クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 山崎真吾

患者に”試されない”治療家になる方法

377 Views

こんにちは、
わしん整体院の山崎です。


先月の売上は、
126万円でした。


一人整体院として、
何とか最低限の売上は達成できています。


患者さんが、引き続き、

・コース
・回数券

などを購入されたので、
何とか100万円/月を
超えることはできます。


しかし、改善点も多いです。


新規は、月10人足を運ばれましたが、
回数券が1人、都度継続が1人という結果。


広告費を掛けた分は回収できましたが、
費用対効果が悪すぎます。


新規からリピートに繋げる。
~~~~~~~~~~~~

という基本が出来ていない状況ですから、
このテコ入れをしないと、
新しい患者さんが続かない店となります。


院長と話したのは、

「患者さんにテストされていないか?」

ということ。


患者さんは、

・大事な身体をこの人に預けても大丈夫?
・大事なお金をこの人に預けても大丈夫?

と思っているため、
施術を受けながら院長をテストしています。


この関係だと、患者さんが上になります。


院長が患者さんを追いかける。


という構造にならず、
追いかけてもらわないと上手くいきません。


目指す人間関係は、

~~~~~~~~~~~~~~

患者さんが院長を追いかける。

~~~~~~~~~~~~~~

というもの。


人間関係が下手な人は、
自ら進んで患者さんにヘコヘコしています。


・偉そうでもなくフラットに関わる


には、テストされる人間になるのではなく、
自分がテストする必要があります。


そうなると、

患者さんの尻を追い掛けなくても、
患者さんの意志で関わってくれるわけです。


例えば、施術料を0円にするとします。

※ 思考実験です。


0円で施術をするとなると、

労働のやり過ぎでしんどくなるから、
「本気じゃない人は来ないで」と思うはず。


こんな状況になると、

・お金をくれたら誰が患者さんでも良い

とはならず、
関わりたい患者さんとだけ関わるはずです。


つまり、

「患者さんから、お金はいらない」

と思うことができると、
患者さんに媚びることがなくなります。


院長が患者さんに対して、

・変わる気があるか、否か?

という視点でテストができ、
不利な状況から抜け出せるということです。


治療の信念を貫き、
思い遣りを持って患者さんと関わるには、
お金が欲しいという気持ちを
後回しにすることが大切だということです。


・本気で身体を変えたい患者さんか?


という視点で関わることをお勧めします。


参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。


山崎



追伸


【あと3日で公開終了】※8/8(木)迄

・試しただけで車イス患者が
 車イスに乗らずに帰っていった。

・1回で重度の膝痛が消失。
 20年ぶりの正座ができるように。

・歩行困難でしかめっ面だった患者さんが
 笑顔で歩いて帰った。

・週に140枚のサロンパスを使うほどの
 全身の激痛がなくなり良く眠れるように。

…など、
手技を試しただけで
驚愕の結果が出たという声が続出!

どんな痛みも1回で解消できる
奇跡の治療法の全貌が手に入るのは
〈あと3日限定〉です。

ぜひ今すぐ詳細をご確認ください。

 ↓↓↓
※今だけ7つの豪華特典プレゼント中!


 
 

Writer

山崎真吾

山崎真吾 山崎真吾の記事一覧

わしん整体院を経営しながら、身体の使い方養成講座やセラピスト&整体師養成講座を主宰。治療院の高付加価値サービスを提唱し、彼の指導を受けた治療家は一人月商200万~400万の結果を出すことに成功している。経営ノウハウに寄り過ぎず、技術者の心を忘れずに経営改善する考え方は多くの支持を集め、これまで300名以上の整体師を世に送り出している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」