を繰り返せる。

どこがダメだったのか、リピートできますよね。


先程の、売上が上がって「素敵スタッフ」に生まれ変わった新人さん。

話を聞いてみると、やっぱりやってましたよ。録音。

なんどもなんども録音をして自分の患者対応を確認したそうです。

やり方は至ってノーマル。

新規の患者様や既存の患者様の施術に入った際に、会話を録音するだけでした。

ただ、そのスタッフの録音データの活用法で目を引いたのは、ただ「録音して→聞いて→反省して→改善して→実践する」だけではなく、更にその録音内容を他スタッフにも聞かせて、意見をもらっていた点。

ただですね、残念なお知らせがありまして、この方法、やってみるとわかりますが、ぶっちゃけ相当恥ずかしいです。自分1人でも聞くのが嫌になるくらい。

それを他の人にも聞かせようっていうんですから、恥ずかしさ指数は爆上げ。

よって、メンタルはやや強めにしておきましょう(笑)

しかも、最近のクドケン店舗では「音声録音」を通り越して動画を使った練習を進めておりまして、動画はより一層恥ずかしいことをご報告しておきます。








こうして、その新人スタッフは僕の教えを真面目に実践し、「録音からの反省。そして実践」を繰り返していたわけです。

そして、自分で色々と気づいたようでした。

○良かった点

・挨拶は元気でよかった
・話すスピードは相手に合わせられていた

○課題点

・話の進め方にまとまりがない
・患者さんとの雰囲気がよくない

恥ずかしいけれど、客観的に自分の話し方を聞く事で、患者さんとの距離の取り方や雰囲気を自分自身で自覚することができますよね。恥ずかしいけれど(二度言う)。

ちなみにですけど。

この時点で、「いや~、やっぱ俺の新患対応神がかってるわ~」なんて寝言ほざいちゃうような方は、純度の高い「痛い人」か究極の勘違いさんですから。そんな勘違いをしないよう、自分の患者対応をちゃんと客観視できる目を持ちましょうね。

当然、例のスタッフはそんな「勘違いさん」ではありません。

謙虚も謙虚。真面目も真面目です。

「自分のリアル接客を自分で聞く(そして反省する)」という恥ずかしプレーをこなしつつ、更なる高みを目指して、より一層の恥ずかしさに挑戦しました。(←なんのこっちゃ)

つまり、「録音して自分で聞いて反省する」からの、「他のスタッフにも聞いてもらう」への進化です。

要は、フィードバック。

何を隠そう、クドケンではこれこそが売上UPの秘訣だとスタッフに伝えています!

録音したものを他スタッフにも共有し、フィードバックしてもらうんですね。

実際に他のスタッフが聞くと…

○良かった点

・声の大きさが聞こえやすくて良い
・一つずつ説明が丁寧。

○課題点

・自分の話が多い
・会話に間が空いてしまう
・自信がない時は声が小さくなる

このように、自分が感じたものとは異なる意見が出てきました。

人の感性も様々。

自分では「いいんじゃないか」と思っていた事でも、他の人からすると不快に感じる方もいるってことなんです。

いろんな視点。いろんな見方。

自分では気付けないそんな視点に気付くために、敢えて恥をしのんで「他のスタッフに聞いてもらう」。そこに価値があるんですね。


【結果とまとめ】


つまり、例のスタッフは録音と他スタッフからのフィードバックを繰り返すことによって、

①良いところが伸びて、
②課題点を改善→実践しうまくいく事で自信がついた
③結果、売上UP!


という『幸せのスパイラル』に入ることが出来たわけです。

いや〜、今回もスタッフから良い話が聞けました。

今は録音も当たり前にスマホでできますし、アプリも色々あって便利な世の中になりました。新しもの好きな僕としては、こういったものを是非皆さんにもどんどん活用してもらいたいです。

治療家という仕事は、治療をするのはもちろんのこと「先生に患者がつく」というくらい、先生自身の見られ方が重要なもの。この結果次第で、患者様の満足度は大きく差が出ます。

正直、どんなにマーケティングが大事だなんだといっても、ここはゆるぎない大切な要素でしょう。

ぜひ先生方も、恥ずかしいという気持ちを打ち破り、患者様対応の録音にチャレンジしてみてください!


追伸


ひとり治療院で繁盛している
ゴッドハンドと呼ばれる治療家。

その繁盛の理由・共通点をご存知ですか?

・クチコミが起こるから
・リピート率が高いから
・遠方からも患者さんが来るから

どれも正解です。

そして、その本質にあるものは

「圧倒的な顧客満足度」です。

顧客満足度が高いから、
体がよくなった後でも

「この先生に診てもらいたい」
と思った患者さんが
院に集まるのです。


ただし、
その「顧客満足度を上げる」
ということが非常に難しいのです。


手技の効果はもちろんのこと、
コミュニケーション、
院内環境、料金…

様々な要素が絡み合って
顧客の満足につながります。


現在、3/26(火)までの期間限定で、
今すぐできる顧客満足度の上げ方が
わかる映像を無料でプレゼントしています。


新たに手技を学ぶことなく、
院内を大きく変えることなく
顧客満足度を上げ、

売り上げを向上できるので
ぜひお試しください。



※無料はあと3日で終了

 
 
 
 
 

Writer

斉藤隆太

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」