クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 山崎真吾

治療院の”万が一”に備えるリスク回避策とは?

414 Views

おはようございます、
わしん整体院代表の山崎です。


整体院(店舗運営)は、
天災の影響が大きい
ビジネスモデルですね。


最近も地震や台風が
ニュースを騒がせていました。


私たちも、万が一のことを考えて、
安定経営の対策を
打っておきたいものです。


ちなみに、先生の院では
災害への対策は取られていますか?


山崎が考えるリスク回避策は、

・顧客のリスト化
・収益モデルの分散化

です。


と、これだと
ちょっと言葉が硬いので
それぞれカンタンに言い換えると…


・患者さんにいつでも
 連絡できる手段を持っておく

・院以外の収益の柱も考えておく


ということですね。


突然の災害で院をオープン
できなくなったときのことを考えれば、
なぜ、この2つが必要なのかは
何となくわかると思います。


ではそれぞれ、
もう少し詳しく解説していきましょう。

顧客のリスト化とは?


顧客台帳もそうですが、
私がお勧めしたいのは
メルマガやLINE@などの

直ぐに連絡が取れる
お客さまリストのことです。


どうでしょう、
先生の院では用意されていますか?


実は、当院でも
整体院でのリスト化が
今ひとつの課題になっています。


メルマガ、LINE@のリストが、
“ほぼ皆無”という危ない橋を
渡っているんですね。


リストがあると、
連絡を1通投げるだけで

・休眠客の呼び起こし
・リピート客への価値提供
・キャンペーン情報の配信
・イベント情報の配信
・天災後の店舗情報の配信

などの施策に繋がります。


災害で院や周りが大変なとき、
これができるだけでも
だいぶ違うと思いませんか?


患者さんの呼び戻しも容易になります。


そのため、2019年は
わしん整体院での『リスト化』に
力を注ぎます。

収益モデルの分散化


複数のビジネスモデルが存在すると、
一つがコケても、
他の事業で挽回するチャンスがあります。


そして、誰も食いっぱぐれません。


1)整体院経営
2)講座ビジネス
3)コンテンツビジネス
4)プロデュース


などなど、大きな単位でなくても、
整体院経営を主軸とした複数収益モデルも、
アイデアを出せば浮かんでくると思います。


例えば、

・イベント企画(骨密度測定会など)
・健康補助食品(サプリメント)販売
・整体師による体操教室の開催
・外部講師を呼んでヨガ教室を主催する
・腰痛体操のビデオ(DVD)販売
・同業者向けの施術スキル勉強会の主催

など、様々な
収益の軸を作ることが可能です。


これらはほんの一例ですが、
先生にも挑戦できそうなものは
ありましたでしょうか?


これらの収益モデルが
直接、大きな収益を生むこともあれば、

院の認知度アップや
新規顧客の獲得に繋がることもあります。


アイデアは無限に生み出せます。

メニュー開発


また、新メニュー開発も、
収益や顧客満足度アップに繋がります。


山崎が現在構想しているのは、
『温活』や『デトックス』に
フォーカスしたメニュー開発です。


新しいメニューなんて
なかなか思いつかないという方は、


・自分がやりたいこと


これを患者さんの先に
自分が思いっきり
取り組んでみてください。


そしてその経験をもとに
新メニューにできないか考えます。


その中で試行錯誤して、
成果がイマイチだったものを省いて、
良いものを拾って『体系化』します。


これが新メニュー(コース)になります。
※ 高単価サービス


今、わしん整体院では、
通常の整体施術が60分8500円という他に、

・回数券
・腰痛改善コース
・身体の使い方レベルアップコース
・整体スキルアップコース

などがあります。


院長がメニュー開発をして、
顧客のニーズに合う『高単価サービス』を
オファーする
という流れが出来つつあります。

まとめ


最後に、治療院の
リスク回避の方法をまとめると…、


【STEP1】
一つのビジネスモデルを伸ばす


【STEP2】
別の収益モデルを構築する


【STEP3】
伸びるビジネスモデルを採用する
※ハイリターンが見込める事業を採用し、
 ローリターン事業はなるべく捨てる


【STEP4】
伸びる収益モデルを複数展開する


このような手順で、
売上を伸ばしながらリスクを回避すると、
精神衛生的に良い状態が保てます。


治療家の先生は、
どうしても施術にばかり
意識が向いてしまいますが、


何かあった際、これまで
ご縁のあった患者さんのもとに
すぐに戻れるように

こうしたリスク回避の準備を
しっかりとしておくことが大切です。


大切な患者さんの身体を思えばこそ、
一度考えてみてくださいね。


参考になれば嬉しいです。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。



山崎
 
 

Writer

山崎真吾

山崎真吾 山崎真吾の記事一覧

わしん整体院を経営しながら、身体の使い方養成講座やセラピスト&整体師養成講座を主宰。治療院の高付加価値サービスを提唱し、彼の指導を受けた治療家は一人月商200万~400万の結果を出すことに成功している。経営ノウハウに寄り過ぎず、技術者の心を忘れずに経営改善する考え方は多くの支持を集め、これまで300名以上の整体師を世に送り出している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」