クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 山崎真吾

余裕で売上アップできる「3つの目標設定法」

798 Views

おはようございます、
わしん整体院代表の山崎です。


先生は院の売上を
最も大きく左右する
“ある要素”をご存知ですか?


それは『目標設定』です。


目標が達成しない人は
目標設定に問題があることが多いので、

今日は山崎が推奨している
目標設定(3つのターゲット)に
ついてお伝えします。


目標設定については
既に多く語られている
ところではありますが、

私がお伝えする方法は
とってもシンプルです。


目標を掲げるけど
なかなか達成できなくて、

理想と現実のギャップに
苦しんでいる先生は特に参考に
できると思いますので、

ぜひ最後まで
ご覧になってみてくださいね。


では、具体的な方法を
見ていきましょう。


まず私は、

「目標を達成する」

という言葉の心意気を
3つに分けて考えます。


1)希望
2)願望
3)コミットメント

この3つです。


先生がイメージしやすいよう
分かりやすい言葉にかえると、

1)目標を達成できたらいいなー
2)目標を達成するぞー
3)目標を達成できなければ死ぬ

となりますね。


この3つで何が違うのかというと、
それは『決意レベルの違い』となります。


1)希望

これは、実現性を無視して考えた
夢のような超理想の目標


2)願望

この願いが叶えば嬉しいという
実現性のある感情の伴った目標


3)コミットメント

この願いが叶わなければ
仕事を辞めるほど覚悟がある目標


と考えてください。


特に大事なのは
3つ目の『コミットメント』です。


目標を「何としてでも達成する」という
覚悟を持って『決める』ことで、
潜在意識にアクセスすることができます。


潜在意識にアクセスすると、
日常は売上のことなど気にしなくても、

無意識が目標を達成するために
必要な事柄を見つけてくれます。


例えば、僕は一般社団法人
マインドフルネス禅の代表理事を
やっていますが、

マインドフルネスを
意識するようになってから

「マインドフルネス」に関する情報が、
やたらと目に入るようになりました。


今までは、このような情報は
飛び込んできませんでした。


でも、今の僕は
代表理事だという自覚もあってか、

普段は「マインドフルネス」のことを
意識しているつもりはないのに、

これに関連する情報が
無意識のうちに飛び込んでくるんです。


人には
「意識したものしか見えない」
という特徴があるからです。


さて、話を戻しましょう。


「何としても達成すると決めること!」

と、言われても、あまり
ピンとこないかもしれませんが、
これは思っているより身近な話です。


例えば、起床して出社準備をするとき、
普段はダラダラするかもしれません。


しかし、寝坊をしてしまって
「早急に準備しないと遅刻する」
と意識した途端に、

普段の数倍ものスピードで
出社準備をすると思います。


こんなことも
『コミットメント』です。


つまり、僕たち人間には
誰にでも備わっている潜在能力なのです。


しかしこの力を
僕たちは活用できていません。


売上目標の達成も同じ。


売上目標の数字を強く意識した途端に
『潜在意識』が働き、

売上を達成させるために
カラダが自動的に
動かされるようになるのです。


もし先生が
売上目標を達成できないなら、

・目標が希望だけになっている
・目標がコミットメントになっていない

といった状況に
なっていませんでしょうか?


僕も多くの先生を見てきましたが、
これらのケースが非常に多いですね。


では僕自身どうなのか?
実例を交えてお話しします。


僕が講座を募集するときには、

1)希望
2)願望
3)コミットメント

この3つを決めますが、
だいたい「願望」の数字に
近くなることが多いです。


何としても達成する!
というデッドライン
(コミットメント)を決めて、

早々に達成できるよう
行動していきます。


そして、
「コミットメント」をクリアしたら、
もう一つ上の「願望」を達成できるよう
行動していくのです。


このように、階層を
一つずつ上げていくことで、

気持ちに余裕のある中で
さらに上の目標達成に
向かうことができます。


実際に以前行った企画では、
事前に下記のような目標を掲げました。

1)希望:3,500万円
2)願望:3,000万円
3)コミットメント:2,500万円

というもの。


企画を進行させた結果、
売上は3,000万円となりました。


わしん整体院でも、
院長が5月にコミットメントしました。


コミットメント目標を達成しなければ、
仲間の前で「裸でYMCAを踊る」というもの。
※パワハラではなく、自主的な発言です。


コミットメントを
売上100万円に設定したところ、
結果は売上149万円となりました。


ただ、整体院経営のように
『毎月』の単位で数字を意識しすぎると
目標は苦しくなると思います。


ですのでお勧めは、
『1年』単位でのコミットメントです。


「年商をいくらにしたいか?」

という大きな単位で
希望、願望、コミットメントを
決めることをお勧めします。


ただ、これだと物足りない方は、
最大の山場を何月にして、
最高売上であるいくらを達成するという風に、

『自己ベスト更新』への挑戦にも挑むと
成長の実感が強くなると思います。


自分が決めた目標は、

1)希望
2)願望
3)コミットメント

このどれに当たるのか。


もしくは、希望はどれぐらいで、
願望はどれぐらいで、
コミットメントはどれぐらいなのか、、、


これらを分けて考えることを
意識してくださいね。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。



山崎
 

Writer

山崎真吾

山崎真吾 山崎真吾の記事一覧

わしん整体院を経営しながら、身体の使い方養成講座やセラピスト&整体師養成講座を主宰。治療院の高付加価値サービスを提唱し、彼の指導を受けた治療家は一人月商200万~400万の結果を出すことに成功している。経営ノウハウに寄り過ぎず、技術者の心を忘れずに経営改善する考え方は多くの支持を集め、これまで300名以上の整体師を世に送り出している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」