クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 やってみたブログ

身体を温めてリピートアップ!?クドケン直営店の4つの施策

1513 Views

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。

治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!

私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】



寒さもゆるみ、待ちに待ったポカポカ陽気。

すっかり春の気配が漂ってきた今日この頃です。

そして、そんな素敵な春の気配をぶっ飛ばすように今年もやる気全開の花粉の皆さん。

ええ、もう、今年もやってきました花粉シーズン。

スギ達よ、もう少し遠慮がちにしてはくれまいか。

そんなことを思う3月です。

それにしても、今年の冬は寒さが厳しかったですね。まさに極寒!

そして雪国の皆さんは、雪かきもさぞ大変だったかと思います。

そんな中で身も心も固くなってしまった患者様に、いかにリラックスしていただいて施術に入れるか。

これは、治療の成果を上げるためにも、患者様の満足度を上げるためにも非常に大切なことです。

そこで、サイトウ、考えました。

結果、今年の冬からクドケン店舗ではある試みを行っております。

果たして、クドケン店舗で冬に取り入れた行動とは何なのか?

今回は、そんな『冬の患者様の迎え方』に関するテーマでお伝えしてまいります!!

皆さんの院では、寒い中来てくださった患者様をどのようにお迎えしていましたか?

・「こんにちは!」と元気よく笑顔で迎える
・名前を呼んで挨拶する

当たり前といえば当たり前ですが、これらのことが普通に自然にできる院やスタッフは素晴らしいとおもいます!

でもね…。人って欲張りなもので、それだけじゃ満足できないの(←誰?笑)

素敵な挨拶は嬉しい。

けど、それだけじゃ「身体そのもの」は温まりません。

物理的に冷えているものは物理的に温めるしかないのです。

身も蓋もないですけど、それが現実。

実際、店舗の空調くらいじゃすぐには体も温まりませんし、入ってすぐに手をこすり合わせている患者さんもいます。

そんな患者様を、どうにか温めてさしあげたい!

ご来院いただいている患者様に「来てよかった!」と思ってもらいたい。

そしてあわよくば、「ここに来てよかった」からの「リピートしちゃおう」につなげたい。


それが今回のテーマにつながるきっかけでした。


【患者様の身体を温める行動とは?!】



さて皆さま、想像してみてください。

自分が身体のメンテナンスをするために治療院に行きます。

当然、自分の身体を良くしに行く「だけ」という気持ちで治療院に入りますね。

治療院に入って、いつものように挨拶されて、施術までの時間を待ち、案内される。

この流れはいたって普通のことだとは思うのですが、もしこの間に、自分が想像していなかった感動というか、+αがあったら「うっそ?!」「また来たい」「嬉しい」の気持ちって膨らみますよね。

そう!これぞギャップ萌え!(違う?)

意外性こそモテる秘訣!(え?違うの?)

サイトウ的には、そういう結論に達しました。

そこでクドケン店舗では、この冬から次の接客をプラスしております。

それはズバリ!
来院された皆さまへもれなく

◎温かいお茶をお出しする。
◎「寒い中ご来院いただきありがとうございます」の声かけ


をはじめました!


えー、なんと言いましょうか…(笑)

写真的には、そこはかとなくホスト感が漂っておりますが、彼が手にしているのはドンペリではなく温かい緑茶。

いや、もしかしたらほうじ茶かもしれない。梅昆布茶でもいいのです!!

とにかく、温かい湯気の立つ、なんとなくホッとする飲み物。

こうした物を、来院した患者様にお出ししてみました。

すると、効果てきめん!

こちらからお茶を出しただけで、患者様から「ありがとうございます!」のお言葉をいただくこともありました。

【結果とまとめ】



今回、お茶出しを始めて、さらに「寒い中ありがとうございます」の一言お声をかけることで次のようか効果がありました。

・身体が温まる

・来院時から患者様が笑顔になった!

・患者様とのコミュニケーションのきっかけになった!

・患者様も施術者もリラックスして施術に入ることができた!

・会話が広がった


術前に声掛けとお茶で心と体をほぐすことが出来たからか、術後には、みなさんいつも以上の笑顔で出てきてくれるようになりましたよ。

たかがお茶、されどお茶なのです。

治療院側の手間としてはぶっちゃけそれ程たいそうな事はしていませんが、患者様的には意外性があったのか大きな満足につながったようで、費用対効果という意味でも素晴らしい!

患者様からすれば、

・自分を見てくれている(=大切にしてくれている)
・相手が自分のことを考えて行動してくれている

そう思って頂けたのかもしれませんね。

こういう感情って、とても顧客満足度につながると思うんです。

そんなちょっとしたことで、スタッフも患者様も気分よく、施術効果も倍増!

これを見逃す手はありません。

クドケン店舗ではほかにも

・寒い日にはホッカイロを配る
・暑い日にはうちわを渡してみる
・雨の日にはタオルをお渡しする


こうした、状況に合わせた気遣いを心がけています。

季節感やその時に合わせて、心ばかりの配慮をする。

患者様には気持ちの面でも満足して元気になっていただきたいと考えているからこその一手間です。

是非みなさんも参考にしてみてくださいね。


追伸



クロージングトークを駆使して
患者さんを無理にリピートさせるのが
嫌になってきた…

こんなの本当に自分が
望んでいることではない…


そんなあなたに朗報です。

施術後、あまりの変化、
そして気持ちよさに

患者さんが必ず満足してくれて、
あなたは黙っていても

「次はいつ来たらいいですか?」と
患者さんがリピートしてくれる方法があります。


患者さんに変化を感じていただいて、
喜んでもらえるようになりたい!

そんな先生はまず詳細だけでいいので
一度チェックしてみてください。


試してみたらフツーの整体師さんでも
ゴッドハンド級の効果を実現できます。

 ↓↓↓



※3/14(金)で公開終了です

Writer

斉藤隆太

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」