クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 田村剛志

患者に感謝される”継続課金”の秘密

1616 Views

治療院コンサルタントの田村剛志です。


全国1万人を超える治療家の
コンサルティングから判明した
繁盛院の”仕組みのウラ側”を伝授する


================
田村剛志の繁盛システム経営講座
================


本日は138ターン目をお届けします。

今回の音声はコチラ


・通常速度

・1.5倍速


音声をダウンロードして、携帯プレーヤーなどで
移動中に聞きたい先生はコチラからどうぞ!
 ↓↓↓
>通常速度の音声をダウンロードする
>1.5倍速の音声をダウンロードする


■■■■■


先日、このメルマガでも告知させていただいた、
脱・新規依存のための『新会員制セミナー』を
新宿で開催させていただきました。


台風による交通機関の不都合もあって
当日お越しになれない方も
いらっしゃったんですが、

100名近い先生にお越しいただき
セミナーを無事行うことができました。


さて、このセミナーでは
新しい会員制度について
お伝えしたわけですが、その中で

「そもそも継続課金ってどうやるの?」

というシステムについての質問が
多かった印象があります。


ですので、今回は
継続課金のやり方やメリットについて
少しお話をしたいと思います。


まず、継続課金をするメリットですが、
全部お話しすると時間が足りないので
一点だけ、ポイントを絞ってお伝えします。


継続課金の一番のメリットは、
たとえば、回数券やプリカの場合、

継続課金と違って注ぎ足しがないので
使い切るタイミングや残高が少なくなって
次のご提案をする必要が出てきますよね。


これ、施術者側にも患者さん側にも
なかなかのストレスになってしまうんです。


先日、私の店舗に通っている友人も
こんなことを言っていました。


「会員制、継続課金で
 お金を払う感覚が少なくなったから
 前より通いやすい」


やはり、患者さん側も
まとまったお金を何度も払う行為は
ストレスになるんですね。


ですが、継続課金にしておけば
一度契約を結んでしまえば、
毎月チャージされていくため
追加購入する必要がなくなります。


これが患者さんの継続来院を増やす
大きなポイントになってくるわけですね。


では、実際にその継続課金を
どうやってやるのかというと
メインはカード引き落としになります。


口座振替という方法もあるのですが、
これは一度ご自宅で判子を押して
持ってきてもらう必要があります。


これだと、手続きが面倒なために
次回お越しになったときに
「やっぱりいいです…」
となるパターンが多かったんですね。


ですので、やはりメインは
クレジットカードの引き落としです。


「継続課金 クレジットカード」

で検索するといくつか出てきますので、
そちらで継続課金を始められると良いと思います。


こちらですと、
店舗・店頭で患者さんご自身に
カード情報を打ち込んでいただければ

翌月からカード決済が始まって
毎月一定額の金額が落とされる形になります。


口座振替と違って
一度持ち帰る必要がありませんので、
その場ですぐ決済ができてしまうところが
非常に大きなメリットです。


ただ、注意点は
通常のクレジットカードですと
一括決済とか分割決済ができても
継続課金というものができるかどうか
分からない点です。


今、お使いのクレジットカード会社さんや
これから導入する場合、継続課金が可能なのかどうか
事前に確認されるとよいと思います。


ただ、患者さんのなかにも
クレジットカードを使いたくない
という方もいらっしゃるんですよね。


もしくは、クレジットカードそのものを
持っていない患者さんもいらっしゃいます。


そういった時には、
2~3ヶ月分を先に頂いておいて、

通っていただいている間に
口座振替の手続きをご案内します。


口座振替には2ヶ月ぐらいかかるので
3ヶ月目から開始されるイメージで
良いのではないでしょうか。


継続課金は馴染みがないので
抵抗を覚える先生も
いらっしゃるかもしれませんが、

離患率を低減させるには
非常に有効なシステム・手段になります。


事実最近では、治療院業界以外のものでも
継続課金が非常に多くなってきています。


わかりやすいもので言えば
スポーツクラブも継続課金になっていますし
私が今回参考にしたのもWebコミックですね。


こういうサービスもやはり
継続課金を利用しているわけですね。


このように継続課金というのは
患者さん側にストレスがかかりにくい
大きなメリットがありますので、
非常に関係性を継続しやすくなります。


ぜひ、食わず嫌いをせずに、
検討・実行していただけたら
ありがたいなと思います。


ぜひ参考にしてみてくださいね。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。



追伸


【本日公開終了・無料】

田村剛志も自院での導入を決定した
この手技はもう手に入れられましたか?

・筋骨格施術で改善しない患者さんでも
 ちょい足しで対応可能!!

・映像だけで再現できるほどカンタンなので
 スタッフ教育の手間ほぼゼロ

・半身まひ患者さん、リウマチ患者さんなど
 難治症の患者さんにも対応可能!!

など、経営面、治療効果ともに
業界トップクラスの手技が
本日まで無料で公開中!!

↓↓↓
※本日公開終了の無料ビデオ

 
 
 

Writer

田村剛志

田村剛志 田村剛志の記事一覧

10年間、現場で施術に励みながらも院長やマネージャーを経験し、年商4億円のグループ院をつくり上げることに成功する。スタッフ向けの管理指標として分単価、稼働率という概念を生み出し、 これらの概念は現在治療院業界の管理指標の基準となりつつある。 コンサルフィーは月10万円にも関わらず、そのほとんどが5年以上も契約を更新し、 現在では新規でコンサルティングを依頼できないほど人気が集中している。コンサルティングの傍ら直営治療院、訪問マッサージを展開。 開業からわずか半年にもかからず月商は1,200万を越える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」