クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 スタッフ教育・採用

 やってみたブログ

クドケン院の求人担当が明かす「理想のスタッフ採用術」

1556 Views

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。
治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】


こんにちは!クドケンラボの斉藤です!
お暑うございますが、皆様いかがお過ごしですか。
よい施術、よい売上、よい採用、もろもろいい塩梅で進んでおりますでしょうか。


さて今回は冒頭から失礼して、サイトウ、デカいこと申し上げます。

恥ずかしながら我らがクドケン店舗の大きな特徴の1つが、患者さんの集客が抜群なこと。
えぇもう、お陰様で、すこぶる好調なんです。あざす。

そして、もう1つの特徴。
それが、求人への募集がとても多いということ。
それも月に60人もの応募!60人ですよ、60人!正気かよっ!

もう正直、選びたい放題ですよ。
この中から20〜30人に1人の割合で、厳選しまくって採用を行っています。
ですから「妥協して採用する」なんてことは、まずありません。

我ながら素晴らしい!「素敵」が溢れています。


もちろん、他に負けないホワイトな職場環境、治療家にとって魅力的な環境をきちんと用意しているという自負はありますよ。

でも、ただ用意しているだけじゃありません。
「見せ方」というものを理解して、きちんと求職者に伝えている。
だからこその60人です。


結局、どんないい情報でも伝わらなければ意味がない。
いかに「見せ方」が大切か。
そこが一番大切なポイントなわけです。


でも、ただ「見せ方が大事」と言ったところで、具体的にどうやっていくのか分からないですよね。求人の中身はもちろん、その中身をどう伝え、興味を持ってもらうのか。星の数ほどある治療院の求人の中から「お!これは…」と思ってもらうのか。

そこで今回は、クドケン店舗の採用を一手に担い、毎月60人もの応募者をかき集めてくる辣腕採用担当スタッフに、採用サイトのコツや、求人のコツなど、イチから全部まとめて聞いてみちゃいました!

求人サイトに限らず、採用媒体への登録、学校への求人登録の際にも伝えるネタが満載ですよ!有能な新人スタッフをゲットしたい先生は必見です!


では、早速ご紹介しましょう。
こちらが、若干20代ながら、クドケン店舗の採用を一手に担い、とんでもない数の応募者をガッサガッサとかき集めてくる剛腕スタッフのYさんです!


こんな優しげで柔和なお顔(まぁ、似顔絵ではありますが笑)をなさっていますが、有能さは折り紙付き。涼しい顔して、毎月どこからか求職者を「ドナドナ」のようにかき集めてくる能力に、サイトウ、もう足を向けて寝られません。


そんなデキるYさんに、今回はあれやこれやインタビューしてきましたので、皆さま、耳かっぽじって聞いてください。是非何かヒントにしてくださいね。

【インタビューしてみた】


Q:さっそくクドケン店舗の求人応募の実績を教えてください!

A:
はい、色々な媒体に登録してはいるのですが、求人サイトを見て応募してくる人が最近は増えてきましたね。

それ以外だと、やはり「リジョブ」というリラクゼーション、治療院専門の求人媒体は、経験者からの応募がとても多くなっています。毎月60人応募があるのですが、そのうち面接は30-40人程度行うので、私は毎日のように面接をしているような状態です(笑)


Q:自社採用サイトや、求人サイトに情報を載せるにあたって何か気を付けていることはありますか?

A:
まず気を付けていることは、視覚情報で伝えることですね。
入社したスタッフからも必ず言われるのが「写真の雰囲気に惹かれた」ということ。文字情報では何とでも言えますからね。

結局、応募者にとっては現場の雰囲気が一番気になるところみたいなので、弊社の場合は、写真はできるだけ解像度が良いものを。また必ず明るく修正して使用しています。
また、制服の色が複数あるようであれば、明るい色の制服での撮影がベストです。


(※)上が実際に弊社サイトに掲載されている画像の1つ。こまめに最新の画像に更新中。掲載されているのは最近入社したスタッフばかりです!


Q:実際、学生さんってどんなところを見ているんでしょうか?

A:
実際に採用した(=採用したいな!と思った)スタッフに訊いてみると、中途入社組と新卒組で見ているところは結構分かれる印象です。

中途組だと、

・離職率0%(仲が良い会社です!などではなく具体的に)
・経営についても学べる(将来を見据えて)
・2年間売上0でも潰れない会社(安定感)

この辺りに惹かれる方が多いようですね。

採用サイトの中で特に見ている項目を聞いてみると

・現場の声(先輩のコメント)
→文字だけだったらいくらでもいいことが書けるから、実際のスタッフの声の方が知りたい
・他院とこういうところが違う!
→特に中途未経験の場合、そもそも基準が分からないという人も多い。そのため、他の一般的な院がどのような感じかも掲載することで分かりやすくなる

やはり条件面や、自分の経験を元に、「この会社はどうなのかなぁ」という目線を持つようですね。


(※)http://miralabo.com/recruit/environment/difference/
カラダミライラボリクルートサイトより。
他の院と何がどう違うのかが一目瞭然です


反面、新卒組に関しては

・企業理念
・目標チャレンジ精神
・「独立」「開業」「スキルアップ」

などの考え方の部分、自分の将来に希望が持てるような内容に目が行くようです。
最近の新卒の皆さんは、昔に比べて給与や福利厚生も大切にしている印象ですが、それ以上に「自分が成長できる環境か」というところが大前提として気になっているようです。


(※)http://miralabo.com/recruit/about/company/


このように応募者の属性によって見ているポイントも違うので、中途組と新卒組、どちらを積極的に採用したいかで掲載内容を変えていくのもアリかもしれません。


Q:求人に関するアドバイスをお願いします。


A:
まずは写真!これは大事です。
とにかく気合い入れてよいものを撮影してください!

人物は、「こういう子が増えてほしいな」と思うスタッフを積極的にモデルにすること。
ベテランが欲しいならベテラン層、フレッシュさが欲しいならフレッシュ層。
モデルをしてくれるスタッフも、喜んでくれますよ。



いかがでしたでしょうか。
以上がインタビューになります。

このように、弊社の求人サイトhttp://miralabo.com/recruit/にはクドケン社の英知がつまっていますのでたくさんのヒントがあると思います。
是非一度ご覧になってみてくださいね!
もちろん、ご応募もどしどしお待ちしております(笑)!

Writer

斉藤隆太

斉藤隆太 斉藤隆太の記事一覧

クドケンの直営院を統括する株式会社カラダミライラボ代表取締役社長。わずか1年半で直営院を4店舗展開し全て黒字化を達成。年商1億円のグループ院を築き上げる傍ら、現在の顧客のトレンドを見極め最新の経営ノウハウを研究。『患者さんが来なければ磨いた腕は活かせず、症状に苦しむ患者さんを救うことはできない。』という信念のもとに治療院のサポートを行い、メルマガ、DVD出演、セミナー講演、コンサルティング活動などを通して、治療院向けに先生主役・患者様主体の経営ノウハウを提供している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」